横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

無垢材倉庫の断熱工事

 
無垢材倉庫の断熱工事
この記事を書いている人 - WRITER -

ほんとは今日のブログは葉山の御引き渡し話をする予定でした。
でも、今日はバタバタしていて画像を自宅に持って帰る事が出来ませんでした・・
なので御引き渡しブログは明日という事にさせて頂いて、今日はリアルに工事をした中尾建築工房の2F床下の断熱工事の模様をおとどけしましょう!
中尾建築工房のほったて小屋はなにげに外断熱工法で包み込んであります。
これ、なんで外断熱かと言うと、試してみたかったって言う事もありました。
実際に施行してみると分かるのですが、デメリットを多く感じたりします。
詳しくはここでは書きませんけど、気になる方は事務所に訪れて頂くと良く分かると思いますよ!
という事で1Fの天井に断熱を吹く=2Fの床下が寒くなくなるって事になります。
なにぶん、1Fが無垢材の倉庫なもんですから、1Fは土間コンクリート仕上げです。
そうするとコンクリートの冷えがそのまま2F床にまで冷気が上がって来てしまいます。。
それを解消すべく1Fの天井に吹き付けの断熱工事を行ないました!!
yokosuka-koumuten-dannetsu.jpg



まずは周囲の養生からですね。

これ、中尾建築工房では多くの方に選ばれている吹き付けタイプの現場発泡断熱材です。
今回は100㎜厚の吹き付けを御願いしました!
養生作業をしている間に、作業車では発電機とコンプレッサーと材料がコンビネーション良く始動しています。
yokosuka-koumuten-dannetsu2.jpg
この機械で材料自体の温度が適温(42度くらい)になったら、吹き付け作業を開始します。
私たちも無垢板をどかしたりとかのお手伝いをしましたけど、職人さんが段取りよく作業してくれているので、助かってしまいます(笑)
yokosuka-koumuten-dannetsu3.jpg
半分、養生をしたら半分吹き付けて、そしてまた繰り返しの作業でてきぱきと進めて行きます!
yokosuka-koumuten-dannetsu4.jpg
そして1Fの天井全てに発泡の断熱材の吹き付け作業が終了しました!
実は以前からちょっとずつ改装工事を進めているのですが、打ち合わせをされている方ならご存知の通り、未だに完成しておりません。
打ち合わせスペース自体は打ち合わせが出来る様にしていたのですが、堀座卓の下がちょっと冷たかったんです。。
なので早くやりかったのですが、ようやく作業に移す事が出来ました!
これなら足下が寒い思いもしなくて良いかも(笑)
明日は週末なので打ち合わせを希望されている方もいらっしゃいます。
なので断熱の効果は明日以降に体感出来る事でしょうね。
と言う事で断熱工事の模様をお届けしました!
ウッディさん、明日にきっちりと御引き渡しのブログを更新させて頂きまーす☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です