鎌倉・逗子・葉山・横浜で建てる無垢材と自然素材の家

神奈川県の工務店のサイトマップ
神奈川県の工務店
お問い合わせ

神奈川県の工務店メニュー


携帯からもチェック!
携帯からもチェック!
サイト内検索 powered by Google

コメント


横須賀市大津 古家の解体工事着手
逗子市桜山なぎさ橋珈琲にて、打ち合わせを行いました!
100%無垢材ウォルナットで造る木製玄関ドア Part Ⅳ|中尾建築工房の工房編☆
横須賀市長瀬 森に住む家上棟☆_
ドイツこだわりの自然塗料 オスモカラーのセミナーに行って来ました!
カレンダー
2018年6月
S M T W T F S
          1
2
3
4
5 6 7 8
9
10
11
12
13 14
15
16
17 18
19
20 21
22
23
24
25 26 27 28 29 30

神奈川県の工務店カテゴリー

エントリー

神奈川県の工務店リスト

鎌倉・逗子・葉山・横浜の工務店 中尾建築工房のブログ

葉山町長柄のOBオーナー様の家|外構工事を始めました☆ 【葉山に建てる新築注文住宅の家

新築で家を建てると、建物の本体以外にも工事が関わったりします。

それが外構工事。

外構工事は、後から考えてやろうかな。。

とか。

その反対に。

最初からしっかりと、外構工事をするお宅もございます。

はたまた、施主施工で行なわれている方も居れば。

やっぱり自分でやるのは止めたと、途中から外構職人さんにお願いするケースもあります。

どちらが多いパターンかと言えば。

人によるので、なんとも言えません。

でも、大抵ご自身で外構工事を希望される場合などは。

天井や壁の珪藻土塗りは、ご自身でやられている方が多いかもしれません。

けれども今回の外構工事は、ちょっと普通のパターンではございませんでして。

葉山町長柄のOBオーナー様の家なのですが。

約3年前に引き渡しを行わせて頂いたお宅になります。

室内の天井や壁は、オーナーご夫妻にて施工されました。

そして最後の基礎巾木を、左官職人が塗りに行った際。

「俺以外の左官屋を、俺の現場で入れるなんてどういう事だよっ(怒)!!」

と、職人さんから、クレームを入れられてしまったお宅でもあります。

私が正直に・・・

「その家は施主施工だから、オーナーご夫婦が塗ったんだよ。」

と言ったら。

うちの左官の親方は、口が開きっぱなしになってしまったと言う。

職人も見間違うほどレベルの高い、仕上げだったんですよね。

その家は外構工事もしっかりやって、完成見学会も行わせて頂きました。

完成見学会の様子はこちらをクリック。

さらにこちらのOBオーナー様は、ダイニングテーブルの造作もご夫婦で施工されました。

ダイニングテーブル造作の様子はこちらをクリック

と、珪藻土の天井や壁塗りも、ご自身で出来てしまうし。

ダイニングテーブルだって、自分で造ってしまったし。

なんでも自分でやれてしまう方に、なってしまいました。

もちろん職業は、職人さんではございません(笑)

その3年ぶりの工事依頼とは。。

hayama-nagae-e-gaikou-kouji.jpg

ビルトインガレージドア・オーバードアの製作依頼|果たしてどこのメーカーが良いのだろうか?! 【ビルトインガレージ・ガレージハウス】 【湘南モデルハウス】 【逗子市に建てる新築注文住宅の家

ビルトインガレージをせっかく造るなら、ガレージドアは選択したいですよね。

特に湘南や三浦半島は、海に囲まれておりますので。

塩害の要素が豊富にある訳でして。

ビルトインガレージにして、ドアを付ける事により。

塩害回避にもつながります。

せっかく新築で家を建てる訳ですから、ビルトインガレージファンにとっては。

このドアの存在は、とても大きいんじゃ無いかと思います。

ガレージドアは、木製で製作をしてもらえたり。

はたまたスチールで、製作してもらえたり。

様々なメーカーが存在をしています。

mokusei-garage-door-over-door.jpg

この家は逗子市に建てる湘南モデルハウスです。

このガレージドアを、どこのメーカーに製作依頼するのが良いかを検討しておりました。

右側には、ここまで大きくは無くとも良いのですが。

ガレージの中には、超低温冷凍庫を備え付けますので。

中尾建築工房のOBオーナーの皆様が、私の釣った釣果を持って行ける用にドアを付けました(笑)

鍵の件は、まーなんとか考えるとしましょかね。。

そして計画しているガレージドアは、オーバードアと言ったり。

ガレージドアの跳ね上げ式と呼ばれたり。

そんなドアを製作してくれる、メーカーさんを探しておりました。

な・の・で・す・が・

100%無垢材ウォルナットで造る木製玄関ドア PART VII|中尾建築工房の工房編☆ 【木製玄関ドア造作ウォルナット】 【湘南モデルハウス】 【逗子市に建てる新築注文住宅の家

木製の玄関ドア自体は、概ね組み込みが完了。

ここからは玄関ドアとして機能させる為に、必要となってくる部材選び。

さて、ここで拾い出しを。

mokusei-door-kanamono-hori-shouten43.jpg

取り出したのは、錠前、建具金物の堀商店のカタログ。

雰囲気からして、重厚感のあるカタログですね。

ここから商品を選んで行こうと思います。

中尾建築工房の逗子モデルハウスは、玄関が観音扉です。

mokusei-door-kanamono-hori-shouten44.jpg


134号線沿いなので、玄関は真正面に持ってくる事にしました。

見学会時などは、観音の扉をフルオープンさせる予定。

図面上では、板を並べただけにしてありますが。

もちろん鋳物の仕上げ材も採用します。

お気に入りの無垢オークフローリング|果たして販売されているモノなのか?!PART Ⅲ 【無垢の板・無垢フローリング】 【葉山に建てる新築注文住宅の家

無垢のフローリング。

無垢材の床。

人によっては、その樹種(木の種類の事)もバラバラですし。

超高級チックな風合いを望む方も居れば。

ナチュラルなカラーリングを望まれる方も居る。

はたまたアンティークな仕上げを、望まれる方も居らっしゃる訳でして。

そう。

建てる方によって、そのお好みは様々(笑)

なので、ヒアリングを重視してーの。

無垢材のフローリング選びをさせて頂いております。

そして今回は葉山町長柄に、新築の住宅を計画中のクライアント様。

フローリングは、無垢のオークフローリング57mm幅乱尺と言う事で。

nara-kashi-oark-hokubei14.jpg

このなかなか珍しい幅狭の、オーク無垢フローリングを3社から取り寄せました。

一番左は厚貼り単板のフローリング。

もっともお安いのは、もちろんこれ。

そして隣に二枚の無垢オークフローリングがあります。

無塗装でサンプル請求をしましたので、一枚はこちら自然塗料のつや消しクリアーで塗ってみました。

そして右側には、ウレタン塗装で着色をしたチェスナットのフローリング。

無塗装のチェスナットのフローリング。

こうやって塗料がその場にありますと、サンプルをご覧頂くのも楽で良いです。

フローリングの樹種としては、オークとチェスナットでは。

どちらがグレード高いかっていうと、チェスナット。

日本語で言えばオークはナラとかカシ。

チェスナットはクリになります。

日本の住宅で、土台に使いたいお高いランキング1位の木と言えば。

クリの土台って言う位、憧れの土台材になりますので。

私も大工だった頃、リフォーム現場で一度だけ。

クリの土台が使われた家を触った頃がありました。

それぐらい、レアな木材な訳ですね。

最初にご要望頂いたオークのフローリングは、今でもあるっちゃあるけど。

代理店制度になっている為、超お高いんです。

それに仕上げは全てウレタン塗装仕上げ。

こちらのクライアント様は、自然塗料の風合いを希望されておりますので。

私の方で手の届きそうな、幅狭フローリングを探してみたんですね。

そして、クリとナラの違いを説明したら。。

あれ?!

オーク(ナラ)だったのが。。

チェスナット(クリ)にちょっと傾いちゃいました?!(笑)

余計な事言っちゃったかなぁ。。
クリの方がランク上で、木目は深みが出るんですよー。

とは言った(笑)

強いて問題があると言えば、こだわりの色ムラ。

横浜市旭区Reaux-Greenのある家|完成見学会情報更新です☆ 【中尾建築工房からのお知らせ】 【横浜市に建てる新築注文住宅の家

え〜、かれこれ昨年の4月頃から全く開催する事の無かった。

完成見学会を、横浜市に建つ家で開催させて頂くお知らせです。

yokohamashi-asahiku-s-kansei-ibent.jpg

決して、イベントをサボっていた訳ではございません・・・

この期間、見せられる家が無い訳では無かったのですが。。

実はかれこれ数年も前から。

特に見学会をするかしないか。

そんな話もしてない、OBオーナーの皆様からお声がけ頂く習慣がありました。

しかも。

引き渡し後(笑)

通常、見学会と言うのは引き渡し前に開催するのが一般的なのですが。

過去のOBオーナーの皆様は、そんなの全く気にする事無く。

OBオーナー「うちは見学会やらないの?」

私「見学会って言うのは、引き渡し前に行うものですよ?」

OBオーナー「うちは別に全然良いよっ!やろうよっ!!」

私「・・・」

そして日程を決め、ホームページで公開し続けて来たのですが(笑)

昨年の春に開催してから、その様な声がパッタリと無くなってしまいまして。

多分・・・