横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

報道を見て思う事

 
報道を見て思う事
この記事を書いている人 - WRITER -

家族4人で山菜取りだったはずなのが。
まさかまさかの躾と称する、置き去りだった。
このニュースの報道を見た時、誰しもが。
お子さんが見つかって良かったぁと思った事でしょう。
私も見つかってホントに良かったねと思っていました。
hokkaidou-danji-sousaku.jpg
それと同時に、お子さんの気持ちを考えると。
お子さん自身も、訳分からなっかただろうなぁ。。
山奥の中で、何夜も。
たった1人でサバイバルを経験する事になったのだろうし。
そこには、強烈なまでの感情を麻痺させる現実があったり。
誰を信じて良いのか分からなくなってしまったかもしれないし。
とにかく生死を意識しつつ、不安と恐怖の連続だっただろうし。
今後は、とにかく安心出来る休息と。
親に甘えられる環境と。
抑えた感情を爆発させる事の出来る、居場所に恵まれたら良いなぁと思うのです。
今回の報道では。
たくさんの人が一人の男の子を救出する為に、現場で捜索に当たったり。
世界中の人がメディアを通して見守っていたり。
その中で、お子さんが見つかった事に対しては、ほぼ安堵や喜びの情報がある。
けれども、親御さんに対しての意見と言うのは。
躾と称した虐待とか。
教育評論家の方などの意見では『親は逮捕されるべき!』とか。
また反対には。
『親の気持ちは良く分かる・・・』
なんて二極化した意見も見かけるのだけど。
これね。
多分ね。
そ〜ゆ〜、ジャッチメントは要らない
と思うんです。


親の置き去りと言う行動が。
良いか悪いかは、取り敢えず置いておいて。
親御さんを特別に擁護する事でもなくて。
子供に焦点が絞られているみたいだけど。
焦点にしなくてならないのは親の方。
なぜなら親だって、元々は子供時代を過ごして親になってる訳だし。
親なりの子供時代があったんですよね。
その親の子供時代に。
同じ様な経験をして来て、大人になってる訳で。
その経験に基いて、良いか悪いかで判断してしまった事から。
今回の様な事件が起きる根っこになってしまったのだと思うんです。
確かに、石を投げる事で、誰かにぶつかったりしたり。
車を壊してしまったり。
誰かに迷惑が掛かるから、やめなさいと言うのは誰しもが分かる事。
でも、問題はそこではなくて、何故、7歳の男の子が。
その様な行動をしなくてはならなかったのか?
ここが結構重要な事だと思います。
親が忙しそうとか。
親が構ってくれないとか。
親の気を引きたいとか。

そんな気持ちは多かれ少なかれあったと思います。
そんな事を考えると、なんかね。
躾や教育を改めて、考え直す時が来てるんじゃないかなって。
人それぞれの思う躾や教育は、ホントに正しいでしょうか?!
躾と言う言い方になれば、私が小さい頃には普通にあった事だった。
少しでも家に帰るのが遅くなれば、家に入れて貰えないなんて日常茶飯事。。
どんだけ泣いても、喚いても。
しっかりと謝らない限り、家には入れて貰えなかったし。
子供ながらも、なんでそこまで厳しくされなきゃいけないのか、当時の私には意味が分からなかった。
だから、私は親に謝りたくなかった。
けれどもそれを許さない親に対して、仕方なしに謝って。
自分本来の意見を否定される事から、かなり感情を抑圧する事があったと覚えている。
こんな感じの事って。
どんな家庭にも、似た様な事はあったんじゃないかなって思う訳です。
今回の事件にも、これと似た様な所が見受けられると思うのだけど。
聞き分けの無い子供に対して。
(親がいっぱいいっぱいだから、対した事ではないのに、子供が聞き分けの無い様に見えてしまう事に対して)
親としての愛情はあるけど、大切なのは親がまたその親から貰った躾と我慢がよろしくない。
その躾や我慢と称して、親の怒りの力を使って、子供を制御したとしても。
おそらく、その場限りの解決にはなるかもしれない。
けど、根本的な解決には至らない。
と思う。
あくまでその場限りの対処法なのだから。
延々とその場限りの対処方法をするから。
問題がエンドレスに現れる。
この事に親が気づけるか。
それとも気づけないか。
ここ、結構大事なんじゃないのかな〜って思う訳です。
今回の事件で大切なのは、子供が見つかって良かった!
と言うのと同時に。
親が子供を置き去りにしてしまったと。
間違っていたと。
正直に声に出して言えた事。
声に出せたのだから、廻りが避難する事無く。
親が親自身の問題に気づける様に。
まずは家族全員を廻りが暖かく見守る環境があって良いと思う。
それに反して廻りが白黒判定を付けるのは、いささかどうなの?と。
そんな事されたら、親御さんの方は、自分自身の問題に向き合うのが怖くなっちゃうからね。
怖くなっちゃうと、それは子供の問題。
はたまた、世の中の問題。
と言う感じで、親が思考のすり替えが始まってしまうと。
またまた、問題がエンドレスに現れる。
私もつい最近まで『こうあるべき!』と。
自衛隊の厳しい父親育ちもあって。
自分の意志を貫いて、ここまで来るのに。
幼い頃に押さえ込んだ、怒りのパワーを使って生きて来た経験があったけど。
メディアでコメントをしたお父さんも、おそらく相当な感情を抑えて育って来た子供だったのだろうと思う。
しかも自分では認識出来ないであろう無意識の中で。
幼い頃に、見たくない、現実放棄をしたい感情があると、その感情にフタをして見ない様にしちゃうからね。
今回の事件がホントに置き去りだったのなら。
お子さんの行動と、お父さんのトラウマ反応が知らずのうちに重なりあって、今回の置き去り事件になってしまったんでしょうね。
(リアルなお父さんの表への声)
『なんでお前は言う事を聞かないんだ!』
(幼少期に押さえ込んだお父さんの心の中にある声)
『俺はお前と同じ年の頃、めちゃくちゃ我慢して来たんだぞ!!お前は我慢しないのがおかしい!!!』
(お子さんの声)
『なんでなの?!僕はあっちの遠くの方まで石が投げれる様になったんだよ!お父さんとお母さんに褒めてもらいたいんだよ、なのにお父さん達の言ってる意味、全然分かんない!!』

こんな感じで書くと、どっちが素直に生きているのか?
分かるんじゃないかと思います。
ちなみに、幼少期に押さえ込んだお父さんの心の中にある声は、実際に声に出して子供に伝えてる訳では無いんじゃないかな。
なんでね。
今回の家族に必要なのは、白黒判定のジャッチメントじゃなくて。
子供も親も、誰も悪くなんて無いんだよって事。
そして、事件が起こしてしまった核家族のみで考える問題でも無いと思う。
周囲の方やメディアを通した廻りの方々が暖かく見守ってくれる事。
家族が安堵出来る場に行く事の。
お手伝いが出来れば良いんじゃないかな〜なんて。
思ったりもする訳です。
そもそもね。
競争社会自体を終わりにした方が良いと思う。
一番二番にこだわるのではなく、ビリだってなんだっていい。
一番二番に親がこだわっていると、それは子供にも伝わるし。
親は気にしてないと言いつつ、子供がビリ取った事で、一瞬の表情を曇らせただけでも。
子供はしっかりと、それを拾うからね。
私も色んな人に日々、お会いする事があるのだけど。
一番二番にこだわる方ほど、なにかしらの圧力を感じる事もある。
本人は、超無意識で、全然気づいてないだろうと思うけど。
私も以前は無意識のうちにやってたから、それがはっきりと分かるのよね。
私の場合は一番二番というより、頑張らなければ!だったけど。

物事を善悪で判断しなくたっていい。
それに囚われ過ぎていると、大事な事が見えなくるし、子供の個性を親の判断で潰す事にも繋がる。
だから、まずは親が自分を振り返る事が出来て。
心底、親も好きな事が出来る環境にしてあげられたらいい。
夫婦や子供って、本人の鏡だって言うしね(笑)
親が楽しそうにしていれば。
子供だって、それにつられて楽しむ事が出来る様になる。
親に『ねばらなない』が強すぎると。
子供にもねばならないの連鎖が繋がってしまう事にもなる。
親が『ねばらなない』を手放す事が出来ると。
こんな事件は確実に無くなっていくと思うんだ。
経済を見ていても、どうやったって、逆立ちしたって無理な状態がずっと続いてる。
今までの競争社会の在り方が、間違ってると言う立派な証明にもなってるし。
結果を出せる人だけが生き残るのではなくて。
結果を出せなくても、居場所がある様な世の中にすればいい。
それには、まずは競争意識を止めて。
もっと大人達が自分自身に自信を持って。
それぞれ、自分のこなせるレベルの事から始められる世の中があっていいと思う。
そして、やりがいのある仕事につけて。
それが叶う社会に変われば、そこに勤める人達も。
もっともっと楽になるだろうし、もっともっと家族と一緒に居られる時間も増えると思う。
親が好きな事を仕事としてやれていれば。
好きな趣味で満喫して、楽しそうにしていれば。
子供に当ってしまう事も無くなると思うんです。
この事件、他人事の様な気がするけど。
置き去りにする、置き去りにしない。
そういう括りで考えるのではなく。
どの家庭にも。
実は、色々と日々の生活に置き換えてみると。
何気に身近な事ではないのかな〜?
と、俯瞰的に思う事件でありました。
イライラMAXの人が不機嫌だったり。
頭を抱えて悩んでたり。
怒りを夫婦でぶつけ合ったり。
やりたきゃやれば良いけど。
そのストレスをまとも食らうのは、子供の方だよ。
子供はしっかりと見てるからね。
今回はたまたま警察や自衛隊、消防の方たちが動いた事で事件になってしまったけど。
実際には悪い人なんて、誰一人として居るはずがありません。
みんな必死ですし、みんな良かれと思っての行動だったと思います。
ただほんの少しだけ、思い込んだ事のスレ違いや。
物事の見方に食い違いがあって、起きてしまっただけ。
根本な部分で言えば、みんな良い人ばかりのはずだと。
私はそう思って。
この事件が見せてくれた事を、自分にも置き換えて考えてみようと。
そして、これからの人生も楽しんでいこうと思いました☆
肩肘張らずに。
感情麻痺も無くして。
自然体で、やりたい事が出来る人生に感謝を込めたいですね。


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です