横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

葉山町一色着工中現場の仕様書作成作業

 
  2018/12/30
葉山町一色着工中現場の仕様書作成作業
この記事を書いている人 - WRITER -

図面を造るとか。。
仕様書を造るとか。。
給排水電気設備を検討しているのですが、葉山町一色現場の最終確認は私がやっております。
何故なら『ん〜、ここなぁ・・もうちょいこうした方が良いかもなぁ・・』
と。
図面を見ながら、色々と図面の修正指示や、仕様書を作成している訳なのですが。
色々と細かい所を見ていくと、どうも作業がなかなか進まない感じがします。
では、いったいどんな作業をしているのかって言うと。。
hayamamachi-isshiki-n-zumen-kahitsu.jpg
例えばロートアイアンの手摺などは、そのまんま黒色のみで仕上げると。
葉山は塩害地域でもあるから、サビが発生する訳で。
であれば。
こちらのオーナー様は、御自身での作業が大好きって事もあるだろうし。
通販でガラスコーテイングの塗料位は販売されているだろうから、そこで好きなモノを購入してもらって。
施主自ら塗装するなんて感じにしても良いのだと思うのよね。


hayamamachi-isshiki-n-zumen-kahitsu2.jpg
他にも色々とあるのだけど。
こんな部分のオプションがあったして。
hayamamachi-isshiki-n-zumen-kahitsu3.jpg
図面もチェックし〜の。。
hayamamachi-isshiki-n-zumen-kahitsu4.jpg
構造材の仕様書部分も、表記をしないと現場が混乱する事になる訳で。
hayamamachi-isshiki-n-zumen-kahitsu5.jpg
細かい間接照明などの造作仕事の収まり部分についても。
やっぱり、現場で不明になりそうな部分も、しっかり表記をしたりして。
hayamamachi-isshiki-n-zumen-kahitsu6.jpg
仕様書も記入をしたら、赤いフォントにして確認しながら進めたりしています。
手間も掛かるのだけど、一通りチェックしないとね。
hayamamachi-isshiki-n-zumen-kahitsu7.jpg
で、問題と言う訳ではないのだけど。
屋根を2寸勾配から3寸にした方が良いのかなぁなんて思いも出始めちゃったりする訳で。
理由としては、色打ち合わせの段階から、私がやっているのだけど。
純和風と言うほどではないけど、横のラインが強調される家になる訳でして。
そこに現在の屋根材は。。
hayamamachi-isshiki-n-zumen-kahitsu8.jpg
これはガルバリウム鋼板の屋根なのですが、立平葺きと呼ばれる屋根です。
画像のお宅は、縦に伸びるシルエットを持つ家だから、これで良いのだと思う。
でも、この家は横にラインが伸びる家となる訳でして。。
そこに私が色付けをして行くと。。
どうも、平葺きにしてあげた方が、よりインパクトがあるのではないかと。
hayamamachi-isshiki-n-zumen-kahitsu9.jpg
これがガルバリウム鋼板の平葺き屋根。
こっちの方がより、横方向をより強調出来ると思うし。
さらに前面道路にも勾配があるから、屋根も良く見えるだろうし。
この家に関して言えば、特に変更してもコストが上がる訳では無い。
おそらく重量感も増して来ると思ったりもする。
けれども、どうしてもこの横方向に伸びる屋根を葺くためには、屋根の勾配を現在の2寸勾配から。
3寸勾配に変更しなくてならないのです。
素材のメーカー規定で決まってしまっているのよね。。
3寸勾配からだって。。。

hayamamachi-isshiki-n-zumen-kahitsu10.jpg
赤の部分が屋根を上げる部分になるのだけど。
屋根を上げる事で、窓と屋根が近づいたり。
屋根とバルコニーの手摺高さが近づいたりしてしまうから。
そこは窓を上げたり、手摺を上げたりする必要があるのだけど。
屋根は2寸から3寸に変更して。
縦方向ではなく、横方向に流れる屋根にした方が。
私は良いなぁと思うのだけど。
3寸勾配程度なら、薪ストーブの煙突メンテナンスで上がる時も。
こちらのオーナーなら、問題なく上がれると思うんだよね。
取り敢えずは、オーナーさんにこのブログを見てもらって。
どっちが良いのか、判断をしてもらおうかな〜っと思いました(笑)
ブログで話をすんなって?(笑)
い〜え、アリなんですー☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です