横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

2018年中尾建築工房始動☆

 
2018年中尾建築工房始動☆
この記事を書いている人 - WRITER -

2018年、新年明けましておめでとうございます☆
本日より中尾建築工房が動き出しました!
今年は1月8日(月)の成人式の日に、毎年恒例の鶴岡八幡宮へ行きまして。
kamakura-hachimanguu-2018.jpg
恒例の参拝とご祈祷を受けに行ってまいりました。
この日の八幡宮では、成人祭も行われていた様ですが。。
あんまり、晴れ着を着た女子を拝見する事はありませんでした。
男子は人っ子一人も居なかったんじゃないかな・・・
ここ八幡宮には、毎年訪れておりまして。
参拝させて頂いたり。
ご祈祷を受けて頂いたりしております。
どうしても師走に入りますと、割と忙しいせいか。
新年のお札も、この日に頂いたりしてしまうんですよね。。
ダメなのは分かってるけど、なかなか時間がつくれない・・・
今年こそは12月中に、神棚の清掃やお札の交換は済ませておきたいモノですね!
そして石段を登り、本宮へ。
本宮は国の重要文化財に指定されている宮でして。
木造の建築物としては、すんばらしいクオリティだと思います。


kamakura-hachimanguu-2018-2.jpg
鶴岡八幡宮と言えば、鳩とのつながりが深いのですが。
ここでも鳩との関連性が、分かる画像になっております。
文字と絵で、鳩が表されておりますね!
どこか探してみると、面白いかもしれませんよー。
とここでは、静か目に二礼二拍手一礼。
今年はさほど混雑は無く、参拝もご祈祷も空いておりました。
おかげさまで、順番待ちもさほど無く。
待ち時間は30分も無かったのではないでしょうか。
混雑する時などは、ご祈祷は二時間待ちとかありましたからね。
ご祈祷の待合は、素通しになっておりますので。
ホットカーペットが敷かれた場所をゲット出来ないと。。
まー間違いなく風邪を引く。
それくらい、寒い中でのご祈祷です(笑)
kamakura-hachimanguu-2018-3.jpg
ご祈祷が終わりますと、源氏池前の休憩所で甘酒を頂いたりするのですが。
私は甘酒自体が苦手でして。
なのだけど、ここの甘酒はスッと飲めてしまうんですね。
個人的にはとっても美味しい甘酒だと思います!
で。
源氏池には鳥がたくさん居るのですが。
鶴岡八幡宮と言えば、鳩をイメージされる方が多いと思うのです。
でも最近では、なぜか鳩よりゆりかもめの軍団が・・・
kamakura-hachimanguu-2018-4.jpg
これ、ゆりかもめの軍団です(笑)
たまたま、私も外にいまして。
上空に居た、2匹のトンビを見つけた瞬間。
ゆりかもめ軍団は画像に収めた様に、一斉に集団となって飛び立ちました。
固まる事で、トンビを追い払うつもりだったんでしょうね。
それにしても元々、八幡宮に居着いていた鳩は。。
かわいそうに、尻込みする様な感じでございました。
ゆりかもめの「餌くれっ!」アピール、半端無いです。。
と言う事で新年も明けまして。
本日から中尾建築工房も始動を開始いたしました。
本年もお付合いくださいます様、よろしくお願いしまーす☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です