横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

中尾建築工房を支えてくれている職人さんと

 
中尾建築工房を支えてくれている職人さんと
この記事を書いている人 - WRITER -

つい先日、横浜は港南台の新築現場で棟梁達と話をしました。
職人さんって割と釣りをするのが好きだったりします。
船に乗ってする釣りだったり、磯や砂浜からする釣りだったり。。
私はどちらかと言うと、船に乗る釣りが好きなのですが、私と同じ船釣りの趣味を持つ中野棟梁とこんな話をしたんです。
『社長、職人のみんなから聞いたよ~
東京湾の社長が得意なアジ釣り行って、一日乗りっぱなしで3匹しか釣れなかったんだって~?!
俺もさ~、相模湾でキス釣りするとさ。
たいてい100匹は超えるんだけど、この前は19匹しか釣れなかったんだよ。。
たった19匹だよっ、でも3匹よりはまだいっかー(笑)』

なんともまぁ、大人げない会話でございます(笑)

なんて言うか、職人さんって面白い生き物なんですよね。
なぜかやたらと競いあったりする習性があると言うか。。
それが趣味でも仕事でも同じなんですよね。
仕事の場合は、最終的な形はみんな同じなのだけれども、人それぞれに施工方法や順序が違ったりします。
でも、自分自身の頭でとことん考えて、いかに効率を良くしてその現場を収めるかを考えた結果で順序を決めています。
だから10人の棟梁が居れば、10通りに近い位の段取りがあったりするんです。
そんな子供っぽい中野棟梁、なんでこんな事をいきなり話して来たかと言うと。。
会話の中で、こんな話がありました。


『そう言えばよ~、○○さん(某職種の親方)も誘って、みんなで船釣りに行かないか?!
○○さんも仕事忙しくしていて、だいぶ元気もある様に見えるけど。。
やっぱり元気で居てもらいたいし、みんなと一緒なら楽しさも増すだろうからさー
俺は東京湾でも相模湾でも、どっちでもいいっすよ!』

この会話、このブログをずっと見続けてくれている方なら分かり得る会話かもしれませんね。
真一のとうちゃんの事です。。
○○さんを気遣ってくれて、中野棟梁が発案してくれました!

『そっか、んじゃちょっと考えてみますね。
私もばたばたしてるけど、一日くらいなら時間造れると思うからさ!』
とまぁ、こんな中野棟梁との会話があった事もあり、猛暑の中ではありますが現場の職人さん達の気持ちを汲んで、船を仕立てて船釣りでも行こうかと思います。
日頃は無理難題をとりあえず文句を言うだけ言って、きちんと施行してくれている職人さん達が居るからこそ中尾建築工房らしい注文住宅が完成しています。
日々支えてもらっている様なものですね。
と言う事で、日程はちょっとまだ未定だけれど、釣りに行くとしたら多分相模湾方面になるかと思います!
仕事もだいぶ落ち着いて来たし、あのでっかい現場が終われば、○○の親方も。。
少しは気楽になるみたいだしね(笑)
メジマグロかなぁ。。
それともイサキ五目かなぁ。。
この情報を聞いたオーナー様、参加希望の方もいらっしゃるかと思いますので、また告知させて頂きますね!
それにしても今日は雷が半端無いな。。
マンションの五階って、やっぱり空に近いのね・・・


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. わんこハウス より:

    みなさん、釣り好きなんですね。
    趣味があっていいですけど、職人さん同士、まじめな話をしてる風な感じなのに、実はってやつですね。
    ○○棟梁誘ってぜひ、釣りしてきてください。
    あのでっかいうち。。。外壁にはじまり、今現在珪藻土でお世話になっておりますが、汗だくになりながら、でっかいんだよなあ~やってもやっても終わんねえんだ~、2件分じゃねいかあ~といいつつも手際よく頑張っていただいている棟梁に、楽しんでもらえる日ができるのは、私もうれしいです。
    鈴木棟梁にもきちんと挨拶できなかったなあと、思っている、
    あのでっかい家。。。の(自らいわせていただきます)施主です。

  2. 中尾建築工房 より:

    わんこハウスさん☆
    ですね、職人さんは基本釣り好きです。
    ちなみに釣り好きに悪い人は居ません!
    でも○○親方に釣りのお誘いをしたら、『ここ終わんないと無理だよ〜、工期って伸びるの?』って言われたから『うん、無理っ!!』って涼しい顔して言っておきましたー☆
    でもみんな集まると、若い親方も熟練の親方もみーんな子供みたいです(笑)
    ホント職人って面白い生き物なんだなって、自分でも思います(未だに自分も職人と言うかすーぱー大工のつもりです!)
    鈴木棟梁、おねえちゃんの部屋系の造作で、まだあっち行くから運良く会えると良いですね!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です