横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

鎌倉市に建てた新築一戸建ての注文住宅をカスタマイズする!

 
鎌倉市に建てた新築一戸建ての注文住宅をカスタマイズする!
この記事を書いている人 - WRITER -

家って建てた時が完成形ではないと思うんです。
人は飽き足りする事もありますし、長い目で見るとシンプルにする事が一番。
それになんでも詰め込み過ぎたりすると、コストアップの要因になったりしますし、ある程度は楽しみを取っておく事も大切。
そんな中、古都の鎌倉市に新築一戸建ての注文住宅を建てたオーナー様が、ちょこっと家のカスタマイズをしたいとご連絡がありました。
こういった相談の場合、私はご主人か奥様がDIYがイケる口なのか、そうでない方なのかを確認します。
そして今回ご相談のオーナー様に関して言えば、ご主人がとっても作業が早い方なので、はなから『では見積りします!』じゃなくて『こうやって、こういう材料を使えば安く出来るんじゃない?』と言う事をご返信したりします。
んで、どんな感じにしたいかって言うと。。
kamakurashi-kitchen-tana.jpg
相変わらずイラストを書かれるのが巧い方なんですよね(笑)
なのでまたまた、掲載許可を取らずにアップしてしまいましたー☆
そして質感的には。。


kamakurashi-kitchen-tana2.jpg
こんな感じのアンティークな板であれば、事務所に転がっている時が多々あります(笑)
でも板が二枚に分割されていると、多分取り付けが大変になるかと思いました。
多分、ご主人のお友達にはロートアイアンをオーダー出来るお友達がいるのを知っていましたので、棚受けに関しては問題ない。
では、板を探せば良いかなぁ。。って事で。。
kamakurashi-kitchen-tana3.jpg
転がっていた板を探しまして、汚れを取る為にシャワーとデッキブラシで擦ったりします。
そしてその板を干しまして、こんな感じの質感なのですが。。
kamakurashi-kitchen-tana4.jpg
まぁまぁ、片面のみですが、いい感じにシルバーグレー色になっています。
こんな板をカットして、端部をぼそぼそにしてしまえば。。
結構アンティーク感の漂う板になるのではないかと!
と言う事でこの棚板だったら、置いてありますので差し上げます。
よりナチュラルでローコストな感じになるのではないでしょーか!!
お金掛からない方が良いでしょ?!
コッコロさん、こんな感じでどうでしょうねぇ?
ではコメント待ってます!


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です