横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

湘南・横浜|師走の設計事務所+工務店メンテナンス廻り

 
  2018/09/27
湘南・横浜|師走の設計事務所+工務店メンテナンス廻り
この記事を書いている人 - WRITER -

師走に入ると、時間に余裕を持てない部分もありますよね。
中尾建築工房で建てている家は、完全なる注文住宅ですので、日々様々な要望に応えています。
それだけに、色んなメンテの方法があったりしますので、ちょこちょこ日頃の業務を抜け出して、私が直接メンテ行ってしまったりしています。
だって私自身が大工の棟梁でしたと言うか、今でも誰にも負けない精神有り有りですんで、突発的に伺える時間があったりすると、なるべく早くに行ってあげたい。
なので、気の知れたオーナー様宅であり、かつ外部廻りのメンテであれば、特にオーナー様の予定も損なわずに突発的に行けそうな時間を見計らって伺ったりします。
今日はその突発的に行ける案件のめんそーれ葉山に朝一番で伺い、トラップを再度仕掛けてきました。
また、タイミングが悪いと言うか、オーナー様が車で出動した時に私が到着した感じ。。
クラクションは鳴らしたけれども、車は停まらず・・
なので他現場の時間もありますので、さっそく二連梯子を延ばして作業に取りかかりました!
hayama-mente.jpg


最近になってブログをご覧になっている方には、良く分からない事でしょう。
そんな方はこちらをご覧頂ければと思います。
そしてすかさず二連梯子の設置を終えて、追加のトラップを仕掛けておきました!
この後は事務所に戻って、薪割り希望のオーナー様の薪割りを見守りつつ、お昼過ぎからのメンテに伺い、15時には横浜市は保土ヶ谷区のオーナー様宅へと伺いました。
こちらでは建具の建付けを見て、速攻で調整終了!
無垢床材のそりに関しては、家自体の断熱性が高いため起きるであろう現象でしたので、その場では補修せず、一年を通して様子を見る話にしておきました。
偽物ではなく本物の無垢の木を使ってますので、暖かい季節や寒い季節、湿気のある無しや室温の変化で木も動くんです。
だからすぐさまその場しのぎで手を打つのではなく、時間を掛けて木の反応を見てみたりするんです。

hodogaya-mente.jpg>
親子でサンタさんからのクリスマスプレゼントの話でもしてるのでしょうか(笑)
んで、他着工中の現場も見て回りました。
でも良く考えたら、今日はクリスマスイブなんですよね。
私も例に漏れない事なのですが、小さいお子さんを持つお父さんお母さんにとっては、今日はとても大変な日だと思います。

多分今日はあんまりブログやフェイスブックをご覧になる方も少ないかと思います(笑)

なので日付が変わるにはまだ早い時間ですが。。
私も普通のお父さんになって、中尾サンタになりたいかと思います!

いやー、今日もよく廻ったもんですねー
どのお宅にも、やさしいサンタさんが来てくれる事を祈ってますよ〜☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です