横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

葉山町下山口にて地鎮祭☆

 
葉山町下山口にて地鎮祭☆
この記事を書いている人 - WRITER -

2016年10月30日の一粒万倍日。
そして友引の日に、葉山町下山口にて地鎮祭を執り行わせて頂きましたー☆
hayama-shImoyamaguchi-m-jichinsai.jpg
一粒万倍日で友引の日に地鎮祭。
友にも広がるとっても良き日に、地鎮祭を執り行えたのはとっても有難い事!
少し肌寒くはなりましたが、澄んだ空気の中での地鎮祭となりました。
こちらのお宅、全体の敷地面積はとっても広いのですが、建築出来る比較的平坦な敷地と。
ちょっとこれは・・・
となるであろう、崖地の部分も含めての広い面積。
崖地部分はそのまんま放置していると、年に2回はブタクサなどの雑草が。
水を得た魚の如く、とっても元気になる。。
すると。
名の知らぬ草や。
主にブタクサなどが、オーバーヘッドで生えてしまいます!(笑)
なので、放置状態にしていると、管理がとっても大変。
草刈りに追われる生活になってしまうと、休む日もありませんしね。
なので、地鎮祭終了の直後には、中尾建築工房で家を建てた逗子市の庭、外構 職人さんをご紹介しまして。
相談しながら、計画を立てた方が良いかもですよーと。
お話などもさせて頂きました。
どの位、傾斜がすごいかって言うと。。


hayama-shImoyamaguchi-m-jichinsai2.jpg
ま、見ての通りなんですけど。。
施工管理の岩瀬が、身の危険を感じながら。。
記念撮影をするほど、崖の傾斜は半端ないって事なんですね(笑)
建築地の葉山町下山口は、緑豊かな自然な環境。
メリットデメリットはそれぞれあるけど。
住みながらでも、そう言った事を受け入れつつ。
ご家族が住んで楽しいっ!!
と、思える暮らしをして頂きたいですね!
薪ストーブも付くみたいですし、楽しみは広がりますねー☆
そして地鎮祭は終わりまして、着工前の近隣ご挨拶も完了。
すでに着工前ではありますが、オーナー奥様が熱望されてたFILEのオーダーキッチンも。
この時期であれば、私たちが発注してから、納入まで4ヶ月は掛かるとの事。。
ですんで、すでに地鎮祭前には発注済み!
前金のお支払いも完了しておりまーす。
これだけキッチンに予算を掛けてるんだったら。
そりゃー、相当美味いご飯が出て来るはずだよな。。
となれば、奥様の料理の腕前は。
料理教室の先生並みの、料理が出て来たりすんだべなっ!
そう思っていたこの私。
祭壇にお供えさせて頂いた金目鯛を、忘れない様に持ち帰って頂こうとすると。。

「この金目鯛、めっちゃ美味いからきっちり味わってねー!」
と言えば。
オーナー奥様
「あっ、はい。。
私、中尾さんが捌いてくれるんだと思ってたんですけど・・・」


「は?何よ、オーダーキッチン入れてる位なのに、金目の1匹も捌けないのかよっ!!」
と言うことで。
hayama-shImoyamaguchi-m-jichinsai3.jpg
地鎮祭を執り行った葉山町下山口の現場から、中尾建築工房の事務所へ直行して頂きまして。
hayama-shImoyamaguchi-m-jichinsai4.jpg
設計担当の瀬戸から、お魚捌きのレクチャーを受ける事に。
hayama-shImoyamaguchi-m-jichinsai5.jpg
初、鮮魚の包丁入刀(笑)
hayama-shImoyamaguchi-m-jichinsai6.jpg
金目鯛独特のグロい内臓を見て「わ〜、なにこれ〜」と戸惑いつつも。
後ろに控えてる私には「そんなに驚かなくてもい〜から、とっととやろうか!」
と、指摘を受け(笑)
hayama-shImoyamaguchi-m-jichinsai7.jpg
5枚おろしの見本を見せつつ・・・
hayama-shImoyamaguchi-m-jichinsai8.jpg
ようやく3枚までは、捌く事が出来ました。
初めての鮮魚捌きと言う事と。
冷凍の金目鯛の為、身が柔らかいと言う事で。
ここから先は、私が変わって5枚におろして、皮目を炙って差し上げました(笑)
ポイントは、包丁をノコギリみたいにガシガシしない事ね!
ガシガシすると、身もクタクタになっちゃいますので☆

hayama-shImoyamaguchi-m-jichinsai9.jpg
こうして晩のおかずとなる金目鯛の炙りが完成!
危うく、皮目の全てが無くなる所でございました(笑)
皮と身の部分が一番美味いからね!
と言う事で、オーダーキッチンを入れる葉山町下山口のオーナー宅。
ご主人様は気合い入れて天井や壁塗りに精を尽くされる覚悟!
なんで、奥様には。。
ちょっと美味しいご飯のオーダーをお願いしましょっかね(笑)
他社様と設計打ち合わせをしていて、違和感を感じて中尾建築工房に訪れたご一家。
さぁ、その答えは果たして正解だったのか?
それとも。。。になるのか?!
何れにしても施主施工MAXの葉山町下山口の家。
奥様の為に、気合いの入ったご主人様!
あとはやるだけっす!(笑)
まずは地鎮祭、おめでとうございまーす☆
奥様には、まず太刀魚とかアジで練習してもらいますかね・・


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です