横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

出張1日目静岡県焼津市|ローカルな港のお食事処

 
出張1日目静岡県焼津市|ローカルな港のお食事処
この記事を書いている人 - WRITER -

今日は出張三日目の最終日
朝から夜までみっちりと詰まったスケジュール。
なのでブログは簡単にお食事処のお題にしました(笑)
焼津の工場見学を終えた後、私は迷わず焼津の港方面に向かいました。
なぜなら、ここは静岡。
駿河湾の海産物でも食べよかっな〜
と言う事で。
特に情報を調べるとかは無かったのですが、港に行けばなんかあんべ!!
と移動した処、こ〜んなお店がありました!
ogawa-uogashi-shokudou.jpg
やっぱ、直感って大事よね(笑)
あった!
ここは漁港直営なんだと思うのですが、食堂がありました。
中に入ってみると。。


ogawa-uogashi-shokudou2.jpg
ご覧の様に、様々なメニューがありました。
写真付きだと選びやすいから助かりますね。
漁港だけに海産物のみと思われがちですが、フライモノもあります。
ラーメンやチャーハンもある。
って事は、おそらくここには漁師さんも食事に来ているのだな・・
と思いました。
漁師さんは魚ばかり食べてると飽きてしまいますからね。
漁師が食べに来るって事は、それなりに美味しいのだなと思いましてね。
だったら静岡名物にしてみよう!
生しらす+生桜エビの定食をお願いする事にしたのです!
ogawa-uogashi-shokudou3.jpg
一見、余計なモノが一切盛られていないシンプルな定食。
けど、これが実はとっても美味しかったのです⭐️
漁港だけに、生しらすと生桜エビの量は結構乗っかってるんです。
器の下には嵩増しは一切されてないので、量的には充分な生しらすと生桜エビ。
味はもう、言うまでも無いですね(笑)
こじゃれた感は一切ありませんけど、見た目よりも質重視な漁師町の魚河岸食堂さん。
価格もこれでぴったり千円。
私的には充分お勧め出来る食堂だと思いました!
焼津にお越しの際には、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょーか!!
そして私は焼津市を後にして、出張二日目となる愛知県に移動させて頂きました。
このブログを書いているのは出張三日目。
これから最後のお仕事が残っているので、いざ世田谷までぶっ飛ばして来まーす⭐️


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です