横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横浜市旭区の土地探し|復数候補の選び方

 
横浜市旭区の土地探し|復数候補の選び方
この記事を書いている人 - WRITER -

とある日の事、横浜市旭区にて土地探しをしている方からメールがありました。
なんでも、2つの候補となる土地があって。
気になるから見てみて欲しいとの事。
こちらのご家族は、私は心配をしてない方達なので。
パッと決まってしまうのではないかと思うのですが(笑)
まずは一つ目の土地を見てみる事に。
_yokohamashi-asahiku-kamishirane-s-tochisagashi.jpg
こちらはすでに、更地となっている土地です。
現地に着いたのは、昨日の15時過ぎでこの日当たりです。
方位的には東南角地となる物件ですから、日当たりは良好で当たり前だったりしますよね。
となれば、北西に隣家が絡んでくる事になるのですが、その辺りはどうでしょうか?
_yokohamashi-asahiku-kamishirane-s-tochisagashi-2.jpg
北面に関しては、白い線が境界ラインになります。
つまり、お隣の擁壁下から少し行った所までは、お隣の所有地。
こうした旧分譲地で比較的問題となるのが、擁壁や土留の所有関係なのね。
こうして隣の土地が崩れない土留が、お隣さんの敷地内で終わっているから。
これはこれで問題ありません。
おそらく、宅盤自体に盛り土してるからここまで現れている様に見えるけど。
土を切り盛りすれば、あまり問題にはならないんじゃないかな。。
と言う事で、北面良ーし!
では、次に西面。


_yokohamashi-asahiku-kamishirane-s-tochisagashi-3.jpg
こちらは赤色に線を引きましたが、これか境界ラインとなります。
こちらもほぼほぼ、ブロック積みの通りみたいですね。
強いていうと、奥の方に境界杭が見当たらなかったのだけど。
土で埋没しているか?
もしくは無かった場合は、しっかりと境界復元をしてくれるのだそうです。
まぁ、この物件に関して言えば、外構工事はブロックを積んだり。
土を盛替えする必要があるけど。
ど〜ぞ、建てて下さい!
と言わんばかりの物件でしょうね。
なんで分かるかって?
_yokohamashi-asahiku-kamishirane-s-tochisagashi-4.jpg
これね、土地売りにするだけだったら。
こんな用意はしなくとも良いのです。
古い止水栓とメーターボックスのまんま、売れば良い訳で。
割りとお金が掛かる、水道の取り出し工事をする必要なんて無いんですよね。
でも、この土地は水道の取り出し工事を終えています。
となると、おそらく建売で売ろうと言う計画があるんじゃないかと思った訳です。
で、クライアントさんと一緒に土地探しをしている、Mr.Tにさりげなく聞いてみた。
なんでも今月の27日まで、土地で売れなかったら。
やっぱり建売に切り替えるんですって(笑)
当ったりー!!
って感じ〜(笑)
_yokohamashi-asahiku-kamishirane-s-tochisagashi-5.jpg
そしてもう一つの候補の土地。
こっちは古い家が付いたまんまの中古戸建てになりますね。
家を壊したり、外構も壊したり。
インフラの整備も必要なんだと思います。
_yokohamashi-asahiku-kamishirane-s-tochisagashi-6.jpg
アスファルトを切った形跡も無いから、インフラも古いまんまと言う事が分かります。
どちらも50坪超えですし、いずれも東南角地。
ただ、こっちの物件は気になる点が二つほどある。
一つは敷地が台形だと言う事。
どんな敷地形状でも、プランニングを入れるのは問題にならないけどね。
個人の資産的には正方形とか、長方形の方が宜しいかなと。
そしてもう一つの気になる事。
後者の物件は、学校が近過ぎるかなって事。
ま、自分の子どもたちが通ってる頃には、気にならないかもしれませんけどね。
ずっとそこに住んでる訳で。
そして目の前の道路は、ずっとスクールゾーンな訳でして。
_yokohamashi-asahiku-kamishirane-s-tochisagashi-7.jpg
通年、ちびっこ達の通り道になる場所ですから。
割りと色々な面で、気をつけたりしなくちゃいけないんじゃないかな。。
学校の放送や子供の声も、ここまで近いと結構激しいですからね(笑)
運動会の時なんて、きっと半端ないでしょうね・・
どちらの物件に関しても、幼稚園も小学校も近いですし。
中学校も近いし、高校だってある。
たくさんの公園や動物園もあるし。
病院だって、近くに復数ある。
そんな閑静な住宅地での土地探し。
建築のプロの私からは、どちらが良いかとは敢えて言いませんけど。
なんだか、答えはすでに出ている気が。。
するんですよね。
では、横浜市旭区の土地探し。
私からの意見はこんな感じですので、ご参考になさって下さい!!


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. 心配されない家族の旦那 より:

    ご指摘ありがとうございますm(_ _)m
    明日Mr.Tと早くも打ち合わせをします。
    薪ストーブの煙突が屋根からはえてる家が建ちますように!

  2. 中尾建築工房 より:

    心配されない家族の旦那さん☆
    薪ストーブね!
    温かいし、ゆらゆらと揺れる炎は最高です!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です