横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

葉山町一色|葉山の家お引渡し☆

 
  2018/12/30
葉山町一色|葉山の家お引渡し☆
この記事を書いている人 - WRITER -

2018年4月7日の大安に、葉山町一色に建つ葉山の家をお引渡しさせて頂きました!
hayama-isshiki-s-hayamaie-ohikiwatashi.jpg
この日は前日から、関東は大時化。
あ。
失礼しました。
関東は強風が吹き荒れると言う、どちらかと言うと悪天候でもありました。
少なくともこの爆風は、明日の火曜日に少しだけ落ち着きまして。
今週も、まぁまぁ繰り返し吹く予報です。
お出かけになられる方がいらっしゃいましたら、お気をつけてくださいませ。
この様に悪天候なんて書くと、ネガティブなイメージになってしまうと思うのですが。
実はその反対でして。
これだけの爆風が吹いていても。
「家の中、これだけ静かなんだー!」
と気づくきっかけにも、なったりするんですね。
実際に葉山の家に着く前、港に行きましたら。
風がブワブワ、吹きさらしておりました(笑)
用も無いのに、なぜか港に足が向きます。。
さて、外観はソリッドブラックの葉山の家ですが。
玄関ドアを開けると。


hayama-isshiki-s-hayamaie-ohikiwatashi2.jpg
ご覧の様に、広ーい土間がありまして。
玄関と言うよりは、THE・土間!!
と言った方が間違い無いのかもしれません(笑)
敷地面積の都合だったり、建物の大きさの要望だったり。
どのご家庭でも、いろんな制限があると思いますが。
やはり子育て世代の家にとって、土間が広い!
これはとっても、大きなメリットがあると思います。
何より収納も出来るのですが。
そこに、置いておく事が出来る!
しかも頻繁に使う。
お子さんが小さい場合は、ベビーカーなども楽チンですよね。
子供たちの遊び道具や汚れ物などなど。
ありとあらゆるモノを気軽に置ける土間。
これが現代の土間人気の理由だと思います。
hayama-isshiki-s-hayamaie-ohikiwatashi3.jpg
リビング側から見る土間。
これだけの面積はなかなか取れないのですが。。
葉山の家では、ゆったりと土間が存在しております。
hayama-isshiki-s-hayamaie-ohikiwatashi4.jpg
そしてシューズクローゼットも、土間続きにございます。
コート掛けなどは、レインコートや上着など。
ここで脱いでくれれば、かさばる上着がソファーに置かれてしまうとか。
そういった事もございませんですね(笑)
hayama-isshiki-s-hayamaie-ohikiwatashi5.jpg
そしてシンプルに造り上げた、オールステンレスキッチン。
こちらはどちらのキッチンメーカーさんかと言えば。
はい、中尾建築工房オリジナルで製作させて頂きました!
hayama-isshiki-s-hayamaie-ohikiwatashi6.jpg
この様に、ダイニング側からも収納になりまして。
hayama-isshiki-s-hayamaie-ohikiwatashi7.jpg
キッチン側は食洗機や、その他収納になっております。
コンロもIHなので、お掃除の負担も極力少ないのが良いですね。
さぁ、このキッチンで。
どの様なお料理が登場するのでしょうか!
と、敢えてブログからプレッシャーを掛けてみる(笑)
hayama-isshiki-s-hayamaie-ohikiwatashi8.jpg
そして2Fに上がりまして、固定階段で動線を作ったロフトへの入り口。
そこにはご主人様ご愛用の懸垂バー(笑)
hayama-isshiki-s-hayamaie-ohikiwatashi9.jpg
早速、実用して頂きましたら。
ご主人、さっすが!!
造った甲斐があるってもんです(笑)
筋トレやらないご家族なら、こんな造作は必要の無いモノなのかもしれません。
でも自分にとって、これは必要!
人それぞれ、必要なモノは違うのだけど。
これが、家を建てると言う事の醍醐味なのかもしれませんね。
こうして無事、引渡しを終えた葉山の家。
帰り間際に、こーんな事を。
「あれ、もしかしてもう来ないんですか?」
「完成したから、何か無い限りは2年後の点検時に来るぐらいです」
「なんだか寂しくなりますねー」

これ、良く言われる事が多いのですが・・・
私たちから言わせればですよ。。
完成したのに、いつまでも施工業者が居たら。。
普通におかしい話だと思います(笑)
でも設計中や建築中って言うのは、楽しいのだと思います。
自分たちのリクエストしたこだわりが、どんどん形になって行きますし。
そして完成を迎える訳ですからね。
と言う事で、葉山の家のお引渡しは完了!
オーナーになるご夫婦には、喜んで頂けたのでしょーか?!
hayama-isshiki-s-hayamaie-ohikiwatashi10.jpg
なぜか私と二人で、こんな事をやってるくらいですから。。
喜んで頂けたのではないかと思います!
葉山が地元のご夫婦が建てた葉山の家。
竣工、おめでとーございまーす☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です