横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

失敗しない土地の選び方

 
  2018/10/04

丸腰で不動産会社に行ってはいけない理由

丸腰で不動産会社に行ってはいけない理由

家を建てようと思ったら、まずはその場所となる“土地”が必要となります。

横浜・鎌倉・逗子・葉山のエリアは人気もあって土地もそれなりの価格なので、購入となると一世一代の大きな買い物。

絶対に失敗したくないですよね。

それなら、土地の広告を見てさっそく不動産会社に行く・・・というのは絶対にやめてください。

 

まずは、下記を読んでみてください。

ここでは、知らないと怖〜い不動産業界の裏側についてご紹介いたします。

 

不動産会社は売主の味方

不動産会社は、お客様に土地や建物を紹介して売ることで利益を出すのが仕事です。(仲介する場合と自社で買った土地を売る場合があります。)ですから、そもそも大前提として売る“土地”がなければ、商売として成り立ちませんよね。

つまり土地の仲介を任せてくれる(あるいは売ってくれる)方は、不動産会社にとっての仕入先であり、土地を買ってくれる方よりも大切なお客様となるわけです。

不動産会社が売主側の肩を持ってしまうのは、こうした事情があるからなのですね。

 

物件を手に入れた不動産会社は少しでも早く、売主の希望価格(あるいは購入金額より高い価格)で土地を売るために働きます。

自分たちの利益をあげるため、というのもありますし、速やかに売ることができれば、売り主さんからの信頼も高くなります。相手が地主などの太いお客様であれば、次に売るときも仲介を任せてもらえるチャンスにつながるからです。

 

そのため、もし条件の良い土地の販売を任せられればとってもラッキー!まずは電話一本であらかじめ欲しいと言っていた方だけに情報を流します。

人気のある土地はスピーディーに契約が決まるので、チラシや広告に余計なコストをかける必要がないのです。

 

売主の味方になる可能性が高い!

 

 

広告に掲載する土地はワケあり!?

では、私たちがインターネットや雑誌で目にしている土地とはいったいどんな土地なのでしょう。

不動産会社が広告に費用をかけてまで売ろうとしている土地。

それは、簡単には売れない“ワケあり”の土地である、と考えることができます。

 

たとえば、あまり条件が良くない土地であったり、売主の希望売却価格が高すぎるなど、見る人が見ればそれほど価値が高くない土地である場合が多いのです。

土地売買のプロでもない一般人にとっては、土地の真価を見極めるのは非常に難しいですよね。

 

本来はここで不動産会社がサポートをしてくれるべきですが、彼らにとっては一つでも多くの土地が少しでも早く売れることが大事。

さらに、一般的には土地なんてそう何度も買うものではないので、不動産会社にとって買い手は“そのとき一回きりのお客様”と思われていることがほとんどです。

 

そうなると、アドバイスをもらったところで、どこまで真剣に買う側のことを考えてくれているのか、正直いってわかりません

 

ですから、広告に食いついて不動産会社を訪れてしまうと、残念ながらよほどのことがない限り、掘り出し物の物件を紹介してもらえる可能性は低いのです。

 

こんなはずじゃなかった・・・は、こうして起こる

あまり良い言い方ではありませんが、情報や知識を持たないまま不動産会社を訪問すれば、カモがネギを背負ってやってきた状態です。

ましてや、不動産会社の営業スタッフは、土地や建物などの高額商品の売買を百戦錬磨でこなしているやり手です。

「早く契約しないと、他の方に取られちゃいますよ!」という巧みなトークと有無を言わさない謎のギラギラオーラに圧倒されているうちに、初心者のあなたは「ここでいいかな」とつい納得して購入を決めてしまったりします。

そして、「家を建てるならハウスメーカーも紹介しますよ」と言われるがまま、気がつくとあっという間に、不動産会社と裏でつながっている住宅会社で購入契約を結んでしまったりするのです。

 

 

もちろん、それで満足できる住まいが完成すれば、結果オーライかもしれません。

しかし、じっくり検討する間もなく契約を済ませてしまったケースでは大抵、家づくりが具体的に進み始めてから少しずつ綻びが生じてきます。

 

たとえば、

  • 敷地内まで水道や下水道が引き込まれていなかったり・・・
  • 土地の高低差があって、あとから工事費用が追加になったり・・・

さらに、

  • 紹介されたハウスメーカーの営業担当とも話が噛み合わず、住まいの理想を実現しようとすれば大幅に予算がオーバーする

など。

土地探しという最初の段階で歯車が狂ってしまったことで、その後の家づくりすべてが納得のいかないものとなってしまうのです。

 

これで大丈夫!失敗しない土地の選び方

これで大丈夫!失敗しない土地の選び方

それでは、実際にどうやって土地を探し、どんな土地を選べば、後悔のない家づくりができるのでしょうか。

私がいつもお客様にお伝えしているのは以下の2点です。

  1. 土地を探すのではなく、人を探すこと
  2. 理想の家が建てられる土地を選ぶこと

この2つをしっかりおさえておけば、土地購入で大きな失敗をすることはないはずです。

それぞれもう少し詳しくご説明いたします。

 

①土地を探すのではなく、人を探すこと

これまでにお伝えしてきた通り、買い手として不動産会社と取引をする場合、先方のアドバイスはあまり鵜呑みにできるものとは言えません

しかし、中にはとても親身になってくれて、心から信頼できる担当さんに巡り会えるケースもあります。

人を見極めるというのはなかなか難しいのですが、こういう人を見つけることができれば、あとはタイミング次第で良い土地を購入することができるでしょう。

 

しかし、どんなに優れた不動産営業スタッフにもできないことがあります。

それは、このあとの家づくりのために、その土地にどんな下準備が必要かなどの建築における専門的な判断をすることです。

 

あなたは家を建てるために土地を探しているわけですから、必要最低限の条件として、家が建てられる土地を探さなければいけません。

 

たとえば、先ほど例に出した水道や下水道が整備されていない場合、このあとどの程度の予算の工事が必要になるか。

水はけ、雨水はしっかり処理できるか、地盤の強さはどうか。採光の方角や近隣の環境など。

こうした判断ができるのは、土地を購入したあと、実際に設計・施工を担当する私たちのような建築業者なのです。

 

最近ではこんな事情もあって、土地探しからお手伝いをする建築業者も増えてきています。

もちろん、その建築業者も土地購入前のチェックはどこまで念入りに行ってくれるか、担当者の経験やこだわりによって違ってきます。

 

失敗しない家づくりで大切なことは、まずは人を探すこと。

不動産会社も建築業者も、とにかく正確な情報と適切なアドバイスをしてくれる担当者を見つけることが何よりの近道なのです。

 

②理想の家が建てられる土地を選ぶこと

そもそも、あなたが探している“いい土地”ってどんな土地ですか?

その答えはとてもシンプルで、「理想の住まいが建てられる土地」であるはずです。

つまり、どんなに条件が整った土地でも、家を建てるお金がなくなってしまうほど高額では購入する意味がありませんし、安いからといって、希望している半分の広さで日当たりも悪いのなら購入はしませんよね。

土地を選ぶ前に、あなたの中に、どの点は妥協ができて、どのくらいの予算なら払えるのか、という判断基準をきちんと設けておかなければいけません。

そのためには、あらかじめある程度の理想の我が家をイメージしておかなければいけないのです。

 

一般的には、家づくりは土地探しからスタートすると思われがちですが、実は逆。

目標(理想の家)を先に決めて、そこから条件や予算を逆算していくと、あなたにとってベストな土地が見つけやすくなるのです。

 

ちなみに・・・
私がこれまでに見てきた経験上、理想とぴったり一致する土地を見つけるというのはかなり至難の業です。

みなさん、必ずどこかのポイントを妥協をしています。

あなたの判断基準がしっかりしていないと、いつまでも土地が購入できない『土地探しジプシー』になってしまうことでしょう。

 

これでは、どんなに良い不動産会社、建築会社に巡り合っても、いつまでも夢のマイホームが完成することは永遠にありません。

 

家づくり=不動産会社 という思い込みを捨ててしまおう

以上のことから、家づくりのための土地選びで失敗しないためには、まずは土地探しからサポートしてくれるハウスメーカーや工務店などを回ってみることをおすすめします。

もちろん、自社を勧めるためにこんなことを言っているわけではありませんよ!

弊社でも土地探しのサポートを行っておりますが、他の設計事務所や工務店でもこうしたサービスを提供されているところはたくさんあります。

その中から信頼できる担当者を見つけて、どのくらいの予算でどんな家を建てたいか、住まいの理想を相談するところから始めましょう。

 

家づくり=まずは不動産会社へ、という思い込みはもう捨ててください。

そのうえで、土地選びにも専門的なアドバイスをもらえば、よほどのことがない限り土地選びで失敗することはありません。

 


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!