横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

鎌倉市|『鎌倉の家』が神奈川の注文住宅から取材を受けました!

 
鎌倉市|『鎌倉の家』が神奈川の注文住宅から取材を受けました!
この記事を書いている人 - WRITER -

やっぱり圧巻の家なんですよね。
中尾建築工房で建てていますから、当然ながら家の内容は良く分かっています。
でも、やっぱり現地に行ってみると、さすが鎌倉の家言わんばかりの立地ですから、ぐうの音も出ないって感じの情緒をもたらしてくれていますね。
ガルバリウムの屋根や外壁、そして中尾建築工房ならではのナチュラル100%の珪藻土を壁のみではなく天井にも塗り込んでおりますので、調湿効果はまさに圧巻。
無垢材とナチュラルな珪藻土のコラボレーションは、自然な環境の鎌倉、逗子、葉山には最適な仕様だと思います!
kamakura-ie-shuzai.jpg
取材陣も朝から『どのアングルから撮って行こうか。。』
見所がたくさんありますので、取材陣も困惑している位ですからね(笑)
エントランスも広ーくて、そして完全分離の二世帯住宅らしく、玄関も二つに分けられています。
kamakura-ie-shuzai2.jpg


今回、取材を受けたのは鎌倉市大町にある鎌倉の家。
中尾建築工房のブログを熟読されている方なら『あ〜、あの家ね!』って感じだと思います。
敷地も大きくて、閑静な住宅街ですから住み心地もきっと良いんでしょうね。
この家は1Fが親世帯で、2Fが子世帯となっています。
理想的な二世帯住宅と言えますよね!
さっそく取材陣が撮影の為に、家具などのチェックや、理想的なアングルの為に家具の移動をしています(笑)
この時、私も何か手伝う事があれば、なにかしらのお手伝いをしています。
でも基本は私がどうこう言うのではなく、オーナーが取材を受けている訳です。
なので、なにかをするって事がないから、非常に暇です。
そのため、私的使命としては。。
kamakura-ie-shuzai4.jpg
やっぱりこれですかね(笑)
今日の私の仕事、計本の包丁を研がせて頂きました!
この取材時の内容は、年明けに発売される神奈川の注文住宅に4ページに渡り掲載される予定だそうです!
私が撮影したモノよりも、カメラマンの方から撮影して頂いた画像の方がキレイかと思いますので、私の写メはこの辺で(笑)
今から発売されるのが楽しみな一邸です!
オマケphoto☆
kamakura-ie-shuzai5.jpg
私のおじいさんが九州の家具屋だったのですが、その町の家具屋さんをご紹介して、オーダーで造って頂いたダイニングテーブル&チェアのセットです!
これから永ーく使って頂きたい一品ですね☆
ではでは師走の忙しい時間を割いて頂きまして、ありがとうございました!
家族仲良く、そして娘ちゃんには健やかに成長していただきたいと思います☆
あ、事務所に戻って来たら、横浜のごろりうたた寝ハウスのオーナー様が遊びに来てくれていたとの事でした。。
マッハMさん、どうせだったら連絡くれてれば良かったのにー。

頂きましたみかんは、さっそく美味しく頂きましたよー☆


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です