横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

三浦郡葉山町木古庭|エイ、エイ、エイっ!

 
三浦郡葉山町木古庭|エイ、エイ、エイっ!
この記事を書いている人 - WRITER -

2011年2月26日建築吉日の良き日に葉山町木古庭にて、地鎮祭を行いました!
こちらのオーナー様は中尾建築工房を最初に訪れてから二年以上を経過して、この日をお迎えになられました。
子供達が走り回っても安全で、自然な環境に新築の注文住宅を建てたい!
そこから土地探しや家造りの事、建てたい家の想いなどを共に考えて、ここまでたどり着いたのです!
なんだか振り返ってみると『懐かしいなぁ。。』とか『あんな土地とかも探してたんだよなー』とか。。
土地探し当初は自分たちの求める土地の大きさに相違があったり、売りに出ていた情報も満足出来なかったりと色々ありました。
でも、最適な土地の見方を知り得た事で『この土地でも、こういったライフスタイルが過ごせる!』事が分かり、土地購入という家造りの第一歩を踏み出せた訳です。
やはりこうした土地探しは、私たちのような専門家と共に検討した方が失敗しなくて良いんじゃないかなって思います!
価格や敷地条件なども不動産のプロが言う事と、私たちのように建築の専門家がアドバイスをするのでは、かなーりの相違があるからです。
売るプロと建てるプロでは、当然意見も違いますからね。
でも無事にこの日を迎えられる事が出来て『本当に良かった!』って思います☆


IMG_7973.jpg
吹く風は冷たかったけど、これから始まる建築を考えると気持ち的には温かくなります!
地鎮祭と言えば、オーナーとして部分的に緊張する所があります。
鍬入れという砂山に鍬を入れる作業や、玉串を祭壇に捧げたりの主に2回ですね。
それ以外は神主さんの祝詞を聞きつつ、頭を下げたり上げたりです。
今回も例に漏れず、鍬入れを行って頂きました!
IMG_7987.jpg
おや、パパの横では娘ちゃんが鋤に興味を示して、なにやら祭壇の前で遊んでいますねぇ(笑)

これはやっぱりやりたいんだろうか•••

と思っていたら、やさしい神主さんは鋤を持たせてあげてくれました(笑)
娘ちゃん、やたらと鋤が気に入った様でしたね!
IMG_7989.jpg
こうして無事、葉山町木古庭の地鎮祭は終える事が出来ました!
桧の7寸もある大黒柱を建ち上げるS様邸は、どんな家となるでしょうか!
中尾建築工房の造る家はオーナー自ら標準仕様を選べるジブン•Style☆
また新たなデザインのある自然素材の家が建ち上がります!
是非とも上棟お楽しみに☆
Sさん、地鎮祭おめでとうございましたっ!
それにしても地鎮祭を終えて挨拶回りをしていたS奥様の一言。。
『ここってこんなに景色良いんだー。へぇ〜、いいね。。』には。。
買う前に見てなかったの•••ってつっこまさせて頂きましたが、知らなかったのねぇ••


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です