横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

葉山町長柄の新築の家プロジェクト|設計&見積もり打ち合わせの巻。

 
  2019/05/03
葉山町長柄の新築の家プロジェクト|設計&見積もり打ち合わせの巻。
この記事を書いている人 - WRITER -

 

自然がいっぱい溢れる葉山に家を建てる!

 

葉山は葉山独特のゆったりとした時間が流れるエリアですので、都内でお仕事をされている方にとっては人気のある町です。

 

その葉山に建てるなら、分譲住宅よりも注文住宅で建てたい。

 

注文住宅を建てるなら、要望はとにかく盛り込みたいでしょうし。

 

価格も抑えられれば、抑えたいかと思います。

 

それには図面や仕様、そして導入予定の設備機器。

 

これらが決まって見積もりが揃っていないと、コストの上げ下げもやりようがありません。

 

となれば、じっくりと時間を掛けて。

 

どこをどうするかって事を、中尾建築工房の場合は決めていきます。

 

そして平日ではありましたけど、葉山町長柄の新築の家プロジェクトの打ち合わせを行いました!

 

午前中は、キッチンの装備について説明を。

 

キッチンも、メーカー様によってはメーカー専用の設備機器商品を揃えておりますので。

 

それが正規品と機能が違ったりする場合もあったりします。

 

見積もり明細を見て「あれ?こっちの方が定価は安いですね」とか。。

 

「こっちは品番の末尾にWOがあるね。」

 

とか(笑)

 

このあたりをしっかり詰めておく事で、後から。。

 

「こんな感じになっちゃうんだ・・・」

 

って事を避けられたりします。

 

私も料理は普通にやりますので。

 

設備面の機能確認とかしてるの、結構面白かったりします(笑)

 

中には「へぇー、こーんな事も出来ちゃうんだー♡」

 

なんて機能も、ちらほら。

 

そしてお昼を挟んで、午後からコストカットのパターン例の説明をさせて頂いたのですが。

 

この日の打ち合わせは、ちょいと嗜好を変えまして。

 

まー、飯でも食べながらやりますかー的なお言葉を。

 

nakao-hasirimizu-aji-ajidon-lanch-time.jpg

 

私が久しぶりに釣って来た、走水のアジを使ったアジ丼。

 

このアジ丼には、中アジを1匹と半分を盛ってあります。

 

大量に乗せた薬味は、大葉、みょうが、しょうが、小葱、卵の黄身にすだちをチョイス。

 

お好きな加減で、醤油をたらしてグチャ混ぜにして召し上がって頂けます☆

 

そしてアジと言ったら、食べたくなるのがアジフライ。

 

nakao-hasirimizu-aji-ajidon-lanch-time2.jpg

 

贅沢にオリーブオイルで揚げてあります。

 

これは醤油でもソースでも、タルタルソースでも。

 

お好きな味付けで、召し上がって頂きました。

 

走水のアジは肉厚だから、アジフライにするとふっくらフワフワの食感を楽しめます。

 

これも、すだちを絞って頂きました。

 

中尾建築工房にお越し頂く方は、コンロなんてあったっけ?

 

と思われる方も、居らっしゃるかと思います。

 

nakao-hasirimizu-aji-ajidon-lanch-time3.jpg

 

アジフライごときなら、こんなカセットコンロで充分です(笑)

 

薪ストーブ用のダッチオーブンで、カリッと揚がります!

 

これを使っていると、本当にこんなお高いIHは要るのかなぁ・・・

 

なんて思ったりもするのですが。。

 

まぁ、そこは満足度と言う事なんでしょうね。

 

nakao-hasirimizu-aji-ajidon-lanch-time4.jpg

 

そして、これは私のイチオシ。

 

アジを捌くと、シッポの方とか頭近くの最初の切り身は。

 

私の場合、なめろうにしてしまいます。

 

叩くだけ叩いたら、味噌は薄味に仕上げておきまして。

 

最後にコチジャンを入れて、調整しながら仕上げます。

 

これはアジが手に入ったら、ぜひ挑戦してみて頂きたいです!

 

お子さんにはちょいと無理かもしれませんが、大人にはとっても受けているアジのコチジャン入りなめろうです。

 

nakao-hasirimizu-aji-ajidon-lanch-time5.jpg

 

この様なランチを召し上がって頂いて、打ち合わせは再開したのですが。

 

当然、こう言った生ゴミも出る訳ですよね。

 

これがあるから、この様な料理を躊躇してしまう女性って多いと思うのです。

 

夏場なら臭いも出るし、燃えるゴミの日までどうしよう・・・

 

的なね。

 

nakao-hasirimizu-aji-ajidon-lanch-time6.jpg

 

そこにディスポーザーが備わっていれば、そのまま粉砕処理してくれちゃいます。

 

卵の殻は、オススメしている訳ではないけど。

 

実際には余裕で、粉砕処理出来ちゃいますよね。

 

nakao-hasirimizu-aji-ajidon-lanch-time7.jpg

 

それにしても、まさかのご飯は持ち込み?(笑)

 

次回、お越し頂く方に頂ける事になりました!

 

その後、打ち合わせは行いまして。

 

ようやく、地盤調査を入れる段階まで到達!

 

nakao-hasirimizu-aji-ajidon-lanch-time8.jpg

 

後は地盤調査の結果により、コストの調整をするかしないか。

 

ので、結果待ちと言う事になります。

 

取り急ぎ、お魚の好きなクライアント様には。

 

私の釣ったアジを、お好きなだけお持ち帰って頂きました。

 

走水のアジは、ブランドアジなので。

 

日本橋や(多分)や、横浜の高島屋さんで売っている高級魚です。

 

手に入ったら、シンプルなお刺身にしても良し。

 

なめろうにしても良し。

 

酢で締めて、締めアジにしても良し。

 

焼き系、煮る系。

 

どちらでも、何にでも美味しく調理が出来る食材ですんで。

 

いろいろとお楽しみ頂ければと思いまーす☆

 

地盤調査、混んでないと良いんだけどな・・・

 


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です