横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

衣・食・住|全てに於いて楽しむ事

 
衣・食・住|全てに於いて楽しむ事
この記事を書いている人 - WRITER -

衣・食・住って言葉がありますけど、その中でも私は住と言うジャンルの職業についています。
住は賃貸でもいいだろうし、保有してもいいでしょう。
アパートが好きな方はアパートでいいでしょう。
マンションが好きな方はマンションでいいでしょう。
一般的な戸建てが好きな方は、万人受けする分譲戸建てがある。
家に思い入れやこだわりが必要であれば、私たちの造る様な新築の注文住宅やリノベーションと言う事になるでしょう。
ここで大切なのは、その住空間で、自分自身が満足出来るのか?
それとも、ただただ仕方無しに今の環境に居るのか?
満足していないのであれば、満足出来る様な家を建てればいいしね。
それぞれ、選ぶのは個人の自由なのではないかと思います。
いずれにしても、様は自分自身が満足していれば、それが一番良いのだと思います。
衣食住の『住』に限って、プロの私から言えばこんな感じ。
で、私は最近になって、衣食住の『食』の部分も今までとは少し変えていこうと思っています。
例えば、ちょっと前までの私はどうだったかって言うと。。
『俺の体は逗子海岸のファミマで出来ている!』
と、豪語してしまう位、ファミマで買い物をしてました(笑)
便利なんですよね、あの場所って。
当時住んでいた逗子のマンションから、職場に行くまでのルートにあったり。
夏〜秋にかけては、葉山の鐙摺港から出船する前に買い物出来たりね。
好都合って事から利用させてもらっていたのですが、最近は住まいも変わったって事もありまして。
ほぼ毎日、美味しい水を飲んだり、美味しいダシを作って食生活を楽しんでおりまーす。
で。
美味しいダシを取る素材としては、それぞれなのですが。。
羅臼昆布でしょ〜
大分のどんこ椎茸でしょ〜
煮干しでしょ〜
そして駿河湾産の本枯節を使ってみてるんですね。
昆布もしいたけも煮干しにしても、すべて道具は必要無いから、水に入れるだけで簡単に出来てしまいます。
けど、本枯節だけは削る為の道具が必要。
katsuo-honkarebushi-kezuriki.jpg


katsuo-honkarebushi-kezuriki2.jpg
これ、昔はどんな家庭にもあったと思われる、鰹節削り器でございます(笑)
今の時代、なんでも簡単に出来るだしの素がありますが。。
それとは違って、まさに時代に逆行していると思われるこの道具。
鰹節削り器は、単純な一枚刃のカンナを逆さまにして、受け皿となる箱があれば成立する道具。
私は元々が大工の棟梁でしたので、大工道具に関しては超が付くほどのこだわり男(笑)
鰹節削り器もカンナである事には代わりございません。
こだわりの刃物と言えば、やはり新潟の三条モノ!が良いと思いまして、お取り寄せをさせて頂きました!
ケースはね。
やっぱり無垢材を扱っている私としては、ちょっとこだわりを入れてしまいました!
無垢のウォルナット削り出しのケースです(笑)

katsuo-honkarebushi-kezuriki3.jpg
こうやって本枯節をカンナの台に乗せて、一回一回接地している状況を見つつ、削り節を作っていきます。
katsuo-honkarebushi-kezuriki4.jpg
鉋を外すとあら不思議!
こ〜んな感じで削り節が完成☆
別に不思議じゃないか・・
とってもアンティークな道具だけれども、やっぱり削りたての鰹節ってね。
とっても美味しいんだな〜って思える様になりました。
主に味噌汁に使ったり、煮物のダシに使ったりしているのですが、ダシが美味しいと、なんにでも使えると思います。
私の場合、こういった作業が全く苦になりません。
振り返ると大工の修行時代には、様々な道具を使っていました。
鑿(のみ)やのこぎり、鉋(かんな)と称される様な手工具は全て名のある道具かオーダーのモノのみ。
その中でも私は鉋(かんな)の技術を向上させたかった。
覚えても実際問題、仕事では使う機会はほとんど無いのだけど(笑)
大工修行をしていた当時、柱を綺麗に削れる先輩は居ませんでした。
だれか居ないかと聞いてはみても、そんな人達は居なかったので、教えてくれる人がいなかったんです。
削る様な仕事がリアルには無いので、先人の方達もその質問をされると困る・・的な感じだったんですね。
だから大晦日も元旦も、自分で購入したヒノキ材を作業場で削っている位、夢中になっていたんですね。
その御蔭でどうしたら素晴らしく綺麗な柱が削れるかは、良く分かっています。
カンナの刃だけの問題ではなく、カンナの台がとっても重要なんだって事が理解出来ると、またまた道具が好きになったりします(笑)
そんな経緯がありまして、道具に関しては大工仕事も料理も同じ様に好きなんです。
katsuo-honkarebushi-kezuriki5.jpg
こんな風にして造られた良質のダシ汁。
意外にも簡単に作れて美味しいのですから、そりゃーハマってしまう訳です!
と言う事で。
住む家は、誰しもが好きな家に住む!
食でも好きな様に料理が出来て、美味しいモノが食べられる!
どちらも自分で選んで好きな様に出来るのは、本当に嬉しい事なんだなぁって思います☆
嬉しくなると感謝の気持ちも芽生えますしね。
感謝の気持ちが芽生えると、毎日が楽しくなると思うんです。
こういった好循環のサイクルが出来ると、日々の暮らしも楽しくなる。
日々の暮らしが楽しくなると、人は自然と笑顔になります。
と言う事で衣食住の『食』については楽しめてる。
後は『衣』と『住』も楽しみたいですねー☆
今年は一発、やってやっか!


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です