横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

逗子|Kanaloa(カナロア)の家お引き渡し☆

 
逗子|Kanaloa(カナロア)の家お引き渡し☆
この記事を書いている人 - WRITER -

年末もここまで来ると『あ〜、今年も終わりかぁ・・・あっという間だなぁ〜』なんてコトバがあちこちで聞かれるみたいですね。
中尾建築工房でも例に漏れず、あっという間に今年も一年が終わろうとしています。
そんな年末の22日、逗子の家がお引き渡しを終えました〜
IMG_4482.jpg


まぁでもお引き渡しと言いましても、特になにする訳でもありません・・
鍵をお渡しして、設備機器の説明やらなんやらだけなのです。。。

思えば今年の一月にKanaloaのオーナーである@320さんから、お問合せを頂きました。
しかも@320さん、ホームページを新たに造って第一号のお問合せだったんです(笑)
実は私も今、知りました!

あれから約一年。
ようやくこの地に新しい逗子の象徴とも言える家が建ち上がりました。
@320家のみなさん、本当のおめでとうございますっ!
※Kanaloaとは?!
ハワイ語で海の神様という意味なんだそうです。
逗子という事もありますし、湘南テイストを感じられるネーミングですね☆

そして今回、完成見学会非開催だった事も皆さんにお伝えしなくてはなりません。
実は今回の家、本当は完成見学会を開催して、みなさんにお披露目したかった!
でも、あえて開催はしなかったのです。
****************************************************************
中尾建築工房の都合=忙しくて見学会の準備が出来ない・・
****************************************************************
オーナー様である@320さんからは『やってくださいよ〜、完成見学会!うちはいっこうに構いませんから☆』とまでお言葉を頂いておりました。
中にはこんな方もいらっしゃるかと思います。
『Kanaloaの家が完成した姿を見たかった!』
ごめんなさいね〜。
私たちの都合でも恐縮なのですが、お引き渡ししちゃいました・・・
ただちょっとだけなら私がこっそりと撮影した画像がありますので、代わりにこちらをアップしましょう!
IMG_4485.jpg
外観はCブルーのガルバリウム鋼板で身を包み、ポイントをウッドフェンスで強調しています。
そして多くを駐車場とする敷地については、広く見せる為やメンテナンス性を考慮して全面アスファルトを敷き詰めました。
歩道や全面道路と同じ素材の地面になるので、一体感がありますね。
IMG_4490.jpg
そして2Fのリビングには、中尾建築工房オリジナルの間接照明をチョイス☆
今回は@320さんからこんな要望が・・
『なんか格好良い間接照明ないっすか!』
と言う事でちょっと頭をひねってみました。
勾配天井に段差を付けて、その段差部分に間接照明を入れ込んだ形ですね。
ある程度のスパンで丸円を付けているのは、1つの完成照明でダウンライトの効果も狙った形です。
多分、見た事はないですよね?!
私も初めてプランニングしましたから(笑)
そしてキッチンには贅沢この上ない、システムキッチンが!
IMG_4491.jpg
奥様あこがれだったU型キッチン☆
これほどのキッチンで造る料理はさぞ高級な晩ご飯が出来るのでしょうね。。
カレーライスやハンバークはないだろうなぁ〜(笑)
という感じで本当は見せたかったのですが、お見せ出来なかったKanaloaの家はこのように素敵な空間が演出されている家となりました!
見学希望だったみなさん、大変申し訳無かったです・・
今回は画像で我慢してください・・・
☆お知らせです☆
中尾建築工房のオーナー様で魚釣りに行きたい方を募集します。
日程は1月という事だけが確定で、詳細日程はこれから打ち合わせたいと思います!
1月の寒い中ではありますが、走水港より仕立て船で松輪のサバを狙う仕立て船☆
現在、出船を希望されている方は@320さんで三名。
新年一発目の仕立て船を希望される方、魚釣りに自信のある方、是非ともこちらに書き込みして下さいね〜☆
@320さん、こんな感じのご紹介で良かったでしょうか〜(笑)


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. @320 より:

    この1年は、本当に今までの生涯でも過ぎるのが早かった1年でした。
    ご存知ない方が多数だと思いますので、少し説明させて頂くと今回のプロジェクト(敢えてこう言わせて下さい)は今年の年初からスタートしました。
    まず私の場合は土地は購入(予約)済みで敷地面積が約73坪と広く、とても一軒家を建てるのには広すぎるので賃貸併用住宅ということで計画を立てました。
    『神奈川の注文住宅』という雑誌を購入し、出来るだけ地元の、安くて信用できる工務店を探しました。
    まずメールでアポを取って、丁度そのときは葉山のポーク邸(アメ様邸)の構造見学会が開催されるときで、そこで初めて中尾さんと遭遇(笑)したのでした。(本当はこの日は鎌倉のT様邸のTV取材で居ないはずの中尾さんがなぜだか現場にいたのでした)
    この時、良い感触(笑)だったので事務所で打合せの約束をして、その次のときには三浦のダブルS様邸を見学させて頂きました。(このときは突然のお願いだったにも関わらず、快く見学させて下さったダブルS様には大変感謝しております)
    この時すごく思ったのが、あまりにオーナー様と仲良く話をしている中尾さんが『友達!?』なのか!と思ったのを良く憶えております。
    私は建売住宅を7年前に購入していたので、その売却と実家への間借り引越しを済ませ(引越しの際は横須賀のH様にもご協力頂きました。有難うございました)中尾さんとの偶然(必然?)の出会いとオーナー様のご協力があってこの後は山あり谷ありでプロジェクトは進行していきました。
    途中、種種のアクシデントもあり構造見学会も中止になり(このときは完成見学会は必ずやりますから~って言ってたんですよね~)私の方の諸事情から、賃貸併用ということもオフレコにして頂き、完成間近となった頃に『完成見学会もやれそうにない』とイケメン監督高橋氏から伺い、何とかやってよ~とスタッフに言ったものでした。(まあ年末で忙しいのはしょうがないです。私もそうですし、きっと皆さんもそうでしょうから)
    22日の引渡しは自分の1年の苦労と努力が結実した日として、とても感無量な感慨深い日となりました。(特に引渡し前々日迄かかった塗り塗り作業がw)
    私たち家族と中尾建築工房との家造りはこの日で完結しましたが、人と人との関係はこれからも続けさせて頂きます(笑)
    そして私は(知ってる方は知っているかもしれませんが)、造園業を営んでおりますので、中尾建築工房のサポート企業(言うほど大きい会社ではございません)として完成されたオーナー様、プラン中のオーナー様のお力添えをさせて頂くかもしれません。その時は出来る限りの事はさせて頂きますので宜しくお願い致します。(一番恐いのはオーナー様よりも中尾さんの駄目だしでしょうが…)
    最後にわがままな我が家族と最後までお付き合い頂いた工房スタッフの皆さま本当に有難うございました。(古市さんにも会いたかったな~)
    ☆仕立船にて出船を計画中です。私が先導しているわけではないのですが、走水の高級ブランド『アジ』と『サバ』を釣りにいきましょう!!私も今度で2回目のビギナーですのでやってみたい方は是非是非!!☆

  2. @320 より:

    あっ、大事なこと書き忘れました。
    私達が多くのオーナー様のご協力を頂いたのに、何も還元できないのは申し訳ないので、プラン計画中のオーナー様が見学したい場合は事前連絡のうえ(ココ大事!)言ってみて下さい。綺麗に片付いていればOKが出ると思います!(S様みたいにいきなりは100%無理です!)
    それと『Kanaloa』というのはハワイ語で『海の神さま』うちのアパートの名前なんですよ。逗子は町ぐるみでハワイアンを推進しているんですよ。

  3. A山 より:

    @320さま。初めまして。
    完成おめでとうございます!
    ウチもいよいよ着工となります。
    赤パン履いてがんばりますよ~。

  4. @320 より:

    有難うございます。A山さま。
    これから着工ですか。着工してからもイロイロ決める事が目白押しですよ
    !大変?かも知れませんが楽しい作業ですよ~~
    赤パン毎日履いていれば全然大丈夫ですよ~(^O^)/

  5. 中尾建築工房 より:

    お二人様共☆
    結局やっぱり赤パンだ(笑)
    一人だと恥ずかしい感じしますけど、三人固まれば堂々と『赤パンどうよっ!』って言えますね!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です