横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

ホントに買っても良いの?|出費に対して不安になる日本人の思考の根っことは?

 
ホントに買っても良いの?|出費に対して不安になる日本人の思考の根っことは?
この記事を書いている人 - WRITER -

私の仕事は建築設計や建築の施工を行う建築屋さん。
不動産業者では無いのだけど、土地購入からの相談を良く受ける事が多いのです。
何故ならば、建築屋さんであると言う事は。
建築的な目線によって、その土地の見方を良く知ってるから。
その中でも例えば。
お金が必要以上に掛かったり。
風土的に問題のある土地だったり。
土地を買うと言うよりも、工作物を買う。
そんな土地だって、多々あるのを知っている。
それだけに不動産と言う大きな買い物をされる前には。
一度は相談をされる事が、とっても多いのです。
今回も、某市の土地を見に行ってきたのですが。
yokohamashi-asahiku-tochi-kounyuu-ie.jpg
私見では、前面道路側のブロックは全て取り壊して。
車を止めるスペースにする為、土をいっぱい搬出する必要がある物件。
おまけに古家も付いており、付帯工事のお金が割と掛かりそうな土地である。
だからと言って、この土地を勧めないかと言えば。
そうではなくですね。
この土地、買っても良いんじゃないですか?
と、たまたま奥様から電話がありまして、お答えのお話をさせて頂きました。
買っても良いの理由は、多々ありまして。
ご主人様の所得(年収)。
ご主人様の年齢。
ご主人様のキャリア。
ご夫婦の性格。
お子さんのご年齢。

こんな事をですね。
私自身がトータルで考えて、この土地買っても良いんじゃないですか?
と、オススメをしております。


所得の低い方であれば、まずこの土地は絶対に勧めませんし。
下手すれば、建売住宅の購入を促す場合もあります。
それに。
今回のクライアント様の検討された物件価格。
さらに所得や年齢を加味して考えると。
一体、何の問題があるのだろうか・・・
と思わざる得ないのです。
私は、たくさんの方の家つくりを見て来て思うのは。
年収が600万円を超える方って、今の社会情勢の中では優秀な方だと思っています。
また、収入が高ければ高い方ほど。
何かを選択する際に、妥協せずに諦めない傾向にあるのが強い。
この何かというのは、不動産である土地だったり。
プランニングが始まり、取り入れる設備や仕様だったりする訳なのですが。
よくありがちな資金計画で理想の土地、理想の家を現実化するのって。
まず、無理だったりするんです。
そしてこの安パイな資金計画で、家つくりに望む本音って。
根っこの全てはですね。
先行きが見えない不安から起きて来ているモノだったりします。
これね、今の世の中のシステムに起因すると思うですが。
何でもかんでも、結果主義。
テストで良い点取ったなら。
良い学校入れたなら。。
良い企業に就職出来たなら。。。
とか。
無駄使いはしちゃいけません!
貯金をしっかりとしなさい!
そんなに高いモノ、買ってはいけません!
などなど。
これらの教育って、必ずどの家庭にもあったモノだと思うのですが。
幼き頃からの、教育やしつけと称したこの刷り込みは。
親御さんも抱えて来た、先行きの見えない不安から。
その様に刷り込まれて来た訳です。
yokohamashi-asahiku-tochi-kounyuu-ie2.png
私はこれらを個人的に、昭和の呪いと言ったりしています(笑)
それを私たちにも、刷り込んで来た訳なのですが。
日本人がこの思想になったのを、私は過去に調べた事がありました。
なんだかんだと、戦争や争い事に負けた後からです。
戦争って、勝ったか負けたかで判断しますでしょ?
引き分けとか、おあいことかって無いですよね?
勝てば官軍、負ければ賊軍みたいな。
だから白黒思想になったり。
勝つか、負けれるかの思想になったり。
負けた時のために、お金使わずストックするモノ的な。
そんな思想に陥りがちになるのだけど。
本当に、このまんまの思想の元。
ひたすら抑えて、ひたすら抑えての人生を過ごして行きたいですか?
って事を言いたい(笑)
私はこの仕事をし続けて来て、様々な所得の方達を見て来ているのだけど。
世の中、お金を使わない人には。
入ってくるお金なんて、たかがしれてる程度しか。
入って来るモノではありませんでして。
逆にお金を使ってる方ほど、お金の循環と言いますか。
サイクルが綺麗に回って、お金には困っていない様に思えます。
もっと言えば。
楽しそうか、楽しそうではないか?
どちらかと言えば、お金を使っている方ほど、楽しそうに暮らされてます。
yokohamashi-asahiku-tochi-kounyuu-ie3.jpg
こーんな豪邸を建てましょう!
って言ってる訳ではないんだからね(笑)

ま、確かに先行きの見えない不安からの。
教育やしつけの元に育って来た訳で。
結果を出せる能力を、これらの教育やしつけの来中で身につけて来た事実もあって。
でも結果を出せる方と言うのは。
どうやったら、その結果を出せるか?
その前提で考え。
その前提で行動をします。
だから、結果を出す事も出来ますし。
役職や所得だって、上がってしまう訳なんですよね。
そういったご主人様だったりすると、奥様の方も。
割とこだわりは無いと言いつつ。
実はしっかりと。
こだわりだったり、譲れない何かが。。
あったりするんですよね(笑)
ご主人の事をあれこれ言ったりする事も多いのだけど。
実は自分も同じ様に、強いこだわりがあったりするのです。
自分の事は、自分では中々分かりませんからね(笑)
そんな理由から、私は。
このご夫婦は結果を出せるご夫婦であり。
かつ要望もあればあるなりに、叶えたいだろう・・
結局、土地も。
これ以下の土地を見せても。
きっと、妥協は出来ないだろうな・・・
そんな理由から。
この土地、買っても良いんじゃないですか?
とのアドバイスを差し上げました。
と言う事なのです。
見てない様で、実はしっかりと見えてたりするんですよー(笑)
ま、人生の折り返し地点を回った方なら分かるであろう。
今までの人生、それなりに抑えて来た訳で。
これからの人生も抑えていくなら、それはそれで良いのでしょう。
でも、自分を信じて。
思い切りやってみる人生もあるよって事。
私的には、ここは思い切って!
清水の舞台から飛び降りる!
位の勢いで、自分を信じてやってみる。
それくらいのお金のゆとりではなく。
心のゆとりは持っていたいモンだと。
私は思います。
と言う事で、某市某クライアント様の土地探し。
私的には、安心、安全を求めるより。
少しくらいは羽目を外したって、良いんじゃないのー
と思ったご相談なのでありましたー(笑)


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です