横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

2013年のお盆休み|中尾建築工房中尾の場合

 
2013年のお盆休み|中尾建築工房中尾の場合
この記事を書いている人 - WRITER -

特に変わった事もなく、普通に家族サービスをしていただけですかね。
世の中のお父さん達と、多分ほぼ変わらない感じだと思います。
もうどこか遠くに出かけるって言うのではなく、近場で済ませてしまいました。
初日は逗子市の披露山公園に行って、お猿さんやあひるさんを見たり、公園で子供を遊ばせたり、私は披露山庭園の先にある大崎公園に初めて行ってみたりしてました。
二日目は太刀魚釣りに行きまして、まさかのボーズ•••
その後は横須賀にあるお墓に行ったり、実家に泊まったりしまして、三日目は横須賀のショッパーズでぶらぶらするだけ。。
最終日の昨日は子供の三歳児検診に行った後、スーパーで買い物をして、最終日終了って感じのごくふつ〜な生活でしたね。
披露山庭園は大工見習いの頃に建てた建物が未だあったりしますので、たま〜にお散歩をさせて頂いたりしてました。
披露山公園もちょこちょこ車を止めに行ったりもしてました。
でも大崎の公園は未だ行った事が無かったんですよね。
なので時間もある事だし、大崎公園まで歩いてみようと思った訳なんです。
kenchiku-kyuuzitu-zushi.jpg
披露山公園から徒歩する事15分程度で大崎公園の先端に到着すると。。。


kenchiku-kyuuzitu-zushi2.jpg
私の大崎公園に対するイメージはほぼパノラマ状態で海の景色を楽しめる公園だと思っていました。
でも以外にも、公園周囲の森林整備が出来てないので、ちょっと残念な景色。。
風致地区なのだから、もう少し整備をしても良いかと思いました。
あ、ちなみに車で行かれる方がほとんどだと思いますが、大崎公園には駐車場がありません。
なので披露山公園の駐車場に車を停めて、歩いて行く事になりますからね〜

そして二日目の太刀魚釣りでは、いつもなら乗らない船宿さんのお世話になったんです。
これがいけなかった•••
太刀魚釣りの場合、いつもは鴨居大室港から出船する船宿さんにお世話になっています。
こちらの船長、指示がとてもきめ細かいんです。
海の中の状況を、リアルタイムで教えてくれたりするんですよね。
その指示された深さ(棚と言います)に仕掛けを持って行くと、釣れたりします!
でも、こちらの船宿さんは午前中は太刀魚釣りをして、午後からは港に帰らず近場でアジ釣りをすると言う午前太刀魚午後アジ釣りリレー船なんです。
私は午後から実家に行く用事がありましたので、半日だけ乗れる船宿さんに乗っての出船。
元々あんまり相性の良くない船宿さんではあったのですが、まさかのボーズ•••
太刀魚釣りは、魚が幽霊の様に移動してしまう事から船団が固まるのが特徴です。
この日も続々と船が集まりまして、まさに大船団になりだしました。
kenchiku-kyuuzitu-zushi3.jpg
私がいつもお世話になっている船宿さんなどは、私の乗った船の真後ろに居るけど、ちょこちょこ釣り上げてます。
他にも見慣れた船などは、ぽんぽん釣り上げている状態。。
でも私たちの乗った船には20人は乗っているのに、トップ3匹一人、二番手2匹が一人、三番手が1匹が一人。
船全体で20人も乗っているのに、船全体で釣果は太刀魚6匹
後は全員まさかのボーズ•••
まさにサイテー
船長、もうちょっと努力しましょうね•••

そして後はごくごく普通なお盆の過ごし方と言いましょうか、父親の墓参りに行ったり、実家に帰ってぼけーっとしてみたりで、特に語るまでもない位のお休み。。
ただ、おかげさまでバタバタとする事もありませんでしたから、ゆっくりとお休みを頂けました。
と言う事で、疲れもきっちりと取れた中尾建築工房、お盆明けも頑張って参りたいと思います!
いや〜、しっかしボーズは痛過ぎるよな•••まじで•••


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. A山 より:

    ご無沙汰でーす。
    太刀魚行ったんですね!
    まさかのボウズ。。
    オレも週末行きますが、天候が。。
    頑張りま~す。

  2. 中尾建築工房 より:

    A山さん☆
    タチウオ釣りに行くんですか?
    であれば、棚は海底から10mを最初から探った方が良いかも…
    私がタチウオで乗っている船宿は随時棚が変わると教えてくれるから、無駄に棚を探る必要がないので時間の節約が出来るので良く釣れます。
    でも、今回の船宿みたいに『底から20mまで探って』だけだと、その日その時間帯の棚を探すのは時間の無駄もいいとこですからね…
    タチウオは移動が付き物の釣りものですが、散々探ってアタリが取れたのは、底から10m辺りが多かったです!
    一郎丸さんも川崎丸さんも吉野屋さんも、ほぼ同じ棚であたってるみたいでした。
    あんまりにも釣れないので、他船の釣り人のリールの動きとか見てましたから、まず間違いはないかと思います!
    私の分まで頑張っちゃってください!(笑)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です