横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

三浦市初声町和田|伐採根・掘削工事スタート!

 
三浦市初声町和田|伐採根・掘削工事スタート!
この記事を書いている人 - WRITER -

土地と言うのは、たいていの場合。
すぐに家が建てられるのが通常なのだけど。
ちょっとそれが出来ない土地もあったりする。
それが今回の三浦市初声町和田の現場。
敷地と道路に高低差もあるし。
なにより敷地に車が入らない。
そして道路部分にはセットバックも干渉するから。
こりゃー、自然崖を掘削してからでないと。
建築物のプランニングなんで、出来なくね?!
そんな意見に纏まりまして。
先に車の動線を確保するべく、自然崖を掘削する工事を始めてみたのです!
miurashi-hasseimachi-wada-gake-kussaku-kouji.jpg
敷地と道路の高低差が一番少ない前面道路。
4tのダンプを入れると、すでにギリギリ一杯・・
セットバックすれば、道路が広がるけど。
ちょ〜っとばかし、交通量が多いのが気になります。
なので、道路の前後は交通整理のガードマンもそれぞれ配置するし、通行を妨げない様にするのが大変・・
こういう土工事って、結構費用も掛かったりするのよね。
簡単に見える様だけど、速やかに作業を行うためには、それなりの人工も必要だったりする。
今日はガードマンも含めると、ユンボのオペ、ダンプ運転手、丁張り、墨出し、道路清掃、ガードマンと。。
なんと10人(笑)
こう言う作業の時って、チンタラやってると、近隣の方にご迷惑をお掛けする事になってしまう。
なので、こ〜んなチラシを持参して、ご挨拶廻りをさせて頂きました。


miurashi-hasseimachi-wada-gake-kussaku-kouji2.jpg
この土地の近隣には、位置指定道路(私道)を入れて分譲された10棟程度の分譲地があります。
さらに元々の旧家もあるし、目の前には農家の方の畑もある。
なので、私が見てみて気になるお宅を10数件、廻ってから伐採根・掘削工事を始めさせて頂きました!
ちょうど丁張りを掛けてみると、予想していた土の量より、多く掘削する事が判明。
ありゃー土の量が増えちゃうな〜、どうしよっかな〜
なんて思っていたら。
目の前の畑の持ち主の方が一言。
『お〜、そ〜かよぉ〜、お宅が工事やんのかよぉ〜
ならよぉ〜、そこの崖の所の土ダンプ4〜5台分だったら、俺んとこに撒いておいていいからよぉ〜』
と、有難いお言葉(笑)
元々、現場の土は畑だったから、土的にも良いのよね。
やっぱり、気持ち良い挨拶を行うと、気持ち良い言葉を返してもらえるんですよね!
他近隣の方も、農家の方も、み〜んな良い人達ばかりで、ラッキー☆
miurashi-hasseimachi-wada-gake-kussaku-kouji3.jpg
工事的には、とにかく敷地の高低差を無くして車を現地に入れるしか無い。
それまでは申し訳ないのですが、近くのコンビニが駐車場になってしまっています。
職人さん、お昼のご飯は全てコンビニで買う様にしてねと話はしておきましたが、駐車場が無いと困ってしまうんですよね。
miurashi-hasseimachi-wada-gake-kussaku-kouji4.jpg
崖を崩しつつ、高低差のある部分もどんどん掘削していきます。
機械で掘削するだけではなくて、道路側にこぼれた土も、すかさず敷地の中に戻す様、道路には二名の土工さんを配置しています。
でないと車両が通って土を踏んづけてしまうと。
せっかくの前面道路が汚れてしまいますからね。
今週は雨マークが今の所無いみたいだから。
週末には、車を入れてみる事が出来そう。
大型のキャンピングカーを持って来てもらって、試し乗り入れが出来そうですね。
せっかくなので、ちょっとだけ動画を撮りましたので、リンク張っておきましょうかね。
三浦市初声町和田|伐採根・掘削工事
軽トラックで道路を止めたり、ダンプ入れたり、丁張りしたりで、現場は割りとせせこましかったりしてました(笑)
予定通りの工事で図面上に書いた通りに車が入れば、それはそれでOK。
でも、あとちょっと掘削しないと大型のキャンピングカーが入らない場合は。
その時はその時で、再度掘削工事を行います!
失敗させない家造り。
難ある敷地は、この様に計画するのが一番!
だったりします☆
オーナーの方が気になってると思ったから。
今日は早めに更新する事にしましたー☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. ウルワツ より:

    ありがとうございます。
    超特急の更新だったのですね。
    実は自分も気になって本日の早朝見てきました。
    自分が粘度で作ったとおりの30°~45°の3次元斜面に仕上がって
    ました! 
    10人で一気に片付けてしまう機動力に脱帽です。
    今後ともよろしくお願いいたします。

  2. 中尾建築工房 より:

    ウルワツさん☆
    やる時は、一気に片付けてしまう。
    そうすると、ご近隣の方にもストレスが掛からないんですよね。
    本工事はまだまだこれからですけど。
    ご近所の皆様にもご協力して頂けて感謝です!
    有難い事ですね☆

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です