横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

アダルトチルドレン|私の場合Ⅵ(FINAL)

 
アダルトチルドレン|私の場合Ⅵ(FINAL)
この記事を書いている人 - WRITER -

自然素材に包まれた良い家を建てれば、快適で良い暮らしが出来るのか?
実はそうとも限りません。
やはりメンタル的にも、健全で居られた方が、より良く快適な生活を過ごせると言うモノです。
頑張り過ぎていたり、本当にやりたい事をやれなかったり。
自分自身が限界なのにも関わらず、気が付かない方がとても多いんです。
事実私だって、そんなん全然分かってませんでしたから(笑)
と言う事で、中尾建築工房のブログは、ジャンルで言えば工務店ブログ。
けど、家造りをされる方にもちょっとした気付きが得られる様に、アダルトチルドレンの知識を分かりやすーくご紹介していきましょう!
前回はアダルトチルドレン特有のトラウマが連鎖してしまう世代間連鎖の事を書きました。
自分だけならまだしも、自身の子どもたちにまでキツい生活を押し付けるのは、さすがによろしい事ではないかと思います。
親が変われば、子供も変わります。
子供がなぜか元気が無かったり、シュンとしてたりした場合、まずはその子供を対象にするのではなくて、親が自分自身に向き合う事で、自分自身の事を知り、自分自身を変える事で、子供は回復して行きますから。
ここで私の知ってる一番の即効薬は、親が自分の人生を楽しく過ごす事。
特に母親の場合はこれが多いかもしれません。
母親は家庭を守って子供を育てなければならないと言う意識があると思うんです。
これがとってもストレスになりやすくて、よろしい事ではないんですね。
そんなの甘えだ!
親世代はそんな甘えた事していなかった!

もしもこう思われる方が居らっしゃるのであれば、これははっきり言って逆効果&ナンセンスなんです。
むしろ、母親が炊事、洗濯、掃除、子育ての全てを放棄してしまう位の勢いで、自分自身が喜ぶ事をしてみましょう。
そうすると母親には笑顔が出ます。
子供は敏感ですから、ホントの笑顔と造った笑顔くらいは簡単に見抜けます。
そんな笑顔で子供に接してあげると、子供だって嬉しくなるんです。
そんな理由があったりしますから、奥様がつらそうな時にはご主人は時間を造ってもらって、子供の面倒を見るなりして、奥様のやりたい放題にしてもらうと良いですよね。
そして今度は父親の方ですが。。
割りと父親って、男子たるもの、仕事に生きるのが当たり前的な風潮があると思います。
ここではお子さんが娘さんに限っての話をしたいと思います。
娘さんがある程度の年齡になると、洗濯物を一緒に洗わないでと拒絶されるなんて話も聞いた事がありませんか?
これね、父親はおそらく気付けないと思うのですが、仕事に行っている間って、子供とは接する事が出来ないんです。
だから帰宅してからとか、休日のみとか子供と遊んだりしますよね。
確かに仕事してこないとお金が稼げませんから、当たり前と言えば当たり前。
でも、子供からすれば、そんなのたいした理由になりません。
ホントはお父さんと遊びたいけど、お父さん居ない。。
この現実がある時点で、娘さんはお父さんと遊びたい気持ちを押さえる事につながります。
さらに普段はほわーんとして、やさしい父親がお酒を呑んだら豹変してしまうケースもありますよね。
これがアダルトチルドレンの典型例でACOAと言われるタイプです。
アダルトチルドレンは大雑把に二種類あって、ACOAとACODの2つの家庭環境にあったりします。
今時はだいたい、両方混じってるケースが多いと思いますけど、知りたい方は検索してみてね。

では、なぜそんな事、そんな程度でアダルトチルドレンになってしまうのかって〜と。。
adult-children6.jpg
例えば4人家族だったとしましょう。
人間は生まれた時から、100%母親に依存をしないと生きてはいけません。
けれども馬や牛などの生き物は、産まれてすぐに自分の脚で立とうとします。
それを親が見守る訳ですが、人間の場合はさすがに自分の脚で立てたりする事が出来ません。
その代わりにゆっくりと成長して、高度でかつ繊細な知能が発達して行きます。
動物と人間ではこういった部分に大きな差があるんですね。
だから息子も娘も幼少の頃はとにかく母親に依存して甘えるのです。。
ところが・・・


adult-children7.jpg
ある程度の年齡になって来ると、彼氏や彼女がそれぞれ出来りしますよね。
でも、その前の段階って言うのは、異性の親が最初の恋人になるんだそうです。
つまり息子は母親に依存していて、そのまんま母親が最初の恋人になります。
そして娘に関しては、段々と母親から父親へと意識が向いていくんですね。
ここできちんと父親が娘に接してあげていれば、子供は対人関係を上手に築ける子供になるんだそうです。
ところが親はそこまで意識せずに、自分の事でいっぱいいっぱいになっていると、子供は無視されたとか、構ってもらえないとかの思い込みを始めます。
『自分が悪い事しちゃったからかな。。』とか『私が好き勝手やってるから嫌われちゃったのかな。。』とか・・・
こんな思い込みが出始めたりするんですよね。
そして出来るだけ娘は父親のご機嫌を取りに行くのですが、父親がきちんと向き合ってあげないと、段々娘は構ってもらえない現実に頭に来てしまいます。
最初の恋人だからお父さん好き!→あれ、お父さん構ってくれない→お父さんんに構ってもらえる様にならなきゃ→一生懸命家の手伝いしたけど、お父さん褒めてくれない→勉強いっぱいして良い点を取ったのに褒めても来れない→私が何をしてもお父さんは構ってくれない・・・→段々ムカついて来た→お父さん嫌い!
ざっくりと言えば、こんな感じかな(笑)
娘にはこんな意識がありますから、そりゃー洗濯物も別にしてって話になるのは分かりますよね。
ここで父親を嫌いになれてるならまだしも、それでもまだ父親からの愛情を貰おうとしている女性の場合、対人関係をきちんと築けずに、自分の中へ中へとこもってしまう娘になってしまう場合もあります。
世のお父さん方、こんな受け取り方をされてしまう事がありますから、なるべく娘さんが居たらきちんと向き合ってあげると良いかと思います。
父親としては責任重大です。
私の話に戻するとするなら、私の場合は母親はパート、父親はガチでうるさい自衛隊系。。
なので私は圧倒的な父親からの圧力を食らっていたんだと思います。
そのせいで無意識に人生は修行、忍耐、努力、根性
そして自分の味方だと思っていた母親も父親の右に倣えですから、仕方なしに刷り込まれていたのです。
アダルトチルドレン特有のインナーチャイルドに関しては、自分自身で見つける事も癒せる事も出来ました。
けど、今まで生きて来た人生の中で、私なりの思い込みってモノが大きく影響して来た事を知ります。
思い込みにも良い思い込みもあれば、悪い思い込みもあります。
私の場合は、人生は修行、忍耐、努力、根性
これなんです。
洗脳ではないのだろうけど、初めて映画を見に連れて行ってもらった映画は『戦国自衛隊』(笑)
どんだけ自衛隊LOVEな父親だったのでしょうと言う事ですね。

そんな家庭環境だったので、無意識のうちになんでもかんでも努力をする事を続けてきました。
常に努力をし続ければどうなるかって言うと、相当疲れると思います。
なので私は思い込みを変えられるセミナーに参加する事にしたのです。
そこで出て来た私の思い込みは良いモノ、悪いモノを含めてたくさんの思い込みがありました。
セミナーではデモンストレーションなるモノを行うのですが、なにか困った事をお題にして、それを掘り下げしていくんですね。
私の場合、笑ってしまうのが、これです。
私の悩み
『イカが釣れません。
イカ釣りが苦手です。』
イカ釣りはマルイカ、ヤリイカ、スルメイカをやっているのですが、どうもイカ釣りになると釣れる気がしないと言うか、釣果は対した事が無いのでした・・・
インストラクターの方
『イカが釣れないと、どういう気持ちになりますか?』

『イカ釣りは自分には向いてないんじゃないか?もしかしたらイカ釣りは嫌いになるかもしれません』
インストラクターの方
『そのまま、イカが釣れない事が続いたらどうなりますか?』

『イカ釣りを辞めるかもしれません・・・』
インストラクターの方
『イカが釣れない事が続いたら、最悪どうなりますか?』

『イカは釣れないけど・・・アジは釣れる!!』
とまぁ、こんな感じの根掘り葉掘りをして頂きまして、出て来た答えがこんな感じ。
adult-children8.jpg
右側からスタートする感じなのですが、私の場合は一旦どん底まで落ちていき、そしてそこから這い上がっていくドラマの様なモノを経験しないと、◯◯してはならないと言う思い込みがあったらしいのです。
今回のケースで言えば、修行、忍耐、努力、根性を発揮してから出ないと、イカは釣ってはならない思い込みと言う事になります。
これが、本来なら。。
adult-children9.jpg
こんな感じで修行なんてせずに、即釣りを楽しめれば良いと言う訳なんですね。
確かにこれを聞いて私も驚いたのですが、何をするにしても最初は苦労をしてる様な気がします。
バイク乗ってる頃には対向車線を走っていて、ヤクザ屋さんと事故してガソリンスタンドの端から端まで吹っ飛ばされたりとか・・
バーテンの頃はとにかくヤクザ屋さんと衝突する事が多かったりとか・・
必死に大工修行をしてやっとの独立前に3Fから転落して、頚椎圧迫骨折したりとか・・
親方になってからは、機械で指を挟んでしまったりとか・・
カウンセラー探しも必死に探したら、とんでもないババ引いちゃったりとか・・
他にもいっぱいあるけど、全ては修行、忍耐、努力、根性などの思い込みによるものらしいのです。
しっかし良く生きてたよな〜、我ながら関心してしまいました・・
そう、そんな思い込みは私には必要ございませんので、全て引っこ抜いてもらいまして、そんな事せずとも楽に生きれる思い込みに変えてもらいました。
そう、ここまで経験して来て思ったのは、人それぞれに思い込みがあるんだって事。
ちなみにね。
私の場合、思考が変わった事によって、体の痛みにも変化が出て来ました。
以前は頚椎圧迫骨折した時の肩の痛みがずっと残っていました。
症状的には、ムチ打ちを更に痛くした様な感じです。。
梅雨時なんて、湿布を数枚貼らないと耐えられない痛みがあったのです。
ところが今は、湿布にお世話になる事もなく、なんら痛みを感じずに生活出来ています。
不思議なものですよね、思考が変わった事によって、体の痛みも無くなってしまうなんて・・・
と言う事でアダルトチルドレン|私の場合Ⅵ
44才になって、やっと頑張り過ぎ続けてきた自分に気付ける事が出来ました!
おかげさまで超らくちんな考えで、日々を過ごせる様になりました。
これ、とっても楽なので、変われる方から変わって行く事をオススメしたいと思いますね。
明日からは平常営業の工務店ブログに戻りまーす!
専門書いっぱいあるから、読みたい方はお貸ししますよー


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. S内 より:

    そういや昨年、修行、忍耐、努力、根性ってマグロに挑んでましたね(笑)

  2. 中尾建築工房 より:

    S内さん☆
    えぇ、そして心を折られましたけど(笑)
    さすがにもう頑張りませんよ、私も・・・

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です