横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

湘南家造り相談室の原稿|締め切り超えてギリギリ出稿・・・

 
湘南家造り相談室の原稿|締め切り超えてギリギリ出稿・・・
この記事を書いている人 - WRITER -

永らく連載している湘南スタイルマガジンの住宅相談、湘南家造り相談室。
出版社にも、色んな担当さんがいらっしゃるのですが、それぞれやり方が違ったりします。
私は基本、連絡来ないと何にもしない(笑)
以前の担当さんは、割と前倒しで連絡をもらえていたから。
原稿作成のスケジュールは抑えやすかったりしてました。
でも、最近の担当さんは二日前にメールで連絡来て。
そして翌日に電話が来て、明日まで!
って感じになる。。
これだとさすがにスケジュールが組めないので。
それなら今月は無理かなーってなる(笑)
これが今週の木曜日の話でして、金曜日は私も予定が入っておりまして。
担当さん
「明日の金曜日までにお願い出来ればと。。」

「明日は予定入ってるから絶対無理!」
担当さん
「。。。」

「土曜日なら送れるけど」
担当さん
「印刷所に掛け合ってみて、土曜日で可能か確認します!」
結局、土曜日で良いと言うことになりまして。
そして本日、出稿を完了させたのですが。
本の業界って、割とスピード感が必要みたい。
割とバタバタなんだろうな・・・
そう思いながらも原稿を書き終えて。
必ず行っている事があります。
基本はメールで私の方が文面と写真を出版社に送ります。
それをデザイナーさんがレイアウトして、私の方に帰って来る。
実際の紙媒体で見るのと。
私がメールで送った印刷文を読むのとでは。
なぜか、あれっ?
ってところがあったりするので。
必ず、レイアウトされたモノでチェックを入れる様にしています。
shonan-ie-soudan-2017-aki.jpg


赤ペン入れてるのが、修正してもらいた部分ね。
今回はチェックも重ねて、なんとか校了!
それにしても今回で連載で41回目。
私も相談のあった内容をね。
なるべく過去記事とかぶらない相談のみ、ピックアップしてるのだけど。
そろそろネタが重複するからさ。
もうそろそろ良いんじゃないかなー。
って思ったのであります(笑)
と言う事で、今回の家造り相談室の施工事例画像は。
Private Loungeのある家
重厚感と迫力のある家が掲載される事になりまーす!
いやはや、なんとか間に合った・・・


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です