横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

葉山町長柄『緑-満喫出来る家』視察に行って来ました!

 
葉山町長柄『緑-満喫出来る家』視察に行って来ました!
この記事を書いている人 - WRITER -

昨日は午前中に、建築会社選びをされている方を中尾建築工房の現場へとお連れしました。
たいていの場合、私が相談を受ける際には、建物のどういった部分を見れば良いのか。
建築会社選びをされている方は、どういった部分にこだわりを持っているのか?
または、どの様な事をを知りたくて、お越しになられたのかを伺ったりします。
なにをどう見れば良いのか分からないと言う方には、出来るだけ分かる様に説明する事を心がけています。
それに併せて、しょっぱなからお金の話をするのはいつもの事ですし、私達の建物に掛かるコストの説明も併せてする様にしています。
元々、大工さんって立場の人間だったから、営業の方みたいに『うちでやりましょうよ〜』なんて事、言った事もないですし、そんなつもりは全くない(笑)
ま、どちらかって言えば、ゆるーい感じと言えば、しっくりと来るんですかね。
と言う事で週末の昨日は、葉山町長柄にてオーナー施工の珪藻土塗りをしている現場にお連れしたんです。
現在はパテをしている段階でして、洗面やトイレの様な部分のみ、珪藻土を仕上げている段階。
なので見て頂いていたのは下地段階の部分なんですけど、窓の性能や断熱性能等々、そこに居るだけで体感出来る事も多かったかと思います。
hayamamachi-nagae-shinchiku-kengaku.jpg
外観も足場が外れて、廻りの緑を堪能できる様になりました!
気持ち良ーーい感じですよね☆
が、しかーし!
ちょっと、オーナー施工珪藻土塗りの仕上がり具合よろしく無いのよね・・・
ホントは年内引き渡しをする予定でいて、ご入居されてからボチボチと施主施工をされる予定だったのですが、さっすがこれだと無理だんべ・・・と。。
と言う事で、さっそく私が取った行動は、同じ葉山町内の一色にあるお宅へと、長柄のオーナーをお連れする事にしたんです!
Ori嫁さんすみませんねぇ・・・
突然アポ無しで突撃してしまいまして・・
それほど余裕が無いくらい、仕上がりに驚いてしまった訳なんです・・・


hayamamachi-nagae-shinchiku-kengaku2.jpg
そしてOri嫁さん宅にて、綺麗な仕上がり具合のところもきちんと見て頂きまして、長柄オーナーには参考にしていただき、引き渡しのスケジュールについても、一月延長しての引き渡しになりました。
さらに!
ちょっとね〜、このお宅は年明け一発目に極塗見学会を開催しまして、ちょっとバックアップしてあげてみようかなと(笑)
これから自分たちで壁塗りをされる皆様、是非ともご参加していただければと思います!


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です