横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横浜市港南台|注文住宅の家を打ち合わせ中!

 
横浜市港南台|注文住宅の家を打ち合わせ中!
この記事を書いている人 - WRITER -

注文住宅と言っても、様々な家があります。
良く一般的に建てられている建物のサイズは延べ床面積で30〜33坪位が一般的でしょうか。。
その中にオーナー独特のこだわりなどを詰め込んで、時には必要の無いモノを削除していって、理想の家を建てて行きます。
でも注文住宅の場合は建て売り住宅の様に坪辺りいくらって数字が簡単には出て来ません。
でも予算が分からなければ、そう簡単には建てられないのも事実。
それを理解して頂きつつも、分かりやすい様に。
さらにコストダウンもしやすい様にする為には。。。
本日、打ち合わせをさせて頂いた横浜市港南台の邸宅の場合、これだけの厚みを持つ図面の枚数となってしまいましたー!
yokohamashi-kounandai-ie.jpg


あるな〜、厚みから見るだけでも半端内枚数です・・・
これ、全てに色々と書き込みをした図面となります。
枚数は数えてないですけど、結構いっぱいありますよね(笑)
今日は港南台のお宅の打ち合わせがかなり時間を要すと分かっておりましたので、ご相談依頼を2件ほど頂きましたが、お断りをさせて頂きました。
そしてがっつりと打ち合わせをした所要時間、7時間(笑)
一般的な打ち合わせ時間って、全国平均ですと2時間程度で長い方なんだそうです。
でも2時間を何回かやるよりは、濃ゆい7時間の後に選択する事、選択しない事を決めた方が確実に効率が良くなり、オーナー様の時間も無駄にはなりません。
せっかくのお休みの中、打ち合わせにきて頂いている訳ですから、その辺りの無駄だけは少なからず省けたらなって、こうしてがっつりと打ち合わせをする事も多いんですね。
今日は図面が出来て、初めての見積もり打ち合わせを行ないましたが。。。
正直言って、私も見積もりをしながら『えぇ〜!!』とか『あ〜っ!!』とか、連発しながら積算業務を行ないました。
理想を詰め込んだ所から、金額と照らし合わせながらのコストダウンの始まりです!
さてさて、どの様な方向に進んで行くのでしょうか。。。。。(笑)
私もこの邸宅に関しては、あまりにも複雑だったのでびっくりしながら積算してました。
そして大声で叫ぶ時もありつつ、なんとか今日の朝に拾い出しを終えたのですが。。。
今日はなんだか大仕事を終えた感たっぷりなので、良く眠れそうです(笑)

いや〜、それにしてもこの家は半端無いですねぇ。。
すべてを拾い上げた私の感想、ぶっちゃた話ドリームハウスを呼んだ方が良い様な気がします・・・

と、こんな週末打ち合わせでしたが、打ち合わせを終えたわんこハウス Nさん。
お休みの中、がっぷり四つの打ち合わせおつかれさまでしたー☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. わんこハウス N より:

    中尾さん、西井さん、ほんとに長い時間お疲れ様でした。
    そして、打ち合わせをしたかった、施主のみなさんごめんなさい。
    帰宅する車の中で時間をみてびっくりしてしまいました。
    おかげさまで、いろんな意味で現実感たっぷりの今朝の目覚めでした。
    中尾さんが厚~い資料を作成して、目をしょぼつかせながら、頑張ってくれたおかげで、素人の私たちでも説明が理解しやすかったです。
    費用は高いよう~と言われていたので、自分たちが予想していたのよりは、ちょっとだけ低かった???。。。のわけないけど、もちろん言いたい放題の要望だったので、どこをなくして、削って、でもこれは。。。と中身の濃い打ち合わせができたと思います。
    おかげさまで、自分たちに何が大事なのか、いらないのか、現実に考えることができてきました。
    まだまだいろいろありますが、お付き合いお願いします。

  2. 中尾建築工房 より:

    わんこハウスNさん☆
    現実感たっぷりって、良いのか悪いのか分からないって感じですかね・・・
    私があのような資料を造る様になったのは、建築って分かりにくいからなのです。
    ちょっとでも理解しやすい様に、そして職人さんたちにもきちんとした仕事が出来る様に考えたのが、あの資料の作成方法でした。
    でも取り急ぎはデザインも徐々に変わって来ましたので、なんとか家としての機能が果たせそうですね!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です