横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

日本テレビからの取材依頼?

 
日本テレビからの取材依頼?
この記事を書いている人 - WRITER -

昨日、事務所のスタッフから、こ〜んなメールを受け取りました。
日本テレビの番組制作会社からの問い合わせ
先程、日本テレビの番組制作会社(ニチキ 日企)から電話がありました。
問い合わせと言っても、「建築」ではありません。「漁」についてです。
「うちは工務店だからさ、漁のことはわかんないよ!いったい何でうちに電話くれたの?」
と聞いたところ、社長のブログを見て電話をしてきたとのこと。
何でも、「関サバ」の番組を制作するにあたり、「関サバの漁や捕獲の仕方に詳しい方」
に話が伺いたいとのことでした!
明日、もう一度電話をくれるそうなので、ご対応よろしくお願いします。
以上、大変ユニークな問い合わせでした!
と、ここまで。
確かにユニークな電話取材ですな。。
多分、このブログ記事をご覧になっての事だと思うのですが。。
ooita-sekisaba-turi16.jpg


ブログ記事内にも書いてる様に。
関サバ、関アジは職漁の方が釣ったモノ。
漁協組合で出荷前にシールの貼られたモノだけが関サバ、関アジになるんです。
私たち、遊漁の船が釣った場合は豊後サバ、豊後アジになると言う訳。
ところが。。
あまりにも関サバ、関アジのブランディングがあっという間に広まったせいもあり。
船宿さんたちも、豊後サバ、豊後アジでは検索にかからず。
敢えて、関サバ、関アジの名を使っているんですね。
で。
職漁の漁師さん達も、私ら遊漁人も、ここらの魚はサビキで釣ります。
うる覚えなのだけど、確か職漁の人たちは竿も使わず。
コマセも使わず。
サビキオンリーで釣ってる気がしました。
私ら遊漁の船は、竿もリールもありますし。
寄せエサとなる、アミコマセを使って魚を釣ります。
漁場も職漁の漁師さんとは隣同士になっているのだけど。
遊漁の船は、間違っても職漁の漁師さんの漁場には入ってはいけないのです。
やっぱり、それぞれの地元に居てくれる漁師さんが居るからこそ、地産地消の食材が手に入る訳でして。
その最前線で頑張ってくれている第一次産業の方たちを、私ら遊びの船が邪魔してはなりません。
その様な線引きって言うのがある訳なのだけど・・・
テレビで放送するって事だったら。
ネット検索で出て来たブログにすかさず電話するのではなく。
自分の調べていたキーワードをもうちょこっと。。
変えてもらうと。。
本職の人たちに会えると思うんですよね(笑)
このリンク先を見れば動画もあるから。。
一発でどうやってるか、分かると思うんですけどねぇ・・・

今までも色んな取材依頼があったけど。
テレビ番組の完成!ドリームハウスからの出演依頼だったり。
これは出たくないと言うオーナーが多いから、全てお断りと言う事で却下
もう番組自体は終わってしまったのだけど。。
住まいる家族と言う番組では、三組のオーナーが出演されたり。
子どもたち目線の図書館がある家
大好きな海が見渡せる家
家族みんなで造る家
お風呂を紹介するテレビ番組もあったけど、それは記憶が薄すぎてなんだったか忘れちゃった(笑)
テレビ関連はこんな感じで。
雑誌なども、すでにたくさんの雑誌に掲載されたりしてるけど。
この他、業界紙や地方新聞社からの電話取材も過去にはたくさん依頼を受けたりしてました。
にしても。
やっぱり、うちは建築屋さんな訳ですから。
漁の事を聞かれても。。
それは職漁の人たちに聞いてくれよ・・・
としか思えない週末なのでありました。。


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です