横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

高断熱・高機密の家って

 
高断熱・高機密の家って
この記事を書いている人 - WRITER -

ここ数日で寒さが増していると言われていますね。
わたしたちが活動している神奈川県内は、国内の北海道や東北に比べて温暖と言われています。
でも、嫌な寒さと言うか・・
やっぱり寒いモノは寒い!


そんな中、近頃の住宅では高断熱や高機密住宅の需要が高まっているらしいんですよね。
う〜んなるほど、確かに普通の住宅に比べれば、寒い住宅よりも暖かい住宅を選びたい気持ちは良く分かります。
私の家は築35年の賃貸古家で風通しもサイコー!
だから普通以上に寒いんです・・・

でも断熱性も気密性も、やり過ぎはどうなのでしょうか?
たしかに気密測定をして、高い性能を出す事は可能かもしれません。
でもその家が本当に暮らしやすいのかという話になると、ちょっとだけ疑問です。
その性能を住みながら体感する為には、窓は開けてはいけなかったり、家に要る間は外気に触れられないって言う事も。
もしも私が家を建てるなら、高断熱くらいはやるかもしれません。
でも高いl気密性は求めないかもしれないなぁ・・
私たちも高気密・高断熱の家は造れますが、やはりジブン・Styleな家造りを推進しているので、オーナー様のニーズに合ったこだわりの家を造りたいなぁと思いました。
家の性能もある程度は必要です。
でも最近私はリハビリを始めて、逗子のプールで毎日泳いでいます。
習慣になると不思議ですね。
体の代謝が良くなったのでしょうか?
あんまり寒さを感じなくなりました。

こんな考え方もあります。
いろんな情報があるから、これから家造りを始められる方は情報収集に忙しいでしょう。
でも、やっぱり建てたオーナーの声を聞く事が一番なんじゃないかなって思います。


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です