横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

オリジナルデザインの建具製作|建具職人に頼まず施主施工で出来るのか?!

 
オリジナルデザインの建具製作|建具職人に頼まず施主施工で出来るのか?!
この記事を書いている人 - WRITER -

本物の無垢の建具を、自分の家に付けれたら良いなぁ。。
でも、高いんだろうなぁ・・・
規格化されたメーカー製の、木製建具でも良いのだろうけど・・
やっぱりオリジナルなモノが作れるなら、オーダーで頼んでみたい。
無垢の木や自然素材が好きな方なら、おそらくこう言った思いはあるかと思います。
ましてや中尾建築工房の訪れてる方は、注文住宅で建てる訳ですから。
その要望は、千差万別でありまして。
そして、予算のある無しによって。
リビングだけは、貼りモノや。
突き板仕上げの無垢っぽいドアを、選択されたりする事も多いです。
これは全て、工務店側にお任せで作る場合のお話。
では。
施主施工で、建具を製作するならどうなのでしょうか?
「施主が建具なんて、本当に造れるの?!」
って言われる方が、ほとんどだと思うのですが。。
こちらの画像をご覧くださいませ。
zushishi-hisagi-muku-tategu-seisaku-seshu-sekou.jpg
この家は中尾建築工房で建てた、葉山町に建つOBオーナー様宅です。
こちらの家は無垢材や自然素材に、誰よりもこだわりを持っていた方がオーナーです。
限られた予算の中で、どうやったら無垢材だけで家が建つのか?!
そして出した結果とは。
青森ヒバの材料代は掛かるけど。
「建具の製作を、自分でやったら安くなるじゃん」
この私の一言を、実際に実践してしまったんですね。
この青森ヒバのドアや引き戸は、基本的に框戸で製作をしています。
框戸の中に入った板も、野地板と言われる最低グレードの板をご自身で削られまして。
仕上げ加工も、実加工(さねかこう)も、いずれもご自身で行いまして。
施主が組み上げ、施主が吊り込み調整すると言う。
まさに施主施工で、建具の製作を行ったお宅でございます。
まぁ、私も基礎からお教えさせて頂きましたが、
後にも先にも、この人を超える人は居ないであろうと思ってましたけどね。
下記の画像にある様に、古材を購入するのも良いのでしょうが。


zushishi-hisagi-muku-tategu-seisaku-seshu-sekou2.jpg
見た目が良さげな建具になると、そりゃまたお値段もそこそこする訳で。
古材建具の場合、外人さん専用に貸していた古家で無い限り。
高さは五尺七寸、五尺八寸、良いとこ六尺の高さになってしまいます。
いわゆる昔の日本人サイズって事になります。
そんなんだったら。
自分で製作してしまった方が、良いんじゃ無いか?!
と思ったりもするんですよね・・
そんな提案をさせて頂いた訳なのですが。
逗子の家のクライアント様のリアクションは。。
「やりますっ!」
来た(笑)
んじゃまず。
リビング入口の片引き建具を、青森ヒバの建具材があるから。
「一枚分だけなら、分けてあげるので作ってみれば?!」
「ありがとうございますっ!!」
と言う事で。
出来るなら建具の全てを、ご自身で製作してもらう方向になりました。
まぁ私自身は元大工って事なので、建具屋さんでは無いのだけど。
zushishi-hisagi-muku-tategu-seisaku-seshu-sekou3.jpg
こんな玄関ドアを製作してしまう訳ですし。
これなんかは、私のアイディアを建具屋さんにも説明して。
家具屋さんにも声掛けして。
うちの棟梁たちにも、相談したのだけど。。
誰一人、やりたがらない(笑)
ドアの組み方を、やった事の無い方法で製作するからなんですよね。
でも私的には、こんなイメージのドアが作りたかったから。
だったら自分でやっちゃうか?!
で、製作してしまった訳です。
つまり。
やれば出来るっ!
成せば、成るっ!!
この精神があれば、ノープロブレムな訳です(笑)
と言う事で。
まずはオリジナルデザインの建具製作
果たして、建具職人に頼まず施主施工で出来るのか?!
クライアント様は、施主様になるのですが。
こと施主施工を行う事に関しては。
中尾建築工房に、弟子入りして頂く事になりまーす☆
なんだかここまでやる方も久しぶりだな・・
杉さん以来の施主施工だから、ちょっと私も楽しみかも。。

さてと早速、建具の材料を探すとすっか。。


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です