横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横須賀市長沢『live in luxury☆』お引き渡し☆

 
横須賀市長沢『live in luxury☆』お引き渡し☆
この記事を書いている人 - WRITER -

2014年3月31日に、横須賀市長沢にて『live in luxury☆』のお引き渡しを行わせて頂きました!
なんと残念な事に、ご主人が不在の中、おそらく奥様と奥様のお父さんのみで引き渡しになるのかな?と思いきや、お父さんは元巨人軍の名コーチである木戸さんと、三崎のマグロを食べに行ってしまいまして。。
ほんっと残念な事に、奥様のみでの引き渡しと相成りました。
ま〜、仕方ないっすけどね〜
特になんかするって訳じゃないから、いいんですけどね。
こちらのお宅については、完成見学会にお越しになられた方であれば、どの様な家なのかが分かるかと思います。
でも、見学会にお越しになられていない方には、どんな家なのかが、分かりません。
全部は公開出来る訳ではないですけど、まぁ、部分部分をご紹介させて頂きましょうかね。
yokosukashi-nagasawa-k-hikiwatashi.jpg
こんな感じのリビングになります。
ちょうどお引き渡しの際に、設備器具の使用方法の説明などをしている時に、観葉植物が宅配便で届きました。
かなり厳重な梱包でしたので、私たちのいる間に梱包をばらして設置してみました。
この中でも一番左のモノが一番重たい•••
一番重たいって事で、誰が運んだのかって言うと。。。
yokosukashi-nagasawa-k-hikiwatashi2.jpg
おっかしいんですよねぇ•••
おそらく確か、私が中尾建築工房の代表であるはずなんですけど、なぜかこういった重量のあるモノを運ぶのは、なぜかこの私(笑)
まぁ、元々は大工さんだったから、そりゃ〜力はありますけどもねぇ。。
なんだか感じ悪い気がするのは、私だけなのでしょうか。。
これ、天井の高さには余裕もあるけど、天井をこすってしまう訳にはいきません。
なので吹き抜けの所まで運ぶまでは、このまま歩いて移動させました(笑)
ある意味、なにかの修行をしているみたいですね。


yokosukashi-nagasawa-k-hikiwatashi3.jpg
そして一仕事を終えた私や、設計を担当した瀬戸も、小上がりの座敷でくつろがせて頂きました!
まるで自分の家の様なくつろぎ方ですよね。
なんでしょうか、この場所が中尾建築工房と同じ、長沢にあるからなのでしょうか。。
yokosukashi-nagasawa-k-hikiwatashi4.jpg
施工の担当者も、なぜか微妙な所に立っていたり、座っていたりしたのですが、なぜか日だまりがお気に入りの様でした(笑)
横須賀市長沢の『live in luxury☆』と言えば、工事中にオーナーのプライベートな事で、悲しい事があったりしました。
それを振り切るかの如く、施主施工の珪藻土作業に当たっていたら、また悲しい事が続いてしまいました。
当時の過去記事はこちら
でも私、こう思うんです。
人生の中では、ほんとに色んな事が起こるんです。
私自身も『それはありえないだろう•••』って事が、実際に経験しているし、今もそういった事を抱えながら仕事を続けています。
でも、なんて言えばいいのか難しいのだけれども、必ず落ち込む時には、とことん底まで落ち込みます。
でも落ち込むだけ落ち込んだら、後はもう必ず這い上がるしか無いんですよね。
そしてその先に、ほんの一筋でも光があれば、その向こうにたどり着ける。
私はこう思うんです。
あきらめたりとか、逃げてしまったりすれば、その場に居続ける事は出来るかもしれない。
でも、進まない限りは、その向こうには確実に行けないですしね。
更に、必死にその向こうにたどり着けたとしたら、必ず幸福が待っている。
私がいつも意識をしている超前向き、超ポジティブ、超自画自賛(笑)
これは私が人として弱い部分があるから、自分自身で自分の事を洗脳していると思います。
て言うか、現在着工中のオーナーに、その事を気がつかされてしまいました(笑)
まぁ、それはそれで置いておいて。
頑張っていれば、きっと良い事も必ず起きます。
そして幸せも必ず待ってくれていると思っていれば、きっと人生の荒波はくぐり抜けるんじゃ無いかなって思いました。
この大きな家に、ホントは一緒に暮らしてもらいたかったけど、お盆の時には必ずこっちに来るだろうしね!
こちらのオーナー夫妻にご依頼を頂いてから、なぜか不思議な関わりがあった中尾建築工房。
世の中狭いってホントにつくづく痛感させて頂きましたよ、ほんとに。
yokosukashi-nagasawa-k-hikiwatashi5.jpg
こうしてお引き渡しを終えた横須賀市長沢に建つ『live in luxury☆』
引き渡しも終わりの頃に、奥様からこんな事を言われました。
奥様
『また、みんな来るんだよね?』

『いや、来ないよ』
奥様
『え〜、誰かまた来るでしょ?』

『ううん、工事終わったら、もう来ないよ』
奥様
『じゃぁ、お父さんが具合悪くなったって言えば、来てくれる?』

『ん〜、それだったら、しょうがねぇから俺行くか。。』
瀬戸
『それ、なんか間違ってないっすか〜!』
と言う会話がありました(笑)
なんだか気持ちは分かるんだけどね。
それだけ家造りって、やっぱり楽しいんだと思います。
でも引き渡しが終わって、いつまでも工務店のスタッフが来ているのもどうかと思います(笑)
ま〜、なんか家の事でトラブルとかあれば、その時には必ずすぐに行きますから、安心してもらえればな〜って思います。
なんだかんだ、この家に対して言えるのは、やっぱり•••
いい家だよね〜
長沢だけどね(笑)

終わりよければ全て良し!
竣工おめでとうございま〜す☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. まゆぞー より:

    長かったようであっという間の家づくり。
    本当に本当にありがとうございました!!
    色々な事が嵐のように過ぎて行った気がします。
    工房の皆さんにはありがとうでは足りないぐらいお世話になりました。
    一人ひとりお名前をあげていきたいところですがきりがなくなりそう(笑)
    スタッフの皆さんも職人さん達もお仕事が素晴らしいのは勿論、人柄も素敵で、明るく楽しい打ち合わせと現場でした。
    これなら社長の株もどんどん上がっちゃうね!!
    うちの父も社員を見れば社長が分かるって言ってたもんね。よっ!
    急に静かになってしまうと寂しいので、近くに来た時には顔出してくださいね!皆様ウェルカムですよ。
    長沢だからね(笑)

  2. S 内 より:

    打ち合わせの前にちょこっとだけと思っていたのに、すっかり一時間も魅せられてしまいました。素敵なおうちでした~☆これが住宅展示場だったら、とてもそんなに時間かけてなんて見られませんよね。オーナー様と工房の皆様の愛とこだわりがつまってるからこそ、こんなに魅力的なおうちになるんですね。
    やっぱり奥様より、中尾さんの方が昔の写真と解離がある気がします、、よ。

  3. 中尾建築工房 より:

    まゆぞーさん☆
    長かった様であっと言う間。。
    ん〜、確かに仰られている通りかもしれませんね。
    当初、私たちの見学会に参加されていた頃は、もう、普通な感じで、かつしっかりとした家を建てたいと言われていた気がしますが。。
    プラン二ングが始まり、打ち合わせ内容の蓋を開けてみれば。。
    『なんだか妄想が、大暴走しまくりまくっていません•••か?』
    って言う印象は強く残りますね(笑)
    でも普通の人達だと、ここまでの家は建てられないですから、ほんとに魅力のあるいい家だと思います!
    あ、そう言えば、昨日のお昼くらいに電気工事担当の星野さんと事務所で打ち合わせをしてました。
    んで、星野さんが言っていたのがこんな事
    『もうさ〜、『live in luxury☆』ほどの家はしばらくやりたくないよな〜、配線なんて全然逃げる所ねえんだもん!!スイッチも集中してるし、その分のスペースもほとんどギリちょんだったから泡喰っちゃったよ〜『楽園|アジアンテイストな家』よりも俺としては大変な現場だったな〜、でもいい家だよね!』ですって(笑)
    職人さん泣かせの家ほど、良い家だって言うのは良く言われますからね!
    まずは、竣工おめでとうございます!
    長沢だけどね(笑)
    S 内さん☆
    解離って(笑)
    まるでなにかの専門用語みたいですな(笑)
    でも、現在の私が後。。
    ん〜っと、多分ね、後7キロ程痩せれば、例の湘南スタイルに出ている、あの見た目に戻るかと思います!
    なんだか色んな意味で、今年は体重を落とせそうな年みたいですしね•••

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です