横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

逗子市桜山|プライムアベニュー逗子海岸Ⅲ№9区画プロジェクト外観の確認作業

 
逗子市桜山|プライムアベニュー逗子海岸Ⅲ№9区画プロジェクト外観の確認作業
この記事を書いている人 - WRITER -

今年の相模湾、カツオ・マグロ釣りは昨日で終了!
釣果?
釣れなくなるから、止めるんですから。
最終日なんてもんは、釣れる訳が無いんです(笑)
と言う事で、本日は私が担当している逗子市桜山|プライムアベニュー逗子海岸Ⅲ№9区画プロジェクトの外観模型を確認しておりました。
私が気に入らない点として、今一。。
浮遊感が足らないかなぁって事・・・
大屋根の陸屋根は、船の船底をイメージしているので、軒先きは反り上がっております。
その下は全面ガラス張りとする事で、ライティングを全灯する事で、浮遊感を強調。
なのだけど。
どーも。
今一、気に入らない・・・
「もうちょっと、やりようがあるよな〜」
そう考えたこの私。
まずは模型を修正しまーす!
zushishi-sakurayama-9kukaku-model-ishou-gaikan3.jpg
私は意匠設計を行うと同時に、ライティング計画も同時に進めます。
出して強調する部分もあれば。
後退させて陰影を造る事もある。
今回はまず、外構部分の植栽が彩られた部分を着目しました。


zushishi-sakurayama-9kukaku-model-ishou-gaikan4.jpg
そして、勾配が付いている歩道と道路を剥がしながら、同じ勾配レベルで外構を設定します。
zushishi-sakurayama-9kukaku-model-ishou-gaikan5.jpg
もう、この家は図面で修正しても。
何をどう修正したのか分からない位、普遍的なシルエットです。
なので、図面をCADで修正するより。
模型で修正した方のが、はっきりとイメージが湧くんですよね。
zushishi-sakurayama-9kukaku-model-ishou-gaikan6.jpg
歩道レベルで敷地を造り直したら、今度は基礎部分を無くして。
およそ1M程度を後退させました。
つまり、一番手前の壁を支える基礎が無くなった事になります。
これを支える為に、基礎を下から支えるのではなく。
後方から出してくるキャンティにする事で、浮遊感を出すプランニングに変えました。
※キャンティとは?
本当はキャンティレバーって言うのだけど、方持ち式の構造って意味ね。
片方は固定、片方は浮いてる感じに成る事を指します。

そうする事によって、後退したキャンティのスラブ下には。
間接照明を計画しようと思います。
キャンティにした事により、浮遊感は出ますし。
歩道を歩く方の目にも優しく、柔らかい光が期待出来るんですね。
より、浮遊感を演出する事が可能となりました!
そして。
この立地ならではの問題。
海は見たいけれども、他からの視線も対策したい!
なので。
zushishi-sakurayama-9kukaku-model-ishou-gaikan7.jpg
元々は大きめの開口としていたのですが、やっぱ止めーた(笑)
№9区画プロジェクトは3F建て。
そして海見えのバルコニーは3FとRFの二つにあります。
3Fからですと、目の前に家があったりで。
ほんの少しの部分しか、海の眺望は得られませんでした。
さらにRFの高さ制限がありますから、大した天井高さを取る事ができません。
それならいっそ、塞いでしまい。
洞窟の様な空間にする事によって、プライベート感を強く出そうと思いました。
そしてラタンチェアなどを数組置いて。
必要最低限の開口だけにする。
角があった道路側ビルトピンガレージ角の柱も。
角ではなくてRにしてみました。
上から下まで連続して行くRコーナー。
これ、悪くないと思います!
zushishi-sakurayama-9kukaku-model-ishou-gaikan8.jpg
今回は基礎部分をキャンティにする事。
そして3FとRFのプラン変更。
一部角をRコーナーに変更。
これで構造計算に入れるかなぁ。。
うん、私の頭の中ではか・な・り・!!
完成が見えて来ましたよ〜
やっぱ、あれだな。。
マグロが頭から消えると、仕事も早いなぁ(笑)


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です