横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

極塗り!補講のお知らせ

 
極塗り!補講のお知らせ
この記事を書いている人 - WRITER -

これはガッツの問題なのか、思い入れの問題なのかは微妙なのですが。。
前回、極塗りと題しまして、珪藻土の施主施行をサポートする為の講習会を鎌倉市にて執り行わせて頂きました。
中尾建築工房と言えば、多分昨今で流行っている漆喰や珪藻土の施主施行を推進する設計事務所であり、工務店でもあります。
こういった勧めをする上でも、かなり積み重ねたモノがありますので、施主施行のサポートに関しては、かなりの自信と自負がある訳なんです。
当然の話ではありますが、楽チンな壁塗りなんてモノは存在しません。
しんどいの繰り返しの中から、先が見えたり、テクニックが上達する事によって喜びに代わるオーナー様も結構な人数で出てくる様になりました。
でもね、ちょっと鎌倉で行った作業を見た上で、不安なご家庭を見つける事が出来ました。。
yokosukshi-nagasawa-keisoudo-hoshuu.jpg
今回、その補講の対象となるお宅はこちらになります!


こちらのお宅は横須賀市長沢の着工中現場になるのですが、ちょっと施主施行の漆喰や珪藻土塗りをする上で、若干の不安が残る家なんです。
なので、これは強制的に補講の対象になりますよね••
人の家での講習は、まだ楽だった。
でもね。。
自分の家での講習となったら。。
私の職人的感性がビックウェーブとなって、押し寄せる事となるでしょうから。。
今のうちから、手伝って頂ける方のリストアップをされた方が良いかと思います!
では、当日は超sな私をお披露目させて頂くべく、講習に望んで頂きましょうかね!

まぁ〜、今のうちに洗礼を喰らった方がいいかもね〜(笑)


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. まゆぞー より:

    ぎょぎょぎょ!もう今でも十分Sじゃないですか!!
    気合いを入れ直し、精進いたします。
    恐い。。。

  2. 中尾建築工房 より:

    まゆぞーさん☆
    ん、今でも充分?!
    いいですか、職人たるもの一に精進、二に精進。
    三、四が努力で五に職人となれる訳なんですからねぇ・・・
    まぁ、頑張って(笑)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です