横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

やります!全棟放射能測定検査

 
やります!全棟放射能測定検査
この記事を書いている人 - WRITER -

私も色々と悩みました。
設計事務所+工務店として、完成した家をきちんと引き渡しをするのって当たり前の義務だと思います。
お子さんが居らっしゃらないお宅もありますし、小さなお子さんが居らっしゃるお宅、そして年配の方だけのお宅などなど、中尾建築工房に訪れるオーナーの方は年齢幅が非常に広いんです。
でも、どんな年齢層のお宅でもお正月だったり、連休だったり、お盆休みだったり。。
これって、たいていのお宅では伺う機会は多いですよね。
そんな時に安心してもらいたいって事もあるし、中尾建築工房が建てているオーナーは子育て世代の絞める割合が非常に高い。
ここは私も充分に分かっているし、変なものはお勧め出来ないんです。
でも、ある意味で東北から産地直送の無垢材を湘南や横浜エリアに今、なにもせずに降ろす訳にはいきません。
この辺りで、私は非常に葛藤がありました。
だって東北(岩手県)から送られてくる上質な無垢材をここまで価格を下げてやってこれたのは、私だけの力ではなくて、ある男がいてくれて協力を続けて来てくれたからこそ実現出来たのです。


でも、今回の震災があって、原発がおかしな事になって、東北材の安心はどこに行ってしまったんだろうって雰囲気なのが現状。
でも私的にはオーナーに安心して良質な無垢材を御届けするには当たり前として、いままで永い事一緒にやって来た仲間を『お宅の無垢材は放射線が高そうだから使えないよ』なんて切り捨てる様な事は決して言えませんでした。
んじゃ、どうすんのって事なんです。
私の答えは決まっていました。
『様は線量が高くなくて、安心出来るモノであれば良いんでしょ?』って事です。
それを実際に証明しなくてはならない立場でもありますので、私は東北材に関して放射能測定を義務づけしました。
東北の産地でも測って、中尾建築工房の現場でも測る二重の測定をする。
そして仕上がった家での、引き渡し前放射能測定検査。
これを実際に行なっています。
基礎のコンクリートもそうだし、軸組となる木材も。
設備や建材、自然素材などなど、建築材として使われるものの全てを一個一個測る訳ではありませんが、最終的に線量が高ければ安心などしてもらえないと思います。
なので、中尾建築工房では搬入時のみではなくて、引き渡し前の放射能測定検査も行なっています。
これをブログでアップしても良いかどうかは、実際に迷いました。
でも、自信を持ってお勧め出来る家を造らないと、地場の工務店なんて要らないって思うんです。
かつ、OBとなるオーナーにも支持はされないと思うからこそ、思い切って公開する事にしちゃいました!
ではどんな感じで測定をしているのか?!
それはまた、明日にでも公開したいと思います。


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です