横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

注文住宅を建てた!その後に行う引っ越し業者さん選び

 
注文住宅を建てた!その後に行う引っ越し業者さん選び
この記事を書いている人 - WRITER -

知ってる方なら知っていると思われるのですが、最近になって私も引っ越しをしました。
そしてオーナー様の引っ越し時の様子を見てみて、ちょっと思った事がありましたので、そんな事を書いてみようかなって思います。
まず、私が選んだ引っ越し業者さんは、パンダのマークの引っ越し屋さん。
私がお金を支払って引っ越ししたのは、今までに2回あります。
秋谷の賃貸〜逗子の賃貸マンションへの引っ越し
逗子の賃貸マンションから、横須賀の実家への一時引っ越し
1回目はネットで一括見積サービスをしたのですが、その時には価格重視で選んだのを覚えています。
1回目も2回目もお任せパック&退去時の室内清掃もお願いしたんですね。
んで、1回目の引っ越しは、作業員の方が3名だったのが、段々と増えていった。
そして最後の方には8名位に作業員の方が増えていた(笑)
清掃をお願いしていた女性スタッフの方も、最初から最後まできっちり丁寧に仕事をしてくれた事を良く覚えております。
これが印象とっても良かったんで、今回は迷わずパンダのマークの引っ越し屋さんにお願いしました。
2回目の引っ越しは、作業員の方が3名。
前日の梱包する女性のスタッフが2名。
これは早くてとっても丁寧でした。
そして引っ越し当日、最初から最後まで作業員の方は3名のだったのですが、動きは早くて、無駄が全く無いと思われる動きでした。
なにより作業をしながら、私とコミュニケーションを取るのが上手な作業員の方でした。
私が引っ越し料金とは別に『良くしてくれて、ありがとう!』とご飯代を上げてしまった位ですからね。
これは私の引っ越しのお話。
で。


昨日、引っ越しをされているオーナーから電話をもらう機会があったんです。
『引っ越し屋さんが洗濯機の中に入っていた古水を、階段廻りの壁に振りまいてしまったんです・・』
これは状態を見ないと、私もなんとも言えません。
壁紙ならまだしも、内装の仕上げは全て珪藻土と無垢板のみですから・・
なので、急遽引っ越しの現場に向かう事にしました。
現地に到着してみると、引っ越し屋さんのリーダーとなる作業員の方は、私の顔を見るなりいきなり威嚇・・
私は工務店の社長と言う職業であっても、ぱっと見の身なりは普通の普段着。
なのでお客さんの知り合いとかって思われても良いのですが、言葉遣いは荒々しいですし、完全にガンを飛ばされております。
久々に使う言葉だな・・ガンを飛ばすって。。
話をよくよく聞いてみると、どうも洗濯機の古水を壁に振りまいてしまったのも、自分たちの不注意だとは思っていない様です。
あれは運べない
これも出来ない
それをやったらまた俺達のせいになる。
話を聞いていて『ありゃ〜、被害者意識特盛りな方だなぁ・・』と、私が思ってしまう程ビックリする様な言葉しか出て来ません。
それであれば作業員の方と話をしていても仕方がありません。
オーナー側としては、綺麗に仕上がっている珪藻土の壁を適当な清掃で汚されたくは無いと言う意識があります。
これは当たり前。
引っ越し業者さんとしては、トラブルに対してコストを掛けない為に、作業員に清掃させようとしております。
これもなんとなく分かる気がする。
けれども指示を受けた作業員の方は、会社の方針に従うべく、自分たちで清掃して事を収めようとしています。
私が見る限り、それをやってしまったら、ますます状態が悪くなるのが分かりましたので、それはやめた方が良いと言う事をお伝えしました。
それでも作業員の方はふてくさってしまっているので、引越業者さんの支店のトップの方と話をした方が良いかと思いました。
結論的には、私が支店長さんに清掃の方法はエイヤーではいきませんよと説明。
後はオーナーと支店長さんと清掃の方法について協議をして頂く事になりまして、私は現地を去る事に。
これ、誰もがこの様な作業員の方に、作業の依頼はしたくはないと思います。
けど、実際にあちこちにこの様な方は居らっしゃるんですね。
おそらく作業員の方、自分でも自分が他人を威嚇をしているとか、言い訳をしているとか、気がついていないと思います。
一生懸命、仕事に精を出しているのに、なんでこんな事言われなきゃならないんだ!
こんな考えなんでしょうね。
あんまりよろしい意識ではないかなぁって思います。
支店長さんも、当初は自分たちの関連会社にも清掃業者が居るから、自分たちで復旧するみたいな話をされておりました。
そして今日になって、引っ越し業者さんの支店長さんから連絡がありました。
自分達の所では現状の修復をするのは無理と判断した様で、うちで見積りを出して欲しいとの事。
やれやれ・・だから言ったでしょうに・・
年末って事もあるのかもしれない。
日々、単価競争だからって理由もあるかもしれない。
とにかく必死になって仕事をしなければならないって意識があるかもしれない。
でも、まずその前に。
人の心を傷つける様な態度を出す社員さんには、きちんと教育をして頂ければお互い良いのにな・・
そんなふうに思う一日でございました。
と言う事で注文住宅を建てた!その後に行う引っ越し業者さん選び。
引っ越し業者さんに限る話ではございませんけどね。
価格も安ければ安い方が良いかもしれませんが・・
安かろう悪かろうでは、気分も害しますし、ストレスも増大してしまいます。
良い作業員の方を指名出来る様な引っ越し屋さんがあると、良いかもしれませんね。
久しぶりにネガネガなパワーを受けちゃったなぁ・・・


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. えーん(;_;) より:

    階段のランプも割れちゃってた。
    明日また見に来てもらいます。

  2. 中尾建築工房 より:

    えーん(;_;)さん☆
    あらら・・
    あれ、ヤマギワ照明さんのランプだから、高いヤツなのよね・・
    監督には伝えてありますので、うちも確認に伺いますね。
    えーん(;_;)さん、人生は修行では無いので、悪い事は引き寄せない様にしたいですね!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です