横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

横須賀市浦郷町|地鎮祭☆

 
横須賀市浦郷町|地鎮祭☆
この記事を書いている人 - WRITER -

2012年6月29日の建築吉日に横須賀市浦郷にて地鎮祭を執り行いました!
当日の天気は、予報では90%雨予報。。
地鎮祭と言えば良い日取りを選んで行いますので、当然、雨が降ろうとも行います。
が、しかーしっ!
そこはやっぱり晴れ男な中尾建築工房!
見事な晴れっぷりで地鎮祭を迎える事が出来たのです!
やっぱり日頃の行いって、大事ですよねー
yokosukashi-jishinsai-uragou-s.jpg
庭先には綺麗なあじさいが、地鎮祭を祝ってくれているかの如く、咲いてくれています!
しかもめでたい日なので、お隣の土地では上棟作業が行われる中の地鎮祭。
お隣の施主様や、工事の業者様ともお話をする事が出来ましたので、お互いにすっきり+晴れやかな気持ちで事を進める事が出来ました!


さて、横須賀の浦郷と言えば、今年の頭頃に竣工を迎えたあの2棟が建ったエリアでもあります。
と言う事は、また道が狭かったり、搬入が大変な立地だったりするの?!
そんな想像をされる方もいらっしゃる事でしょう。
でもこちらの現場はそんな事もなく、車が入れる場所なので、工事的にはさほど困難と言う困難がありません。
ただ、敷地の形状が旗竿地の為、有効的に使える敷地面積には限りがある••
さらに、その面積にプランを入れ込もうとすると、どうしても四角い家が入りにくい敷地。。
そこで中尾建築工房の設計担当である武藤が考えました。
敷地の形状也に収めたプラン、さらには階層をずらして検討されたスキップフロアのある家となっております!
プランにはなんだかんだで時間のかかった家が、ようやくここに来て地鎮祭と言うおめでたい機会を迎える事が出来ました!
まーでも、こんだけパワフルなママさんを相手に、よくここまで持って来れたなって感想があるこの私(笑)
なにしろ今まで住んでいた賃貸住宅の不平不満をことごとく炸裂させてくれるママさんは、家造りパワーが半端ではないですね•••
でもここまで来たので、後は無事上棟するのを待つだけです!

yokosukashi-jishinsai-uragou-s2.jpg
少々気になった井戸も、神主様にきちんとお清めして頂きまして、もう不安はございません!
そんなパワフルママさんの建てるジブン•Styleな家造りがいよいよ本格稼動致しまーす!
S家のみなさん、地鎮祭おめでとー☆
敷地の真ん中に模型を置いて『竣工おめでとう!鍵はこれね!』な〜んていうおふざけもあったりで、晴れやかに地鎮祭を執り行えましたー☆
yokosukashi-jishinsai-uragou-s3.jpg
プレゼントの金目鯛もきちんと捌けたかな•••


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です