横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

葉山町一色|地鎮祭☆

 
  2018/12/30
葉山町一色|地鎮祭☆
この記事を書いている人 - WRITER -

2012年8月31日の建築吉日、スーパー猛暑な快晴の日に葉山町一色にて地鎮祭を執り行いました!
平成24年の年内引き渡しのお宅は、これで地鎮祭を全て執り行いを終え、自然素材がたっぷり詰まった新築一戸建ての工事着手に向かって新たに始動いたします!
それにしても今年は異常なほどの暑さが続いています。。。
そして昨日も、とにかく暑い一日でしたねぇ••
地鎮祭中は私がカメラマンとなり、画像をパシャパシャ撮影していたのですが、アングルの都合からどうしてもテントの中に居るだけの事が出来ません。
そのためテントの外に出て撮影をするものですから、頭の中身が少々あったまりまして、クールダウンするまでがとても時間がかかった様な気がします。
今回、参加されたのはオーナーご夫妻(お子さんお一人)と奥様のお母さん。
そして中尾建築工房で3名、それと神主さんの計8名だった訳ですが、やはり神主さんも相当大変だったかと思います。
私たちや世間一般では夏服と冬服と言って、季節にあった服を着れますよね。
でも神主さんは夏と冬で特に分けている訳ではないそうなのです。
つまり暑い夏でも寒い冬でも、オールシーズン同じ衣装をまとって祭事に参加されています。
なので昨日は相当暑い中だったにも関わらず、この笑顔で地鎮祭の祭事を執り行って頂きました☆
hayama-jishinsai-isshi-o.jpg


んー、やはり神主様だけに人生の修行が出来ているのか、暑さにも負けずにかなりの笑顔で頑張ってくれています!
これ、私には無理な仕事だな•••

でも捩じりはちまきOKなら、なんとかなるか!

地鎮祭自体はいつもに比べてちょこっと時間はかかったけど、無事終了!
これから工事に着手する訳ですが、ここの土地はちょっと色々とありまして、建築確認が素直に降りませんでした。
これからまた主事と戦いまして、来週辺に建築確認を降ろしてもらう予定です。
まーなんと言うか、やはり土地探しは施主単独で行うのではなく、買い主側の立場に立つ方が居た方が間違いないですね。
これから土地探しをされる方、すでに土地の目星が着いていて、これから契約に踏み切ろうとされている方。
くれぐれもそのまま契約されるのではなく、ちょっと一声お掛けください。
それによっては『えぇ〜、まさか!』なんて言う事態は避けられると思います。
とまぁ、ここでは大きく書けませんけど、なんとか着工の目処は着きました!
あとはここん家の奥様がひっくり返った事を言わなければ、問題なく進むかな〜
ここでこんな事を書いておけば、きっとこれ以上の事にはならないだろう(笑)
hayama-jishinsai-isshi-o2.jpg
とにもかくにも快晴の中、地鎮祭は無事終了!
まずはオーナーであるOさん、猛暑な中での地鎮祭お疲れさまでした!
あーんど、おめでとうございまーす☆
それにしても暑かった•••


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です