横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

見つけたかも!

 
見つけたかも!
この記事を書いている人 - WRITER -

まぁ、マニア的なオーナーが多い中尾建築工房ですから、一般的でないリクエストも多数ある訳です。
無垢材と珪藻土の家って言うのは、ほとんどの方が共通なのですが、そこから更に個性が強いお宅がほんっとに多いと思います。
今回のリクエストは瓦のデザインに関してなんですね。。
その瓦って言うのが、沖縄方面に良く見かける琉球風の瓦です。
でも本物の琉球は琉球畳と同じで高価&重過ぎ&施行性がよろしくないって感じになってしまうんですね。
そこで突拍子もなく高くなく、かつ琉球っぽい仕上がりになる瓦を探していました。

ちなみに建築地は葉山の某場所です(笑)

そしたら。。


こんな感じの瓦材を見つけました!
up01.jpg
これ、軒先に取り付けるタイプの瓦なのですが、これだけでも琉球っぽい仕上がりになりません??!
main.jpg
全体的にはこんな風に仕上がります。
この瓦を積んで、屋根の一番高い棟や、寄棟の斜めに上っている棟にも漆喰を塗れば、さらに琉球っぽく仕上がる感じだと思います!
こんな感じ?!
ryuukyu.jpg
どうでしょうねぇ。。
これならいいんじゃないですかねぇ。。
取り急ぎ瓦を造っているメーカーさんに価格を算出してもらっています。
そしてこの瓦材が高級な瓦で無い事を祈りたいって感じですね!
ではたま旦那さん、たまさん、もうちょこっと時間ください。。
やっと見つけたので、ここから突っ込んだ話を進めてみますので!
いやー、でもなかなか見つからないモノが見つかると。。
今日はきっとビールが美味いかもしれませんね!(笑)
葉山チームのオーナー様、恐るべし(笑)
では引き続き頑張りまーす!☆
こんな感じなら、問題ないっすかねぇ•••


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. たま より:

    コレ!!コレいいですよ!!コレにしましょう!!って値段わからないんですね(笑)安いことを願います☆
    たま旦那、これから帰ってくるんですけど、明日の地鎮祭…70%雨ですね。。「雨女のたまちゃん…(T_T)」ってまた言われそうです。。。みなさんのパワーでせめて曇りくらいにしてください(^^ゞ

  2. たま旦那 より:

    きましたねー!
    こりゃ現地確認しないと☆
    まずは明日の地鎮祭よろしくお願いしまーす!

  3. 中尾建築工房 より:

    たまさん☆
    値段分かった上で決まって良かったぁ。。
    安くはないけど、マックス高い所と比べて半分になったから。。
    まぁ、良しとしてください。
    天気もなんとか持ったし、あとは快晴の上棟と瓦材の到着が楽しみですね!
    たま旦那さん☆
    来ましたねぇ。。
    価格も結構、来てましたねぇ。。。
    でもここまで来れば、後は。。
    もう、はっきり言って楽しんだモノ勝ちです!
    なんだかたま家の家は、お祭り状態になりそうな予感が。。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です