横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

逗子市桜山|プライムアベニュー逗子海岸Ⅲ№9区画プロジェクトスタート☆

 
逗子市桜山|プライムアベニュー逗子海岸Ⅲ№9区画プロジェクトスタート☆
この記事を書いている人 - WRITER -

前回は逗子市桜山の分譲地であるプライムアベニュー逗子海岸Ⅲ
№4、5区画プロジェクトをご紹介させて頂きましたが、今回は別の区画になる№9区画になります。
細長い敷地の区画になるのですが、それはそれでどうこう無い。
こちらの敷地は前回の№4、5区画に比べて、おそらく海の見え方的には厳しい部分があるのかなって思う土地でした。
まぁ、四の五の言っても仕方がありませんので、まずはリフトアップを試みました!
zushishi-sakurayama-n-shikichi-keikan-kakunin.jpg
zushishi-sakurayama-n-shikichi-keikan-kakunin2.jpg
zushishi-sakurayama-n-shikichi-keikan-kakunin3.jpg
持ち上げて見ると、やはり海は見えなくないものの、景色的にごちゃごちゃ感があるのは否めません。
こういった敷地を見てみると、私的には割り切り感が大事なんじゃないかなって思うのです。
例えばめっちゃ良い景色が望めるのであれば、海側の方向に対して家の向きを開くとか。
けれども、さほど景色が楽しめないのであれば、むしろ家のセンターを開いてしまって、外は閉鎖的な状態にしてしまうとか。
今回の敷地に関して言えば、おそらく中に開く家にしてしまった方のが、プライバシーが確保出来るのかなって思う節があります。
その理由は2つあると思っている。
例えばこちらの方向には。。


zushishi-sakurayama-n-shikichi-keikan-kakunin4.jpg
一つ目。
敷地の南側には、大きくそびえ立つマンションがある。
南側に高い建築物があると、日差しが入らないかと言えば、そうではない。
けれども、日差し云々はさておき、あまり南向きに開いてしまうと、マンションの方も、ここに住まう方も、視線が気になってしまうと思う訳だ。
それだけに不用意なプランニングを入れてしまうと、開放感の無い家になってしまうので、ここは気をつけたい部分でもある。
zushishi-sakurayama-n-shikichi-keikan-kakunin5.jpg
そして二つ目。
この敷地独特の問題は道路付けにもある。
ここは国道134号線沿いでもあるから、交通量はかなりあると思っていい。
目立つ場所ではあるけれど、その分大きな車が走った時の振動、そして音の問題と直面してしまう立地になる。
きちんとした建物を建てても、揺れてしまう・・の?と思われてしまうかもしれない。
けど、敷地と道路がくっついている訳でしてね。
そしてデッカい車が通過したら、その振動は。。
地面が繋がっているから、限りなく揺れるんです。
そしてきちんとした建物であるからこそ、固くて強度があるから揺れてしまう。
免震でも行えば話は別なんですけどね。
後はそうだな〜
昔ながらの暴走族さんがアクセルミュージックの空ぶかしを行えば、それもしっかり伝わって来てしまいますねぇ・・
この二つの大きな問題。
少しでも視線や音を遮る為には、やはり背の高い壁を設ける必要があると思う。
そして肝心要な海の眺望はと言うと。。。
zushishi-sakurayama-n-shikichi-keikan-kakunin6.jpg
現地から得られる眺望はこの様な感じになる。
逗子湾は当たり前の様に見えるのだけど、湘南らしさって部分で言えば、富士山、江ノ島は捨てがたい。
では江ノ島は方向はどの様になっていると言えば。。
zushishi-sakurayama-n-shikichi-keikan-kakunin7.jpg
なんと、江ノ島方向には◯◯電工さん保有の建築物がある。
そしてなんとも嫌らしいと言えるであろう場所に、塔屋が設置されている・・
これじゃぁ、江ノ島方向への眺望は一切期待が出来ない。
けれども、ここで考えるこの私。
『う〜ん、これじゃぁあんまりだろうしなぁ・・』
『うちの解体屋さん(貢献)の深野君に言って、あの部分の出っ張りを消してはもらえないだろうか・・・』
『やっぱ無理だな・・深野君、捕まっちゃうもんな・・』
まぁ、こんな感じで色々と考えはあるものの、この建築物がある限り、眺望は仕方ない。
ただ、いつ売りに出るかも分からないので、この敷地の10mハイルーフは、目一杯の大きさで造った方が良いんじゃないかな。。
そう思ったのでありました!
実はチラッと買い取り型不動産会社の方に聞いた話だと、以前に購入を持ちかけられた事がある土地なんだとか。。
と言う事で、逗子市桜山|プライムアベニュー逗子海岸Ⅲ№9区画プロジェクト
特に不動産会社さんと手を結んで、土地購入者の紹介を受けている訳ではないのに、すでに二つの案件が始まります!
また、進捗があったら報告します!


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です