横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

信じる事

 
信じる事
この記事を書いている人 - WRITER -

私、実はダイバーだって事を知っている方、どの位居ますでしょうか?
つい先日、海猿3の公開前に1、2連続でTV放映されてました。
あ〜ゆ〜事されると、映画会社の策略と分かっていても、見てしまいます(笑)
でも、海猿2を見た方居ます?!
私あれを見ると、毎回駄目です。。。
ハンカチレベルでは足りなく、タオルレベルでなんとか涙がくい止まります・・
特にこのシーン、もうどうにもなりません。。。


CA3F00270001.jpg
TVで何回か見てるんだけども、どうも駄目なんだなぁ・・・
やっぱあれかなぁ・・
海の怖さを知ってるだけに、映画の世界に入り込み過ぎちゃうんですよねぇ・・

海に入る方なら、海の怖さを知っていると思います。
私も高ランクダイバーなので、海の怖さは知っています。
私がこの映画に共鳴してしまうのは、海の中で酸素の無い時を体験しているって事なんです。
空気を吸いたくでも、ボンベの中は空・・・
しかもそういう時に限って、深い所に居たりするんですよねぇ・・
だから海の中に取り残される時の怖さが分かります。
あとは実際の仕事の中で体験している事ですかね。。
私だけでは無いと思いますし、どんな職業の方も、人を信じて決断をする時ってあるかと思います。
そう言った部分で共鳴しちゃうんだと思うんです。
だからあの映画を見ていると、どうにもこうにも感動が止まらなくなって、おまけにタオルも洗い物が増えちゃうんですよねぇ・・
あ〜、また洗い物増やしちゃったぁ・・
自分で洗うか、これは。。

この映画ですごいのは、遭難した吉岡を仙崎が助けにいく所ですよね。
体の動かない吉岡が、沈没する船の中で酸素ボンベだけを置いてそのままにされてしまう。
でもかならず迎えに来るって仙崎の言葉。
そして沈没する船の廻りで『救助しろっ!!』の言葉を待っているクルーの気持ち。
もう、これだけで充分無理です。。
私は海上保安庁ではなく、設計事務所であり、工務店です。
だけどもやっぱり、似ている部分もあるんです。
それは人を信じる力です
今まで僕を信じて頑張って来てくれた中尾建築工房のスタッフや、私が職人だった頃からコストダウンに協力してくれた職人仲間のみんな。
そんな事がオーバーラップして、この手の映画をみてしまうと、どうにもこうにもなくなってしまいます。
でもつくづく思いますが、人を信じる事って大事ですよね。
家造りをされるほとんどの方が『この人たちって信用出来るの?!』って思われると思います。
でも、誰も信じる事が出来なければ、なんにも始まらないしつまらないんじゃないかって思います。
そんな業界で働いているからこそ、絶対に人を裏切っちゃいけないし、人を信じられる人でいようって思う。
そういった事が出来るからこそ人生って楽しいし、どきどきするのかもしれませんね。
海猿3
私は是非、劇場で見てみたいと思います!
私が海猿3を見に行った翌日は、打ち合わせをお断りするかもしれませ〜ん。
多分顔面、おもいっきり腫れてしまっている事でしょうから・・

ちなみにお酒飲み過ぎて、腫れるんじゃないからね(笑)
人を信じる事って本当に素晴らしい事を、あらためて思いしらせてくれた良い映画でした!

自宅にブルーレイがあって良かった〜


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. rosey より:

    海猿3見て帰って来て娘にマジ心配されたほど…
    サングラス持っていくことおすすめいたします

  2. すぎ より:

    私も昔、ふとメーター見たら酸素がほとんど無くなっていて、アセったことありました。
    アラームがなるわけでもないし、危険ですね。
    そんときはインストラクターいたから大丈夫でしたが。
    中尾さんは深いとこで一人?
    緊急浮上?
    さすがに25m以上深いとこでいきなり無いのに気がついたら、やばいですね。
    海猿は、みて見よう。。

  3. 中尾建築工房 より:

    roseyさん☆
    でしょうねぇ・・
    でも、まだ見に行けてない(笑)
    泣いちゃうだろ〜な〜
    2回も見ちゃいそうだな〜(笑)
    すぎさん☆
    一人じゃないですよ。
    葉山だったけど、友人と二人でですね。
    バディシステムですから・・
    でも葉山だったら浅いからなんとかなるけどさ。。
    逗子は深い所結構あるからやばいっすよねぇ・・
    視界も悪かったから隣ぼバディが分からないし、死ぬかと思いました(笑)
    一応、友人の残圧も少なかったら、レギュを交互に使って緊急浮上しましたね・・
    危ない危ない

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です