横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横須賀市長沢プロジェクト|家の外観はどう決める?

 
横須賀市長沢プロジェクト|家の外観はどう決める?
この記事を書いている人 - WRITER -

現在、設計中のプロジェクトに横須賀市長沢の家があります。
こちらの家、現在は財務省所有の敷地外のやり取りを進める中。
意匠設計に於いては立面図も作成中。
実は家と言うのは、一つのプランニングが決まったとしても。
外観と言うのは、同じ平面図であっても。
屋根の掛け方。
壁の立ち上げ方。
軒の出し方。

それらによって、外観の印象が大きく変わる特性を持っています。
今回の場合、平面計画自体はこんな感じ。
コートハウスのコの字型と言えば良いかと思います。
本来、コートハウスと言えば庭の全てを壁で覆ってしまい、プライバシー製を高めた家になる。
中尾建築工房でのコートハウスの施工実績では、こんな感じです。
yokosukashi-nagasawa-i-gaikan.jpg


こちらの家は某市内に建つ、patioのある家。
中は。。
yokosukashi-nagasawa-i-gaikan2.jpg
ご覧の様に4面が全て壁に囲われている完全なコートハウス。
中庭と言ったり、patioと言ったりの典型のプランニング。
コートハウスの特徴は、プライバシーが保たれるのが最大の特徴。
また、中庭でゾーニングが分断される事により。
回廊性も増すためUターンせずとも、そのまま進めば必ず同じ場所に戻れるって事。
そして、今回は完全に4面閉じだ形ではなく。
一部を開いたコの字型コートでプランニングを確定。
yokosukashi-nagasawa-i-gaikan3.jpg
画像は1Fのプランニング。
さて、平面プランは決まったけど、この家独特の外観はどの様にするべきか。
一般的な設計では、この様な屋根を掛ける場合がある。
yokosukashi-nagasawa-i-gaikan4.jpg
この屋根の掛け方は切妻屋根。
日本の屋根の多くは、この切妻屋根が採用されていると思います。
んー、ま。
悪くは無いのですが・・・

この家の場合、中庭上にはバルコニーを設置しています。
庇代わりになる跳ね出しのバルコニーを設置したのだけど、外観のシルエットを考慮するなら。
玄関の庇とバルコニーを繋げてしまった方が、デザイン的にもラインが通って引き締まる。
この場合は雨の降る日、窓を開けても雨は凌げるのがメリット。
その反面、中庭に落ちてくる太陽の日差しは遮る事になる。
あまり眩しすぎも良くはないけど、この屋根の掛け方にした場合。
期待した通りの中庭への採光性は、私が思っているほど取れないかもしれない。
であれば。
切妻屋根を採用するのではなく。
片流れ屋根にしたらどうなるだろうか?
yokosukashi-nagasawa-i-gaikan5.jpg
これは中庭に向かって、屋根を掛けました。
このメリット、中庭に居ると想定して。
切妻屋根に比べ、中庭廻りの壁面が高く立ち上げられる事になる。
この壁面の恩恵がありまして。
コの字の中庭部分の外壁が、これだけ高くする事で。
より、南面からの光を中庭に落とす事が出来る事になる。
つまり、バルコニーの庇による影があっても。
中庭に落ちてくる光は、しっかりと取り込める事になるんですね。
また外壁の種類によっては、一部木製の板張りを希望されている。
木製の色合いとのコントラストを出すなら、外壁はツヤの無いホワイトがいい。
木製の板張りがここに来ても。
この屋根の掛け方なら、外壁面を増やす事で、リフレクターの代わりに光のシャワーも落とし込める。
さらに。
コストパフォーマンスを考えるとですね。
屋根の傾き(勾配)が同じなら、切妻屋根の方が若干コスパが良い。
でも、あえて屋根の傾き(勾配)を緩やかにしてあげる事により、コスパは変わらない(笑)
うん、これなら私も納得出来たので。
この立面図をクライアントさんに送るとしましょう!
と言う事で、家の外観はどう決める?
プランニングの特徴を活かす為にも。
あれこれ理由付けをして、決めて行くのがよろしいかと思いま−す☆
結構ね、意外としっかり考えてたりするのですよー(笑)


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です