横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横須賀市長沢「Humor House(ユーモアハウス)」上棟☆

 
横須賀市長沢「Humor House(ユーモアハウス)」上棟☆
この記事を書いている人 - WRITER -

2017年10月12日の建築吉日ひらくの日に、横須賀市長沢にて「Humor House」が上棟しました!
yokosukashi-nagasawa-i-jyoutou.jpg
建築吉日ひらくとは。
神使天険を開通する日
地鎮祭の建築事
神仏祈願に吉日
上棟祭には大吉日
と言われる、建築吉日の中でも大変良き日です。
中尾建築工房では地鎮祭や上棟、お引き渡し。
これら三つの日には、工程を見つつも。
極力、建築の吉日である良き日に狙って。
それぞれの日程を選ばせて頂いております。
なぜなら。
家が完成し、これから新しい家族が住む為には。
必要最低限のご挨拶になると思っているんですね。
皆様も神社に行って、初詣に出かけてみたり。
神棚のお札を頂いたり。
ご祈祷をお願いされる方もいらっしゃるでしょう
これらは祭事と言えるのですが。
地鎮祭や上棟祭(式)、御引渡しもそれと同じで。
ある意味で言えば、祭事と言えます。
しかも。
一生に一度、あるか無いかの大きな祭事。
ですから、これらの日程に関しては。
お休みの日とは合わなくてもですね。
急性お腹痛い炎を患って頂きましての。
ご参加をお願いしている次第です(笑)


上棟は来れなくとも問題ございませんからね。
さて、今回上棟した「Humor House」
見どころ、盛りだくさんの家となっております。
青森ひばの香る在来型のバスルーム。
オーダーキッチン。
張りモノではない本物の無垢材ウォルナットの階段。
中庭。
などなど。
全てにおいて、ユーモアを体感出来る家なんですね。
当初、ご相談を受けた際には。
「んー、お仕事し過ぎなご夫妻さんだなぁ。。」
これ、私の直観で思いました。
なので。
仕事の疲れは、家で癒せる家が良いのでは?
そんな感じでご提案を差し上げたのですが。。
すでに完成前にも関わらず、良い家だと自負しております(笑)
でね。
この家が完成したら、ご家族には取り組んで頂きたい事があるんですね。
それは。
全力で休む。
全力で遊ぶ。

お仕事&お勉強は、ぼちぼちで大丈夫。
そして、この家に住んでいれば。
家がユーモアと言うよりも。
その家の人たちがユーモアになれる。
多分ね、体のコリも取れると思いますので。
ぜひ、お勧めしたい部分になりまっす!
それにしてもやっぱり大きい建物ですねぇ・・・
yokosukashi-nagasawa-i-jyoutou2.jpg
前面道路のキワから撮影しているにも関わらず。
家のすべてが入りきりません・・・
と言う事で、横須賀市長沢「Humor House(ユーモアハウス)」
上棟おめでとうございまーす☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です