横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

リクシルキッチン工場倒壊PARⅢ

 
リクシルキッチン工場倒壊PARⅢ
この記事を書いている人 - WRITER -

昨日の続きとなりますが、リクシルキッチン工場倒壊に於ける、現在工事中、又は着工前のオーナー様にご報告をさせて頂きたいと思います。
lixil-kitchen-hisai2.jpg
今後の対応についてメーカー担当者も中尾建築工房に来たのですが、最初から最後まで、かわいそうにひたすら正座状態でした。。
現在のリクシルでは、キッチンの製造を旧サンウェーブを専門にしております。
他にもトステムやINAXにもキッチンの工場があったのですが、今は旧サンウェーブしか、キッチンの製造工場はありません。
旧サンウェーブの工場は、国内に三カ所あって、埼玉県深谷(ふかや)工場、兵庫県社(やしろ)工場、岐阜県可児(かし)工場の三つ。
関東に1つと、関西に2つと、それぞれ分けて工場がある形になります。
関東は埼玉県の深谷工場のみなのですが、キッチン生産量としては、60〜70%にも上るキャパシティを持っていた事もあって、工場倒壊に於ける被害はかなり大きいと言えます。
今は消費税増税の駆け込みリフォームや、駆け込み分譲住宅購入に向けて、建築業界はとてつもなく人不足になり、資材も不足がちになっている中です。
その様な状況下の中で、リクシルのみでの注文を受けているキッチンの量も半端ないので、ある意味パニック状態です。
仮にその打開策として、関西の二つの工場にラインを増強したとします。
この場合、おそらく時間的にはかなりの時間が掛かると思うんですよね。。
簡易的にラインを造ったとしても、おそらく2〜3ヶ月は掛かるであろうと私個人的には思っています。
仮に増強が出来たとしても、国内総生産量の60〜70%もあったキャパシティをカバー出来るほどの増強はあり得ないと思うんです。
今現在、リクシルのキッチン担当営業マンには、商品を売りたくても、売るキッチンが造れないと言うジレンマに陥ってしまう程、状況は深刻なのだそうです。
つまりよっぽど『リクシルのキッチンじゃなければ嫌!』って事なら、それはそれで造れるまで待つと言う事になるのですが『そこまでリクシルと言うブランドにはこだわってはいない』と言われる方の場合は他メーカーに振替をする形になるかと思います。
ここで今後の対応について、対象となるオーナー様へそれぞれご報告と相談をさせて頂ければと思います。
●横須賀市津久井浜着工中オーナー様
すでに上棟して外部も囲われた状態となっておりますので、中尾建築工房としては最も影響の出てしまうタイミングです。
既にリクシルには1月以上も前からメーカーには注文をしておりますが、おそらくどうにもこうにもならないとの事。
対応策としては二つございます。
対応策①
リクシルのキッチンをこのまま変わらず望まれる場合
取り敢えずご入居の際には、簡易キッチンを設置させて頂きまして、工場の生産稼働率が上昇した際に、出来立てのキッチンを設置する方法
簡易キッチンをご利用される期間は少なからず半年から一年程の期間になると予測しています。
対応策②
他社メーカーのキッチンへの振替の場合
元々のリクシルと同グレードのキッチンを、近い仕様にする事で対応する方法
取り急ぎは他社メーカーに、現在お選びになられている仕様を確認してもらい、出来る限り近いタイプのプレゼンを造ってもらっています。
そのプレゼンを見つつ、お手数ですが再度ショールームに行って頂きまして、商品の確認をして頂けたらと思っています。
このどちらを選択されても、追加費用は掛かりません。
強いて掛かるとするなら、さらにオプション等をお選びになった場合のみ、追加費用は掛かりますが、あくまでも同グレードであれば追加費用は掛からず、全て中尾建築工房持ちにて対応させて頂きます。
●横須賀市ハイランド着工中オーナー様
キッチン自体は天板もシンクも造作なので、リクシルが絡むのはガス前全面ガラス付きのレンジフードのみになります。
レンジフードは元々、リクシルの下請け企業が造っている品物になりますので、現在は下請け企業に対して同じモノを納品してもらう打診をしている所です。
特に今の所は変更もありませんので、なにか動きがありましたらご報告させて頂きます。
●横浜市金沢区柳町着工中オーナー様
今の段階ではまだなんとも言えない微妙な段階です。
でもおそらくは、私の予測通りになってしまうかと思っています。
仮にリクシルのキッチンが良いと言う事であれば、竣工時に簡易キッチンを入れる事になります。
出来立てキッチンが付けられるのは、おそらく竣工後半年か、もしくは一年単位で掛かるかもしれません。
よほどリクシルに思い入れが無い場合は、他社メーカーに振替した方がトラブルも避けられるかと思います。
取り急ぎは他社メーカーに、現在お選びになられている仕様を確認してもらい、出来る限り近いタイプのプレゼンを造ってもらっています。
そのプレゼンを見つつ、お手数ですが再度ショールームに行って頂きまして、商品の確認をして頂けたらと思っています。
●横須賀市津久井浜着工前オーナー様
やはり今の段階ではなんとも言えません。
金沢区のオーナー様と同じ様に、他社メーカーに振替した方がトラブルに巻き込まれないと思います。
この他、横須賀市長沢着工中オーナー様、逗子市逗子着工中オーナー様、横浜市戸塚区着工中オーナー様は、既にキッチン設置工事が完了しておりますので、今回の工場倒壊による影響はございません。


ただ、こればっかりはなんとも言えない部分があるんですよね。
リクシルも大手だけに、他社には無い自社特有のメーカーオプションを持っています。
それこそ女性目線からのアンケートを取ったり、ビックデータなども活用したりして、人気商品を造っているブランドメーカーです。
リクシルにしか無い、オプションもある訳でして、そこに目が行っていれば。。
そこをオーナー様が気に入っている場合も多々ある訳なんで、私の方から『絶対に振替した方が良い!』とは言いにくいです。
かと言って、リクシルに無理を言っても、倒壊した工場が一瞬で元通りになる事は無い訳で、造れないモノは造れないとしかメーカーも言いようがありません。
この判断をそれぞれのオーナー様には、今月末辺りで決定して頂かないと駄目だろうと感じています。
と言いますのも、私が思うにリクシルの工場倒壊が一次被害だとすれば、二次被害も想定出来るのです。
実は東日本大震災の時に、リクシル以外のメーカーの工場が多く被災を受けました。
その時リクシルは被災が無かった為に、他社メーカーから振り返られた案件を所構わず受けたのだそうです。
その結果がどうなったのかって言うと、リクシル自体も工場をフル稼働させてはみたものの、最終的には及ばず工場がパンクしまして、納期通りには商品を納品する事が出来なくなったのです。
つまり、私が早め早めの決断をした方が良いと言えるのは、リクシルから振替を受けた他社メーカーもパンクする恐れがありますので、早めに発注をしておけば納期遅延の様な事にはなりにくいと言えるのです。
私も永くこの業界に身を置いている者ですけれども、今回ばかりはどうにもならない状況であり、本当に困った問題だと思います。
これはメーカー内部の人間の裏話になりますが、それぞれ営業マンが居りまして、常々、販売ノルマを課されている訳です。
いつもであれば、上から『売って来い!』と言われます。
でも今回は『断って来い!』と言う感じらしいのです。。
しかも営業マンとして、売る仕事が無くなってしまった訳でして、現在はお詫び行脚をひたすらするしかないなんて話もあるそうです。
こんな話がメーカー内部である位ですから、工場倒壊の影響はこれからかなり出てくる事が予測されます。
着工中や着工前のオーナー様にとって、キッチンを振替するのは二度手間になってしまうので、私たちも心苦しい部分は多々あります。
ですが、こればかりはどうにもならないので、それぞれにご相談をさせて頂いた上で、随時決定をして行きたいと思っております。
ご迷惑をお掛けしまして、大変申し訳ございません。
lixil-kitchen-hisai3.jpg
話が終わり、中尾建築工房を去って行くリクシルの担当者○○君
ガタイは大きいのですが、肩はがっくりと落ちておりました。。
私から人生の先輩として彼に出来る事は。。
うん、彼にはこんな文章を送りたい。
クレームやトラブルがあった時、クレームなんて無い方が良いに決まっているけど、考え方を変えてみる。
クレームやトラブルがあった事を自分自身にとって、チャンスだと思い、思い変えてみる。
そして一刻も早く、クレームやトラブルを解決するべく行動する。
処理が終わったら、きちんとクライアントに対して納得をしてもらえたかどうか確認をする。
そこで万に一つでも、それとは違った部分で不信感が無いかどうか、不信感があるならそれを見過ごさないで確実に処理をする。
そして最終的に『ありがとう』と言われた時には、その時、自身がまた一つ成長を出来たのだと思え。


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です