横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

オーナーの夢に追いつけ追い越せな設計事務所+工務店!

 
  2018/12/30
オーナーの夢に追いつけ追い越せな設計事務所+工務店!
この記事を書いている人 - WRITER -

と言う事で、私的には結構ついて行けてる方だと思います。
でも、中には半端無いくらい、パワーを持ったオーナー様もいらっしゃいます。
注文住宅を新築で建てたり、リフォームやリノベーションで古家やマンションを蘇らせたりするプランニングは、オーナーにとっては、とても楽しいイベントだと思います。
だって打ち合わせた通りにリアルサイズで形になって行く訳ですからね。
設計中などは担当の設計がそれぞれ打ち合わせをしていますが、見積もり打ち合わせや照明に設備などの打ち合わせになると、まぁまぁ私の登場する率が高いんです。
んで、プランも決まって仕様などの打ち合わせを終えて、たいていの方は『んじゃ、こんな感じでお願いしま〜す』とおっしゃって頂けます。
でも中にはまれに、ものすごーーーいパワーを持った。。
特に最近では男性ではなくて、女性のパワーに引きずられそうな時が若干あったりします。。
今日は葉山に建つオーナーの照明を確認しながら、プレゼンの修正をしておりました。
このお宅は照明器具がほぼ施主支給なので、特にプレゼンを造らなくても良いのです。
でも、プレゼンが無い状態だと現場が始まってから電気設備の職人さんが困ってしまうのです。
『施主支給は良いんだけど、どんな器具がつくの?!モノが分からないと下地も変わるしさー』と言う事になってしまうんですね。
そのため、中尾建築工房では、施主支給だけども『こんな器具がつくよ〜』みたいな器具リストを必ず造ります。
でも、これって結構手間ひまが掛かるんですよね。。
KIMG1884.jpg


実際にプレゼンを造っている時は、こんな感じで造っています。
キャドソフトにイラストレーター、フォトショップに器具画像をダウンロードする為のブラウザなどなどいっぱいのアプリケーションを同時に立ち上げて、プレゼンを造りながらも照度や輝度なども確認しています。
そして今日はそのプレゼンを造りながら、なんだか私に殺気が漂いました。

『もしかして、まだこれ以外にも来るな・・・』

これ、例えて言うならガンダムのアムロかララァって感じですかね・・・
オーナーからの再度の変更メールが来る殺気を感じたのです。。
と言う事は、私はある意味ニュータイプかもしれない(笑)

なので、オーナーには先にメールで『とりあえず変更はここまでね、後は出来上がった資料を良く見てもらって、変更する部分があったら上棟後の電気立ち会いの時にしてください』と促しました。
でないと資料がいつまでたっても出来ないし、着工しても工事を止めざる得なくなってしまうからなのです。
そんな説明をしたら、ちょこっとだけ理解してくれたみたいなので、少々安心をしました。
まぁ、家造りは結構楽しいし、直前になってドタバタするのも分かるんです。
でもきちんとした資料があってからこその変更であれば、まだ間に合います。
でも、建築確認が降りて、せっかく着工出来るのに図面や仕様書、プレゼンが出来上がっていないと現場が動かせません。
と言う事で家造りの本番はこれからです。
まずは一旦停止してもらって、資料とにらめっこしてから出来る範囲で変更していきましょーって感じです!
にしても、最近多くの方に言われるんです。
『中尾さん、筆まめだよねー』って。
『筆まめってなに?』って聞いたら、ブログとかフェイスブックとかぁ〜って言われました。
ブログはたしかに私だけでやっています。
でもフェイスブックはスタッフで手分けしてやっているんですね。

でもブログは確かに最近、多くの更新をしています。
実は理由がありまして、夜が案外暇なんです。
先月から嫁さんと子供が嫁さんの実家に帰省をしておりまして、しばらくは帰ってこないのです。
事情は知っている方なら知っている、恒例の行事みたいなモノです。
くれぐれも誤解をして頂かない様に言いますが、喧嘩とかの類いではありませんから(笑)
そんな理由がありまして、ぼけっとしているのも何なので、ブログの更新を続けているんです。
でも毎日更新していると、さすがにネタが無くなってくるんですよねぇ・・
ネタが無いと、なんにも書けないですもんねぇ・・

でもOさんからの変更メールは、しばらく要らないですからね(笑)
と、葉山のオーナーの話に戻った所で、今日は更新終了!
明日は上棟のブログになりまーす☆
明日は本気で晴れ男パワーを炸裂させたいと思います!!


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です