横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

とうちゃん頑張るっ!vol2|無垢板テーブルをLowcostで造る☆

 
とうちゃん頑張るっ!vol2|無垢板テーブルをLowcostで造る☆
この記事を書いている人 - WRITER -

雨です。
三時の休憩と共に、貯めていた画像の記事を更新してみよう!
珈琲を頂きながら、前回に続いて『とうちゃん頑張るっ!』シリーズです。
ではどうぞ〜
IMG_4719.jpg
この板はシューさんがダイニングテーブルにする為に、600センチ巾の杉無垢板材2枚を接ぎ合わせて一枚に削り合わせている無垢板です。
普通だったら『素人に出来るの〜?!』なんて事を言われます。
でもシューさんだって、日曜大工経験がある訳ではありません。
むしろ今回の家造りが始まって、初めての日曜大工なのです。
ただ私たちも出来る限りは『大工さんに任せてくださいね』と言っています。
でも限られた予算の中であれもこれもと言えば。。


ここはやっぱり頑張るしか無い訳なんですね(笑)
でもこの仕上がりなら文句無しの状態ではないでしょうか?
ここまで接ぎ合わせの精度が高ければ、シューさんも大満足ではないでしょうか☆
IMG_4720.jpg
どうでしょう?
継ぎ目を見て頂いて、接ぎ合わせているのが分かるでしょうか?
これプロが作成したのでは無いですからね。
あくまでも日曜大工を始めたばかりの方が、一生懸命に造っています。
この他、シューさんはリビングテーブルも余り材で削っています。
ここまでの工程では約1日半くらいの工程。
後は仕上げにキレイに削ってあげて、塗料を塗って、高さ調整可能なテーブルの脚を付ければ。。
オリジナル無垢板テーブルの出来上がりです!
まぁ一言で『その予算では出来ません』って言うのは、簡単なんですね。
でも限られた予算を有効に使ってあげたいと言う想いから、こんな事も行う様になりました。
日曜大工は電動工具も触ったりしますので、大変危険です。
私も指導する立場として、かなりうるさく注意をします。
でもその経過を一生懸命に行えばこそ、きっと満足感と達成感のある家造りが出来るのではないかと私は思います。
そんな訳でシューさん。
板はそろそろ終わりますが、これからが本番始まります(笑)
さらに、さら〜に仕事の鬼が先生ですから、覚悟して望んで頂きたい!!
それにしても板は私が見てもまぁまぁの仕上がり。
やっぱり先生が良いんだな(笑)

このブログの更新状況をお知りになりたい方!
パソコンからの方はこちらのサイドメニューにある『新着記事をメールで配信する』からお申し込みが可能♪
携帯からの方はこちらの『新着記事をメールで配信する』からメールアドレスを登録出来ますよ〜☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. シュー より:

    いただきました、『まぁまぁですね』。
    先生が様子を見に来られて何度も言っていただくこの言葉、
    『まぁまぁ』の幅を気にしてドキドキし、また『まぁまぁ』の奥行きを感じて温かさに感謝しております。
    板は先が見えてきましたので、いよいよ壁に向かいます。
    『まぁまぁ』の仕上がり目指してがんばります。

  2. 中尾建築工房 より:

    シューさん☆
    わたしの『まぁまぁ』はそんなに重たいですか(笑)
    でもまだやさしい方だと思いますよ〜
    昨日から現場に入られている様ですね。
    高橋はあの様にほわ〜っとした感じで教えてくれると思います。
    でも私の場合、ふつ〜に『喝!』を入れますので(笑)
    板と壁。
    共にがんばってくださいませ〜☆

  3. すぎ より:

    すばらしい!!
    あれ、チョウチョがいないよ。
    裏?
    ちょうちょ無しでもつくれるの?

  4. 中尾建築工房 より:

    すぎさん☆
    うん、ちょうちょ居ないの・・
    だってそこまでやったら日曜大工のレベルじゃなくなっちゃいますからねぇ・・
    でもすぎさんがやるって言うなら、私はっきり言いますよ。。
    『そこ、きちんと埋めなきゃ職人の仕事じゃないでしょ!!』って(笑)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です