横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横須賀市大津の大規模分譲地内での土地探し|どの物件を買ったらいいの?

 
横須賀市大津の大規模分譲地内での土地探し|どの物件を買ったらいいの?
この記事を書いている人 - WRITER -

今日はマメジに。
いやいや、真面目に建築屋さんとしてのブログを更新!
先日、開催させて頂いた見学会では。
石橋を叩いて、叩いて、叩きまくって。
しまいには、割ってしまう系の方が多くて。
その一週間後の週末は、見学会に参加された方の半数の方が。
中尾建築工房に再度の相談に訪れておりました。
そこで。
横須賀市大津の大規模分譲地内で。
土地を検討されている方が居りましたので、ちょっとご紹介を。
これね。
これから土地探しをする方。
もしくはすでに土地探しをしている方にとっては。
多分、参考になると思いまーす。
hills-shonan-ootsu-tochi-sagashi.jpg
はい、場所はここね!
全部で56戸の大規模分譲地でございまーす。
まずね、家を建てるのに大津を選ぶと言う点で言えば。
私は大正解だと思います。
なんでかって?
だって、私は元々大津出身だからです。
私は小学校の4年生から、17歳までを大津で過ごしておりました。
その前は、隣町の三春町に居りました。
17歳以降は。。
私の都合で旅に出ましたが(笑)

まず、大津を選ぶ良い点で言えば。
駅は京浜急行線の大津、新大津、北久里浜、堀の内の4駅使えるって点。
一番近いのは新大津ですけどね。
さらに近くには平成町と言って、横須賀市の中では大型の店舗が増えていってます。
横須賀市のど真ん中にある横須賀中央駅にもアクセスが良いから。
居住するには最高の住環境になると思います。
夏になったら、伊勢町の海水浴場も近いですし。
潮干狩りなんかも、子供の頃には行っておりました。
で。


デメリットで言えば。
便利な分だけ、土地の価格が比較的高いのが特徴です。
ここで、横須賀市在住の方の平均年収をアップしてみましょう。
hills-shonan-ootsu-tochi-sagashi2.jpg
この年収ですと。
数千万円の自己資金が無い場合、この分譲地に家を建てるのは不可能だと思います。
今回、ご相談頂いた方の場合、ご主人の年収は素晴らしいですし。
自己資金も、私が見た限りでは潤沢です。
でね。
この分譲地を購入される方達には。
比較的、安価な物件を見る方も居れば。
何にも気にせず、日当たり良好、道路付け平坦、東南角地!!
そんな物件を、あっさり買う方も居らっしゃいます。
今回、何にも気にせず、日当たり良好、道路付け平坦、東南角地!!を選ぶ場合は。
私からど〜の、こ〜のを言うつもりはありません。
むしろ。
「さすがです!」
としか。
言葉が見つかりません(笑)
逆にね。
安価な物件ばかりを見ている方が、私は気になります。
それはなぜか?
最初の見学会の時点では。
前面道路からの接道長さが比較的短い旗竿敷地。
旗竿土地について詳しく知りたい方は、こっちのリンクを見てみてね!
さらにずっと奥に進むと、家を建てるのに有効な敷地は三角形の形状です。
私が見学会の際に相談を受けた時、ホントにこの土地が好きなのかなぁ・・
と、思えた土地でした。
なので、敢えて言いました。
「この土地、ホントにピンと来ましたか?」って。
ご主人は寛大で、奥様さえ良ければ!
的な、立派な方です。
そして選択権を持つ奥様。
や・は・り・
いざ、電話で物件の事を聞こうとすると。
「すでに一番手の方が申し込まれました」
となってしまい。。
一週間後になって、またまた別区画を検討したいと来られまして。
私が現場に行ったと言う訳。
hills-shonan-ootsu-tochi-sagashi3.jpg
この物件、かなり高い擁壁で土留めを作っています。
さらに、階段も結構長めの階段。
この分譲地の中では、高さ的にも最も高い場所に位置する土地です。
資金計画も聞いている。
だいたい、どうしたいかも分かってる。
それらを踏まえた上で、パッと見での私の意見は。。
無いっしょ。。
その理由はこの分譲地が大型分譲地でして。
この擁壁のある土地以外にも、土地はいっぱいある訳で。
hills-shonan-ootsu-tochi-sagashi4.jpg
この土地の反対側には、道路と平坦になっている土地がたくさんあるのです。
つまり、2回目に検討された旗竿&擁壁高しの物件は。
比較的デメリットしか見当たらない。
強いて言うなら、価格が安いと言う事だけ。
立地も高いから、東南の風が強く吹いたら。
北久里浜駅から新大津駅までの線路沿いに、突風が吹きます。
下手なうっすいガラスでは、割れないまでも恐怖は感じるかと。
裏手には、自然の山が。
まんま、残ってるから。
雨樋は落ち葉で詰まりたい放題になるので、対策が必要でしょう。
それ以外に重要な事は。
2回目に検討された旗竿&擁壁高しの物件はさ。
土地を買うと言うよりも、擁壁などの工作物を買う!
そう言ってるのと同じです。
コンクリートの耐用年数は、補償云々はさておいて。
50〜60年は持つでしょう。
もっと言えば、耐用年数を過ぎたとしても。
購入から100年までは、なんとかなるでしょう。
では、そのあとはどうなるでしょうか?
擁壁の定期的な保守点検、またはメンテナンスを継続して行くのか。
はたまた、ぶっ壊してやり換えるのか?
その費用は一体、いくら掛かるのか?
そして、100年後に自分たちは居ないとして。
その土地はお子さん、もしくはお孫さんの手に。
渡るのではないでしょうか?
つまり、買った価格は安いけど。
いずれ、そう言った費用も掛かる訳で。
擁壁をやり換えるなんて、上に建つ家も壊す事になるから。
ホントに、この土地が安いかどうかと聞かれれば。
私は安いとは思わないんですね。
それに、安い土地の方が外構工事も多く費用がかかるし。
平坦な土地であれば、外構工事もそこまでの費用は掛かりません。
売り出されている土地の価格は擁壁の土地の方が、平坦な土地と比較して500万円ほど安い価格の差。
平坦な土地を購入したとするならば。
もしも売らなければならない事情になったとしても。
割とすぐに売れてしまうでしょうね。
今回はあくまでもね。
平坦な土地でも。
もちろん、擁壁の土地でも。
どちらも買える方だから、敢えてしっかりとお伝えをさせて頂いたのですが。
なんでもかんでも、安い所を買わなければ!
無駄使いなんてしてはならないでしょうが!
なんて事を言ってると。
後々、後悔する事にもなりかねませんので。
長々とご説明をさせて頂きましたよー
奥様にね!
ま、あとは自分で決める事ですね!
多分ですけど、擁壁の土地は広いから、おそらくー
減免があったとしても、固定資産税は高くなるかもしれませんねー


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です