横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房

自然素材の家を体感する【見学会申し込み】

湘南スタイルマガジン家造り相談室の締め切り・・・

 
湘南スタイルマガジン家造り相談室の締め切り・・・
この記事を書いている人 - WRITER -

年に4回だけの話なんですけどね。。

これ、本に出る分のみの話ですが、実際の相談はもっとあったりします。
誰しも家を建てると言えば、大きな買い物となります。
それだけに色んな所に相談しつつも、最終的には自己の判断で家を建てる訳なのです。
でも人間は強く見えても、心の中では。。。的な部分も当然持っていますからね。
そんな悩みに対してアドバイスをするだけなら、正直な所、苦はありません。
特に湘南に家を建てる方と言うのは、他地域に比べて家造りに対しての思い入れが強い方だと思います。
それだけに長い文面の相談に長い文面で答えるのは、全然楽なんです。
気持ちは良く分かるし、一言背中を押してあげる事で良い家造りになってくれれば、これ以上嬉しい事は無い訳なんです。
でもですね。。
湘南スタイルの家造り相談室の苦痛的な部分を言うと。。


ページ数の都合から、大事な部分は削らずに、きちんと伝わらないとならない部分なのです。
これ、中尾建築工房のオーナー様なら、きっと知っていると思われる私の悩みです。。
この相談をカットしつつ、答えもカットしなければならない。。
でも相談内容は明確に分かる様に。。
って言われるのですが、たま〜に。。
そんなん出来るか〜ヽ(#`Д´)ノ
と言いたくなる事が多々あります。
そんな今日、締め切りです。
こんな事をブログで言ってる前に、相当締め切りが近付いています。
でもやっぱ約束だからやるしかないんですよね。。
後一時間で、まとめられれば良いんだけどなぁ。。。


お客様の声に耳を傾けると、どうやら自然素材で家づくりをした方たちの多くが、最初から「自然素材で建てよう」と決めていたわけではないようです。様々な住宅展示場や見学会に足を運び、実際に見て触れて、比べた結果、「やっぱり自然素材がいい!」と感じてくださっているのです。

木を使っているからこそ伝わるぬくもりや香り。
漆喰によって心地よく湿度調節された空間。

木目が印刷された既成品やビニールクロスには絶対に出せない“本物感”は、写真や文章だけではなかなか伝えきれません。
一世一代の大きな買い物、住まい。

後悔しない家づくりのためにも、まだ自然素材の家を見学していない方はぜひ一度、体験されることをおすすめします。
弊社の見学会では、予約制で1組ずつ1時間程度の時間をいただき、中尾建築工房が実際に手がけた建物をご案内しております。ご予算から素材、構造まで、あなたのご質問・ご相談に代表の中尾が責任を持って、しっかりお答えいたします。

すでに入居されている建物の場合は、その住まいのオーナーさんから率直な感想を聞けることも・・・。

曖昧にごまかしたり、嘘をついたりするのが嫌いなので、どんなことにも正直にはっきりお答えすることをお約束いたします。

しつこい営業なども一切いたしませんので、安心してご来場ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です