鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

コメント


中尾建築工房のトイレ改装計画実施中|GROHE SENSIA ARENA(センシア アリーナ)VSリクシル ベーシア
逗子市桜山|Private Loungeのある家完成見学会ご報告☆
逗子市桜山完成見学会|イベント情報の更新です。
中深場の高級魚五目釣り|魚が欲しい人は釣りに行ってみましょう☆
横浜市旭区の土地探し|復数候補の選び方
カレンダー
2017年5月
S M T W T F S
  1
2 3
4
5 6
7 8 9
10 11 12
13
14 15
16 17 18
19 20
21
22
23 24 25 26 27
28 29 30 31      

神奈川県の工務店カテゴリー

エントリー

神奈川県の工務店リスト

鎌倉・逗子・葉山・横浜の工務店 中尾建築工房のブログ

葉山あぶずり港 長三郎丸の釣り物変更|アコウダイ船が良い感じです☆ 【湘南の海遊び

はい、毎週毎週、飽きずに葉山あぶずり港に行きまして。

長三郎丸さんから、出船させて頂いております!

ここのところは根魚五目船と言う、キンメや黒ムツ、メダイやスミヤキなどを狙う五目船から。

アコウダイと言う、やはり深海のお魚を狙う風潮になって参りました。

風潮と言いますか・・・

むしろ私はアコウダイを釣りに行きたいので。

アコウに行くなら、キンメなどはどうでも良くなります(笑)

私は釣りの釣果で言えば、タイプ的にスロースターター。

ほとんどボウズは無いけど。

最初は釣れる魚が小さかったりします。

そしてだんだんとサイズアップしたり、釣果も伸びて行くタイプ。

で。

シーズン最初に釣れた1匹、まずは自身で味わうのですが。

そして次には、スタッフさんに配ったりします。

これ、なんでかって言うと。

湘南や三浦半島で獲れるお魚の味くらいは。

いつも頑張って働いてくれている、スタッフやその家族で食卓を囲んでもらって。

素材の美味しさを、全員に知っていてもらいたい。

また。

素材の美味しさを知る事によって、クライアントさんにも。

中尾建築工房のオーナーになった方にも。

色々と地元の素材の良さや。

キッチンやダイニングの楽しみも。

いろんな説明や提案が出来る!

そんな思いがありまして。

シーズン最初や、味わいの良い魚に関してはスタッフにお配りしてると言う訳です。

では、この釣りはどんな感じでやっているのかって言うと。

hayama-minato-chouzaburoumaru-akoudai-tsuri.jpg

葉山町下山口|自然にくつろげる家上棟☆ 【葉山に建てる新築注文住宅の家

ちょいと遡ってのブログ更新!

2017年3月21日の建築吉日さだんの日に、葉山町下山口に自然にくつろげる家が上棟しました!

hayama-shimoyamaguchi-m-jyoutou.jpg

建築吉日さだんとは。

物事が全て定まりとどまる日で、新規事の開始に大吉、建築事に吉日と呼ばれる日です。

つまり、上棟などにはとっても良き日に建ち上がりました!

でも敢えて。

上棟ブログを止めていたのには、訳がありまして・・・

建築確認も降りて、基礎工事の段取りも終わって。

めでたい地鎮祭を終えてからの!

なんと。

建築確認の取り下げがあったのです。

詳しくはあんまり書けないのだけど。

土地を分譲された会社さんが。

宅地造成の工事に、小慣れてない・・・

と言った感じ。。

自然にくつろげる家の前面道路を、道路とみなしてもらう為に。

本来なら、あるところに建物が存在して。

その建物の完了検査が合格して。

初めて自然にくつろげる家の前面道路が、道路とみなされる訳なのだけど。

これ、宅地造成の工事をすり抜けする地元の業者なら。

と言うか開発分譲会社さんなら、どの会社でも知ってる事。

また、仲介に入った不動産会社の重要事項説明書にも。

その事は、全く記載されておらず。

一度は通った建築確認にも関わらず、道路として認められない理由から。

工事が出来なくなりました。

まー、不動産会社さんも保証する部分は保証するって事になったから。

それはそれで良いとして。

この様な事例は中尾建築工房を創業して。

初めての経験でした。

でも、な〜んか。

まだ出て来るんじゃないだろうーね?!

と言う理由から。

大工工事が完了して、安心出来るまでは。

ひとまず、そっと工事をしておこう。

と、思った訳であります。

鎌倉市山ノ内設計案件|意匠設計開始! 【鎌倉市に建てる新築注文住宅の家

今週末に意匠設計の初回打ち合わせを行う鎌倉市山ノ内の設計案件。

中尾建築工房の場合は、まずクライアント様からヒアリングシートのご提出をお願いしております。

誰しもが望む家。

所有されている土地条件。

建築基準法の縛り。

そして予算。

など、いろんな部分を擦り合わせて。

実際に建てる事になる、夢のマイホームを設計して行く訳ですが。

なるほど(笑)

要望的には70m2の大きさを希望。

それをヒアリングシートの内容に沿った形にすると。

なぜか90m2を超える事になる(笑)

そして絞って行ったとしても。

80m2を超える事になる。

中には図面をご自身で、手書きされる方も居るのだけど。

階段が無かったり(笑)

廊下も狭くて、通り抜けが出来なかったり。

これ、どうやってキッチンに行くの?

そんな図面もたくさん見て来た経緯がございます(笑)


これ、仕方の無い事なんですけどね。


面積を小さく希望するのは、たいていの場合は予算が気になるからだと思うのだけど。

けれどもです。

世の中では坪単価表示をして、坪40万円とか坪70万円とかの表示が多いから。

単純に施工する面積×坪単価で計算される方が多い。

でもね。

実際には一坪増えたからと言って、表示されている額が加算される・・・

と言う訳ではございません。

だって。

広くなったからと言ってさ。

キッチンが二つになる訳では無いし。

お風呂も一つで良い訳でしょ?

面積が広がる事で変わってくるとしたら。

基礎工事の面積が増える。

骨組みの面積が増える。

大工工事の面積と材料費分が増える。

内外壁の面積が増える。

ま、この程度しか変わらない訳だ。

そしたら丸ごと坪単価が増えるかって言うと。

そんな事はございません。

日々の料理が楽しくなる!おすすめキッチンの選び方 【高級|ハイクラスなオーダーキッチン

すでにお家を建てて、日々の暮らしを満喫されてる方。

現在は着工中で、後はお引渡しを待つだけの方。

また現在設計中で、プランニングや設備などを見て楽しまれている方。

いろんな方が中尾建築工房には、いらっしゃいます。

そこで、いつも私がお勧めしている家造りの流れがありまして。

プランニングや動線、素材の選定は、プロの私たちがバランスの良い様に仕上げるから。

もちろん嗜好はしっかりと聞いておきます。

設備面は、実際にショールームなどに行った方が。

良いですよーとご説明を差し上げています。

その理由の一つに。

満足度の高さが圧倒的に違う!

と言う事があります。

私たちが設計施工を請け負う湘南や三浦半島は、周囲を海に囲まれている訳でして。

海産物の食材に関しては、素晴らしいほどの地場産の素材が揃う訳です。

これらの食材、すぐに食べて美味しいモノもあれば。

数日、寝かせてから食べる方が美味しい素材もあります。

それらの素材を楽しく調理するのがキッチン。

ご夫婦でキッチンに立つお宅もあれば。

奥様のみキッチンに立つお宅もあります。

みんなでワイワイとキッチンに立つケースがある場合。

アイランドの大きめなキッチンをドーンとセンターに置くのも良し。

奥様がお一人で段取り良く料理を造るお宅なら。

ちょいと狭目にしてみて、収納との距離感を無駄に広くしない方が。

調理から盛り付けまでの効率が上がったりします。

そんなイメージを図る為に。

実際にショールームに足を運んでみると良いですよ!

って事になります。

例えば現在は賃貸の家だったりすると。

あまり使い勝手の良いキッチンって、見かけないと思います。

狭かったり、やりにくかったり。

整理整頓が出来なかったり。

ゴミの置き場所に困る・・・

そんなお悩みがある場合、おそらくイメージがつかないと思うのです。

それを、ショールームなら一発で解決してくれるんですね。

中尾建築工房でも、過去にいろんなキッチンを提案してはおりますが。

みなさん、要望それぞれバラバラ(笑)

order-kitchen-iroiro.jpg


こちらは奥様お一人でキッチンに立ちますので、まるでコクピットの中に入って料理をするキッチン。

そんなに歩き回らなくても、手が届きますし。

むしろここには椅子を置きたくなってしまいますよね(笑)

市街化調整区域に家を建てる!住宅ローンの落とし穴 【市街化調整区域での家造り】 【葉山に建てる新築注文住宅の家

家を建てたいなぁ。。

出来れば、緑豊かな環境が良くて。

周りは田畑に囲まれて、安らげる場所が良いなぁ。。

hayama-shigaika-chousei-jyuuyoujikou-setsumeisho-kenchiku-huka.jpg

そんな場所にピッタリなのが、市街化調整区域になります。

この周辺で市街化調整区域の相談が多いのは、三浦市や葉山町になります。

中尾建築工房では、市街化区域も多くの設計施工依頼がありますが。

市街化調整区域でも、設計施工の依頼があります。

市街化調整区域内に家を建てる場合、色々と縛りがあります。

そもそも。

市街化区域とは、お家を建てても良い場所です。

市街化調整区域とは、市街化を抑制すべき区域になりますので。

お家は建ちませんって場所になります。

ただし、ある一定の条件をクリア出来た場合は。

そこに家とか老人ホーム、テーマパークなどを建てる事が出来る様になります。

今回は農家として、農業委員会に認められた方が。

市街化調整区域に土地を買い、家を建てたい!

そんな要望がありました。

資金計画的にも、市街化調整区域なら。

土地が安いので、家にお金も掛けられる。

だから。

市街化調整区域が良いとの事なのですが。

仮に。

農家と認められた方であれば、市街化調整区域内に家を建てる事は出来るでしょう。

ただし。

土地を購入する際には、住宅ローンの問題がありまして。

自己資金で、市街化調整区域内の土地を購入出来るなら良いのですが。

住宅ローンで土地を購入する事が出来ません。