横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

リクシルキッチン工場倒壊PARTⅡ

 
リクシルキッチン工場倒壊PARTⅡ
この記事を書いている人 - WRITER -

昨日、リクシルのキッチン工場が倒壊したと速報をご連絡させて頂きました。
そして本日、中尾建築工房のメーカー担当者と、今後の流れに着いて話をさせて頂きまして、まずはご報告と今後の流れについてご説明をさせて頂きたいと思います。
ちょっと長文になりますので、PartⅢまでつなぐ形にさせて下さい。
まず、ネットなどで検索をしても、リクシルの工場がどの様になっているのか出てこないかと思います。
なので私がメーカーから頂いた文書によるお詫びと、画像をアップさせて頂きましょう。
lixil-kitchen-hisai_20140220_134450.pdf
アップしたPDFの二枚目に、雪の積雪により操業停止を余儀なくされたリクシル深谷工場の画像があります。
画像は全部で6枚ありますけど、製品出荷場の庇部分の崩落の画像は、元々、この様な屋根形状ではありません。
崩落して、折れ曲がってしまった形になっています。
その中でもひどいのは、基礎部分から大きく破損し、崩落した構造を支える基礎をご覧下さい。
すでに基礎も折れてしまい、鉄筋が丸ごと見えてしまっています。
一般的に、何かを製造する事を目的としている工場は、広い空間を取りたいですから、柱なども少ない場合が多いんです。
そうすると、柱をより少なく出来るラーメン構造なのかと思うのですが、そのラーメン構造ゆえのデメリットにより建物が歪んでしまった形なのがよく分かります。
構造計算でも、ここまでの積雪量は計算に含まれていなかったんでしょうね。
今現在でも、降り積もった積雪量があまりにも多く、復旧するために必要な重機の搬入も出来ない状態なんだそうです。
ある意味で、死傷者が出ていないだけでも救われているのかもしれません。
ただはっきりと言えるのは、注文をもらってしまっているにも関わらず、工場がこれでは。。
はっきり言って、キッチンを造る場所が無いって事になります。


元々、リクシルのキッチンは、吸収合併前の旧サンウェーブの工場になります。
旧サンウェーブの工場は、国内に三カ所あるのですが、埼玉県深谷(ふかや)工場、兵庫県社(やしろ)工場、岐阜県可児(かし)工場の三つになります。
関東方面の工場としては埼玉県の深谷工場のみであって、キッチン生産量としては、60〜70%にも上るキャパシティを持っているそうです。
残りは二つの兵庫県社(やしろ)工場20〜30%、岐阜県可児(かし)工場10%の生産能力なのだとの事。
60〜70%と言う膨大なキャパシティのある工場が被災を受けたのは、メーカーとしても相当痛い部分ではあると思います。
また時期的にも悪い時期でして、現在はリフォームなども消費税増税の時期にラップしていて、どうにもこうにもならないってお話を伺いしました。
中尾建築工房の対応策としては、今現在影響を受けてしまう恐れのあるオーナー様には、明日の更新でお伝えをしたいと思っております。
それにしても嫌な時期にこんな事になるとは。。
メーカーも大きくなりすぎてしまいましたね•••


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です