横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

雰囲気のある間接照明|プランによっては難しい家もある。

 
  2018/12/24
雰囲気のある間接照明|プランによっては難しい家もある。
この記事を書いている人 - WRITER -

自然素材を採用して、リラックス出来る住空間の家に住みたい。
こだわりのあるキッチンを採用したい。
デザインだって、こだわりたい。
そんな家に欠かせないのが間接照明です。
私は常々、クライアント様に申し上げてる言葉があるのですが。
こだわりを持った部分は、ライティングの力で照らしてあげましょう!
これをやるとね。
お気に入りの空間だけに、雰囲気のある照明で照らしてあげると。
自分が選んで採用したモノだから、気分も上がります。
例えば中尾建築工房の新しいトイレ。
私はこの狭いトイレの中に三つの照明を仕込む事にしました。
kansetsu-shoumei-jirei.jpg
こちらはトイレの壁面を照らす為のコーニス照明。
調光器を擤ませておりますので、これは一番絞った感じ。
これ、コーニスを最大に明るくすると。。


kansetsu-shoumei-jirei2.jpg
こうなります。
そして二つ目の間接照明は床に仕込んだ間接照明の光床。
kansetsu-shoumei-jirei3.jpg
これも絞った感じだと、こんな感じ。
これをフルパワーにしますと。
kansetsu-shoumei-jirei4.jpg
こんな感じで、まぁまぁ明るくなります。
そして三つ目の間接照明は、鏡裏に仕込んだ間接照明。
kansetsu-shoumei-jirei5.jpg
これは絞ってみたところ。
kansetsu-shoumei-jirei6.jpg
フルパワーにすると、こんな感じになります。
鏡に仕込む間接照明は、基本的に女性がお化粧直しなどをする事を想定して。
雰囲気のある色温度ではなく、しっかりと鏡が観れる昼白色をお勧めしております。
これをみんな一斉に点灯させると。
kansetsu-shoumei-jirei7.jpg
一つのトイレにここまで照明は要らないけど。
まさに光のシャワー状態になります(笑)
これら三つの間接照明は、どれも私がこだわったモザイクタイル。
またはトイレ本体や床の鉄平石タイルを照らす対象にしています。
ホテルや結婚式場であれば当たり前かもしれませんが、一般的な戸建てにはある程度の無駄もあっていい。
でないと、雰囲気とかもなかなか出ませんからね。
そんな中、私は某プロジェクトの間接照明計画を練っておりました。
kansetsu-shoumei-jirei8.jpg
このプラン、ピンクのマーカー部分にライトを入れる指示書になるのですが。
壁面沿いと階段下に天井コーブを入れようと思いました。
ところが階段を上がれば、いずれ間接照明は関節ではなく。
ダイレクトに当たる、直接照明になってしまう事に。
私の間接照明の定義は、ランプが見えない事。
このリビング階段、いっつも色々と悩むのですが。
さて、どうやったら階段から見えなくなるランプが出来るのか?
これ、また新たに間接照明を作るしかないんですよねぇ・・・
と言う事で、雰囲気のある間接照明。
プランによっては。
私が頭を悩ますプランも。
あったりするって事でした(笑)


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です