横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

2017年〜2018年、中尾建築工房のお正月休みのご連絡です。

 
2017年〜2018年、中尾建築工房のお正月休みのご連絡です。
この記事を書いている人 - WRITER -

2017年〜2018年、中尾建築工房のお正月休みのご連絡です。
12月30日〜1月8日まで
12月29日は大掃除をするため、新規ご相談や設計打ち合わせなどは行いません。
七草はしっかり休んで。
8日はスタッフと鎌倉の鶴岡八幡宮さんにお参りをして、ご祈祷後に新年会をする毎年恒例の流れになります。
大変ご迷惑をおかけしますが、新年の設計打ち合わせや新規のご相談は1月の9日からになります。
今年は割と年明けがバタバタと案件が入りまして。
後半になるにしたがって、ちょいとゆっくり出来たかな。。
そんな印象だったのですが。
やっぱりゆっくりとは、いかないものなんですね。
逗子市桜山に建つ、湘南モデルハウス。
この建物の確認申請を行うつもりではいるものの。
指定確認検査機関の事前打ち合わせを何度も行ったり。
指定確認検査機関の中でも。
かなりの技術力を持ったところにお願いをしているのですが。
そこですら。


木造の一戸建てで。。
ここまでの大規模建築物では、上階延焼の防火や耐火の仕様について。
簡単には、決済出来ないモノだから。。
1週間待ってと言われて。。
1週間後に結果が出ない(笑)
なんでかって言うと。
今までで、事例が無いのだそうです・・・
やっぱ本気出したから、やり過ぎてしまったか・・・
本当だったら、息子とクリスマス休暇を取れる予定だったのですが。
さすがに余裕が無くて、息子と遊ぶのは年が明けた2〜5日の間にしてもらったくらいです。
でも、なんとか年内には確認申請を出したいと思っております!
と言う事で、中尾建築工房のお正月休みのご連絡でした☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です