横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

在来バスルームのバスタブ選び|Artis(アルティス)ショールーム見学

 
在来バスルームのバスタブ選び|Artis(アルティス)ショールーム見学
この記事を書いている人 - WRITER -

バスタブ選びその2(笑)
せっかく都内や千葉まで見に行くのに、一軒だけでは勿体ない。
と言う事で、TOTOさんに向かう前に。
六本木にある、Artis(アルティス)のショールームに行ってまいりました!
artis-bathtub-kengaku.jpg
以前に下記のリンクでご紹介をさせて頂いたブランドですが。。
在来型のバスルーム|各種バスタブメーカーあれこれ
ホームページの造りを見る限り、まぁまぁ良さげな印象です。
でも、実際のモノを見てみないと。
やはりなんとも言えません。
早速、説明を受けながら色々と見て回る事にしました!
artis-bathtub-kengaku2.jpg


これはハート型をモチーフとしたバスタブ。
横須賀市秋谷にある、某有名芸能人さん宅で採用されているらしい(笑)
まー奥さん若いらしいから、良いんだろうなぁ。。って感じかな・・・
artis-bathtub-kengaku3.jpg
そして現実的なサイズを見回してみました。
TOTOさんの見学の様に、気になったバスタブは全て入りました。
ARW1585から始まって。。
artis-bathtub-kengaku4.jpg
ARW1685もなかなかのサイズですね。
TOTOさんのスーパーエクセレントバスに比べて、私が思ったのは。
外寸法と内寸法のバランスが、ダントツでArtisの方がよろしいかと思います。
説明の中でサイズとか関係なく、表面のアクリル無垢がとっても分厚いんですって。
おそらく部材の内容量が充実してるからこそ。
外寸法と内寸法を極力少なく出来るのだと思いました。
これでも良いのかなぁ。。
と思った私ではありますが。。
artis-bathtub-kengaku5.jpg
ARW1911
これを見てしまいました・・
数字で分かる通り、長さはスクエアタイプの中では一番のロングバスタブです。
artis-bathtub-kengaku6.jpg
ほら、ご覧の通りで足が届きません!!
ヤバいっ!
求めていたバスタブを見つけてしまった!!
ワイドもゆったりですし、デザインもいい。
バスタブトップのリム寸法も、極力抑えてありますし。
この入った感は、どのバスタブと比べても全然違います!
ちなみに、このバスタブ。
「こーいが、はーしり出したら〜♪」
と言う歌を歌っている、某歌手の方も唸ったバスタブらしいです。
この方、バイクの趣味も私と似てるのよね・・

そんな大したブランドでは無いのかな・・
と、舐めておりましたがとんでもございません。
何しろ部材が、ものすごくしっかりしてるんですね。
アクリルの厚さがあるから、研磨も出来るし。
普通のバスタブでは、ステンレスに見える部分って大抵はメッキ仕上げです。
つまりステンレスでは無いのです。
が。
Artisブランドは、さすが住設機器を長く扱っているだけあって。
artis-bathtub-kengaku7.jpg
これらのパーツは全てステンレスの無垢!
こいつはヤバい(笑)
素材については、こだわりを持つこの私。
すでに顔がニヤついております(笑)
artis-bathtub-kengaku8.jpg
この他お肌がツルツルになるマイクロバブロも、オプションですが取り付け可能。
実際に作動させて、私も手をつけてみましたが。
漁師の様な私の手でも、何気にしっとり感が出ておりました(笑)
女性にとっては、嬉しいオプションなのかもしれません。
artis-bathtub-kengaku9.jpg
一通り拝見させて頂きましたが、Artisではユニットバスも製作してるのだそうです。
これは大きめのユニットバスですね。
ま、どんなモンでも作れちゃうみたいですね・・
都内の高級マンションなんかは、需要がありそうです(笑)
Artisブランド自体は、何でも20年以上も歴史があるそうなのですが。
あまり宣伝しないらしく、ホームページで見るだけだと。
割と新しい会社に見えてしまうみたいですね。
せっかくショールームで見学をさせて頂いたので、ちょっと動画も撮って来ました!


と言う事で、意外にも素材にこだわりを持ちつつ。
高耐久の国産バスタブブランドなのだと分かったArtis(アルティス)
逗子に建てる桜山モデルハウスには、鼻血出してでも入れたいバスタブだと思いましたー(笑)


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です