横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横須賀市浦郷|平屋の家上棟☆

 
横須賀市浦郷|平屋の家上棟☆
この記事を書いている人 - WRITER -

2011年11月3日の建築吉日に横須賀市浦郷にて『バリタイム pelan pelan』のすぐお隣に平屋の家が上棟を果たしましたー☆
家と言えば2F建てが主流で、土地が狭ければ3F建てになってしまう事が多いですよね。
でも昔は今と違って土地の単価も高く無かったですし、土地も広かった。。
そうするとわざわざ階段を付ける2F建てにしなくても、平屋の家で充分だった訳なのです。
だから昔は平屋の家が良く建っていましたし、私も幼い頃には自分の家が平屋の6畳間借だった事を良く覚えています。
そして土地も高い現代に、まさに贅沢な平屋!!
中尾建築工房としては、初めて建てる平屋の家が横須賀市にて上棟を果たしました!!
yokosukashi-uragou-hirayajyoutou.jpg
オーナー様と設計担当の武藤がこだわった登梁も、きちんと据え付けられております!


この平屋の家は高台に建ち上がった訳ですが、1Fからでも景色が良く、海も見えちゃったりします。
潮の香りもしますし、室内はホワイトアッシュの無垢床と、珪藻土を塗り上げる快適な調湿空間。
オーナーのO様は『仕事場にでもしようかなと思って。。』という、なんとも贅沢な事を言われていましたが。。。
いや〜、ここで仕事するのは、まったりとしちゃってはかどらないって思うんですけどねぇ•••
上棟工事だけは『バリタイム pelan pelan』の方が2日ほど早く上棟しました。
でも実際に土地を購入されたのは平屋の家のオーナー様。
O様は以前に湘南鷹取に建てている中尾建築工房の建築現場を見て『なかなか良い構造で建てているなぁ。。』と思われたんだそうです!
その家を見て、当初はリフォームの相談を頂いたのですが、土地に建っていた家を見て『ちょっとリフォームだと無駄なお金の掛け方になっちゃうかな•••』とのアドバイスから、平屋の新築となった訳です。
そしてO様が購入された土地の隣にも同じ様な土地が空いてまして、pelan pelan☆家のみなさんに『ここ売ってるみたいですよー』と言う一言から、同じ宅盤で二棟の中尾建築工房の家が上棟した訳です(笑)
道が若干狭いって事もあり、コンクリートを現地まで送るにも1棟よりは2棟の方が無駄になりません。
そんなメリットも含めての、スタートです!
なんだか漫画みたいな話の様な気がしますが、実際にあるんですよねぇ。。
私のひょんな一言から、実際に実現しちゃいましたもんね。。
これだから世の中って面白いんです(笑)

さて現地は平屋だけに、組み上げるスピードも速いんです!
『まだ組み上がってないかな〜』って時間に。。
屋根の下地も貼り終わって、本筋交いまでも入ってる?!
yokosukashi-uragou-hirayajyoutou2.jpg
あら、ホントに筋交いまでも全部入っちゃっているのね•••
岩渕棟梁、速いっすねぇ•••

それにしても現場ではあっちこっちで『あ〜でもねぇ、こ〜でもねぇ、おめーそこ五厘違うんだからよー』なんて声が罵声の如く飛んでいます(笑)
まぁ、上棟の時って親方同士が手伝いに来ますから、親方同士で考え方も違うんですよね。
でも完成はみんな同じく造るんですけど、ここがやっぱりそれぞれの親方なりの仕事って感じです。
私も大工の棟梁をしていた頃は、とにかく仕事の進め方にはうるさかったですからねー
弟弟子達にも『そんなんじゃ駄目だから、こーやってやるんだよ!!』なんて罵声を上げていた事を思い出します。
そんな私の話はおいておいて、無事に上棟したへいごしも取り付けられました!
yokosukashi-uragou-hirayajyoutou3.jpg
現在着工中のオーナー様のなかで『へいごし』を『へいそく』って言ってらっしゃる方が居たなぁ。。
あえてコメントしませんでしたが、一応わかりやすくひらがなで書かせて頂きました(笑)

こうして二日遅れの上棟になった平屋の家。
これから工事がどんどん進んで行きますので、年末の冬に向けてかなり進行するかと思います!
オーナーであるO様が楽しみにしていた完成にいよいよ近づいて来ましたね!
O様、上棟おめでとうございまーす☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. コッコロ より:

    幣束(へいそく)じゃなくて幣串(へいごし)なんですね!
    全く何もわからなかったので、ネットで検索して「幣束かな~」と思っていたの
    ですが、これでスッキリしました。
    平屋のお家、ぜいたくで素敵ですね♪

  2. 中尾建築工房 より:

    コッコロさん☆
    です(笑)
    平屋の家、良いですよねぇ。。
    私も憧れて賃貸の平屋に住んでいましたけど、実際に平屋を建てられるかって言うと。。。
    なにぶん力不足ですみませんって感じになっちゃいます・・
    中尾建築工房初の平屋の家、上棟おめでとうございまーすって感じです!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です